だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

若者にコロナ治療譲る意思カード

何がビックリしたかっていえば

(若者に)集中医療を譲る意思カード

の存在。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

お医者さんって、

職業柄、人の生死に立ち会うことに戸惑いなどはあまりないのだろう。

もちろん一喜一憂などしてはいられないお仕事だ。

 

この方、

ご自身も癌を患っていて、余命宣告されているような方。

自分の人生を達観されているのだろうな。

 

私は今60歳。

 

この年齢だから

今迄に何度かヒトの死を近くで見てきたたけれど、

それは到底お医者さんの比ではない。

 

そう

普通の人間にとって、

『死』とは明らかに非日常の出来事なのだ。

 

この際だから考えてみた。

 

f:id:syouyudango:20200515190908j:image

 

苦しくて、

息も絶え絶えで、

人工呼吸器を装着しなくてはならない状況で、

でも人工呼吸器がひとつしかない。。。

そんな時

果たして自分はどうなるのだろうか。

 

例えば

比較の対象が自分の子どもだとしたら、私は躊躇うことなくその権利を譲るだろう。

 

しかしそれが全く見ず知らずの若者だった場合、

そう簡単に自分の命の権利を差し出すことが

果たして自分にできるだろうか!?

 

答えは

NO!である。

 

できることなら

一秒でも早く病院に到着した順番にして欲しいところだ。

年齢で選ばれてしまうとなると、

多分私は落とされる部類の年齢なのである。

 

それでは

もし年齢に大差がなかった場合はどうだろう。

男女差、

社会貢献度、

権力、

財産、

ジャンケン?

 

その他いろいろなことで取捨選択されるのだろうが、

全てを鑑みても

私…

取り残される方だろうな。

 

どちらを選ぶ(助ける)かは

医療関係者の選択に委ねられることになるのだが、

選ぶ方も大変だろうね。

所謂

見殺し的なことをしなくてはならないのだから。

 

この記事を読んで

なんかもう…

「あなたに未来はないですよ」

と言われたような気がした。

 

そういえば

似たような話がどこかにあったな。

 

そうだ!

求職活動の時、

年齢不問は決して年齢不問ではない!ってことを身をもって体験したんだった。

 

www.syouyudango.com

 

こうなったら病気になどなってられない!

病気にならなければ何の問題も発生しないのだ。

やーっぱり

健康第一!

 

コレだね。

 

しかし、

もしも、

万が一、

自分が選ばれないという状況に陥ったとしたら、

眠らせて欲しいな。

眠っている間に逝きたい。

苦しいのイヤだから。

 

f:id:syouyudango:20200515190948j:image

 

〜今日の一句〜

改めて 自分の歳を 思い知る

 

今、会いたい人は誰かって・・・!??

今週のお題「会いたい人」

 

今リアルに会いたい人は〜

 

 特に思いつかないなぁ。

 

亡くなった人にも別に会いたいとも思わない。

怖いもん。👻👻👻

 

f:id:syouyudango:20200514170457j:plain

 

逆に

私に会いたい…などという殊勝な人もいないだろうな。

 

別に寂しくなんかないわい! ρ(-.-、)イイモン、ドウセ・・・

 

コロナが蔓延して以来、

自粛やステイホームやソーシャルディスタンスで

他人との関わりが希薄になり、

「寂しくて切ない」 (o´д`o)

…と言う人が大勢いた。

 

家での自粛生活に

「ストレスがたまる」 (*´□`*)゚ハァァァ

…と言う人も大勢いた。

 

前職を退職して以来ほぼ10ヶ月間、

殆ど誰とも合わず、

誰とも喋らず、

自宅で引きこもり状態を続けていた私の場合、

ストレスなんて微塵も感じなかった!

 

元来、

人見知りで、ひとりが全く苦にならないタイプである。

 

必要最低限の家事をこなせば

あとはフルタイム自由人の生活。

 

誰とも合わなくて済む。

誰とも喋らなくて済む。

むしろ

パラダイス!!

 

f:id:syouyudango:20200404150022j:plain

 

4月から仕事を再開して、

パラダイスから一転して地獄???

 というほどではないにしろ、

やはり毎日それなりにストレスを感じるようになった。

 

早く完全リタイアできる=フル年金受給者になりたい〜と思う今日この頃である。

 

さて

『会いたい人』を考えてみる。

 

会いたいというより

遠目で見てみたいと思う人ならいる。

 

佐々◯蔵之介、

大泉◯、

高見◯俊彦、

 

でも

その筆頭は明石家さん◯。

 

この方、

仕事もプライベートも関係なく、常にテレビで見るようにハイテンションな方であるらしい。

 

物陰から見つめる私を目ざとく見つけて

「おぉ、そんなとこでナニしとんねん。こっち来いや~」

と言ってくれる。

そして

私を気遣っていろいろ話しかけ、楽しませてくれる。

f:id:syouyudango:20200514170650j:plain

 

とにかく何も考えずに馬鹿笑いできるだろう。

 

そしてもうひとり。

田◯正和。

 

テレビに出なくなって久しいけれど、今何してるのかなぁ。

もうドラマには出ないのかなぁ。

古畑任三郎、大好きだった。

 

以前

ワイドショーか何かでお散歩している様子を見たけれど、やーっぱりかっこよかった!

ザ・スター☆という感じ。

 

私がおしゃれな犬を連れてお散歩をしていると、

向こうから田◯正和がゆっくり歩いてくる。

すれ違いざまに

「お散歩ですか?」

…と声をかけられ、

「かわいいですね」

…と褒めてもらう。←犬が…ね。

そして

「また明日ここでお会いしましょう」

…と約束してお別れする。

 

ドキドキするなぁ (๑>◡<๑)

 

そんな妄想を抱いてしまった。

 

 

〜今日の一句〜

 妄想を 抱いてひとり ほくそ笑む

給付金の手紙は来たけど、アベノマスクはまだ来ない

先日63歳になった夫の

特別支給の厚生年金手続きの書類を書き、

ようやく諸々の添付書類を集め始めた。

 

その中に

『戸籍抄本』の提出があるのだけど、

戸籍って本籍地の役場でないととれないんだったよね。

 

で、

郵便で送ってもらうことにした。

田舎の町役場のホームページからダウンロード…っと。

 

f:id:syouyudango:20200513165550j:plain

 

しかし

我が家にはPCはあれど、

プリンターがない(;_;)

 

郵便用請求用紙のファイルをメモリに入れ、コンビニへ。

 

あーめんどくせっ!

 

最寄りのコンビニは7。

駐車場から店内の複合機の前に、2人ほど並んでいる姿が見えた。

 

ちっ!

 

待つのが億劫だったので、

その場を離れ、100mほど離れたLへ移動。

 

よし!誰もいない。

が、

複合機のパネルの指示に従い、恐る恐る操作をし始めると、背後に人の気配が。

 

えっ!?

 

私の作業を後ろに並んで待っている人がいる。

 

誰しも、

あまり慣れない事はゆっくり慎重に作業をするもの。

私も

間違わないように、

慎重に、慎重に、、、。

 

でも、

後ろの人がやはり気になってしょうがない。

 

この時期でもあり、

まして他人にあまり見られたくはない作業であるのに、

ヤツはピッタリ後ろにくっついている。

 

「密ですよ!も少し離れて!!」

 

とは、私の心の叫び。

 

f:id:syouyudango:20200413173138j:plain

 

しかし

後ろにいられると思うと、やはり焦るね。

開き直って、

わざと間違えたフリをするような心臓の強さが私にあればな。。。と思った。

 

そんな感じで

ようやく請求用紙のプリントアウトを完了。

 

本当はその後、

請求者である私の免許証もコピーしたかったのだが、

突き刺さるようなヤツの熱視線に負けて、

不本意ながらその場を譲ってしまった。

 

で、

ふと気がついたら、私の後ろにヤツ以外にもコピー機を使いたがっているらしい人が数名。

 

なんだ?

 

どうした?

 

不思議に思いながら帰宅して、その訳が理解できた。

 

来てたんだよ。

 

ポストの中に。

 

アレが。

 

f:id:syouyudango:20200513170038j:plain

 

『特別定額給付金』の申請のお手紙。

要:免許証のコピー

要:銀行口座のコピー

 

そうか。

 

納得。。。

 

もしかしたら

私もいち早くその手続きをしようとしている人に見えたかもしれない (〃∇〃) 

 

 

そういえば

この給付金が決まった時、テレビのインタビューで

「もっと困っている人の為に使って欲しい」

とか

「私は困ってないからいらないわ」

などと応えていた人がいたけども、

 

本当に辞退するのかな!??

( ´◔ ω◔`)

 

それにしても

首を長ーくして待っているアベノマスクはまだかいな???

もう待ちくたびれたよ。

 

秋頃には来るのかな???

 

〜今日の一句〜

 給付金 早くも詐欺が 出て来たね

目が乾くからサプリメントを買ってみた

昨日は

肩がコリコリのお話。

そして今日は目👀のお話。

あっちもこっちもガタが来るお年頃だ。

 

夜中寝ていて、ふと目が覚めることがある。

というより、

一晩に最低一度は目が覚めるのだけど、

その時、どうも目がカラッカラで、

自分じゃわからないけど、

もしかしたら私、目を開けて寝てるんじゃないか?

と思っている。

 

もともと強度の近眼で、

加えて寄る年波の老眼で、、

 

とうとう買った。

 

f:id:syouyudango:20200512164158j:image

 

わかさ生活ブルーベリーアイ

 

これ、、、

 

効くの?(。-д-。)?

 

テレビのコマーシャルでは

『クッキリ!すっきり!ハッキリ!!』

と言っているけれど、本当かな?(。-д-。)??

 

とりあえず

昨日一粒、そして今日一粒飲んでみた。

 

そしたら

 

なんとな~く視界がクリアに!!👁👁

 

・・・なわけないよね。

多分気のせいだと思うけど。。。

 

催眠術にかかりやすいタイプだな。

 

健康食品に関しては割とあれこれ試すタイプである。

今までもいろいろなものをお試ししてきた。

 

髪の毛がふさふさになるサプリ⇒効果なし

筋肉をつけて脂肪を燃焼させるサプリ⇒効果なし

シミ消しサプリ⇒効果なし

美白サプリ⇒効果なし

お通じをよくするサプリ⇒効果なし

骨を丈夫にするサプリ⇒効果不明

 

本当はこんなもんじゃ済まないけど、恥ずかしいから少なく書いといた。

 

f:id:syouyudango:20200512172322j:plain

 

こういうのって、

『飲めば必ず効果あり!』

って思ってしまうのは私だけ?

それで何度も何度も失敗して、お金をどぶに捨ててきているのにも関わらず、

繰り返してしまう。

 

今回のブルーベリーアイも。。。?

 

『一か月使って効果がなければ途中でも返金します!』

などという自信満々の会社もあるけれど、

「効果なかったからお金返して!!」

っていう人っているのかな。

 

そして

『最低3カ月は続けてください。以降はいつでも解約OK!』

などと言われても、

3ヶ月経過後、いざ解約しようと思って電話をしても、まず

 

ツナガラナイ!

 

何十回もかけ続けてようやく本題に入るのだけど、

そう簡単には解約させてもらえないのである。

気の弱い人は言いくるめられてしまうかもしれないな。

私もその部類の人間なんだけど、最強の断り方を会得した。

 

「ちょっと体調を崩しまして、入院することになりまして、、ゴホッゴホッ。」

 

f:id:syouyudango:20200512172210j:plain

 

↑↑↑

 コレを使うと、案外スムーズに解約に応じてくれる。

 

嘘も方便だ。

 

さて

ブルーベリーアイ

効くといいな。

目は大切にしなくちゃ。

 

~今日の一句~

 本当は 眼鏡も換えなきゃ いけません

 

肩がコリコリ

人生でただ一度だけ

『整体』というものを経験したことがある。

今からもう4、5年前になるかな。

 

首の後ろから両肩、

その下あたりまで痛い、、というか、

重い、、というか。。。

なんとも形容し難いだるさに襲われていた。

 

f:id:syouyudango:20200511175313j:plain

 

とうに50を過ぎていたから、老化は否めない。

座りっぱなしの事務職に加えて、大の運動嫌い。

ゴミ捨てさえ通勤途上に車で行くような人間だ。

 

そこで、

コレはひとつ、プロの手を借りてマッサージを…

と思った。

 

あちこちに『手揉み』やら『カイロ』やら『指圧』やらの看板がニョキニョキ立っている。

 

折しも

巷ではマッサージと見せかけて、

女性を丸裸にしてしまうエセマッサージ師のことが噂になっていた。

 

さて、

どうしたものか。

 

50過ぎとはいえ、

そんなクソ野郎の餌食にはなりたくない。

そんな事を娘に言ったら、

「傍で仁王立ちして見ててやるよ」

と、うすら笑いを浮かべながらも

力強いお言葉をいただいた。

 

とは言え、

一度そんな事を聞いてしまうと、とりあえず女性である私はやはり怖い。

 

で、

ネットでいろいろ漁っていたら

なんと!

隣町に人気の整体師を見つけた。

 

自宅で開業しているし、

ホームページには家族の顔もバッチリ。

コレは悪さのしようがないな。

ということで

そこに行くことに決めた。

 

当時初診込み、60分で税込6,000円。

 

f:id:syouyudango:20200511175356j:plain

 

すごいな。

時給換算6,000円か。

わずか1畳程のスペースと整体手技を提供するだけで6,000円。

 

コレぞ手に職というやつなのだろう。

 

ココだけの話、

私も修行して、資格取って、開業しようかなあぁぁぁぁ~

などと一瞬思った。

 

さて、当日。

通された部屋はホームページで見たのと若干違う怪しげな空間。

それでもまあ、普通の家だし、かわいい犬もいることだし…と腹を決めた。

 

f:id:syouyudango:20200511175606j:plain

 

実は私、

どういうことをされるのかを事前にYouTubeで予習していたのだ。

 

こういう体制になると、次はこう来て、クルクルからのゴキッ!というのを頭の中にインプットしていた。

だからなおさら

『来るぞ、来るぞ、、』

と身構えてしまい、なかなかリラックスすることができなかった。

 

整体に行くと、

どんなに体が痛くても、帰りはスキップして帰宅できる・・・

と聞いていたのだが、

私の場合、

ぜーんぜんダメだった。

気持ち悪くはないものの、良くもない。

痛みがなくなることも、肩が軽くなることも一切なかった。

 

そして最大の不信感は

レシートも領収書も出なかったこと。

特に聞きもしなかったけれど、私の6,000円が。。。

 

そんな感じの整体初体験。

 

今年に入ってから

首が痛いし、肩も重い。

ふと気がつくと肩にスゴイ力を入れているし、姿勢も良くない。

 

コレは再び整体か?

 

~今日の一句~

 その昔 肩たたき券 もらったね

 

母の日

母親になって32年。

長かったような、

短かったような。

 

f:id:syouyudango:20200510084209j:image

 

小さい頃から

自分は24歳で結婚し、

子どもは3人、

それぞれ25、27、29歳で出産すると決めていた。

その内訳は一姫二太郎三ナスビ?で。

 

3人というのは、

自分が3人兄弟だったからという、

ただそれだけのこと。

 

f:id:syouyudango:20200510084126j:image

 

実際は

各々の予定から数年遅れての達成となった。

 

第一子は男の子。

出産後、

病院に来てくれた今は亡き祖母が、生まれたての我が子を見て泣いた。

その時は不思議な気持ちでいたけれど、

祖母の気持ちがなんとなく今、わかるような気がする。

 

数年後、

次は絶対女の子!と思っていた。

それも

女の子なら桃の節句の3月生まれがいいな〜などと夢見つつ、

なんと、本当に予定日3月某日をゲットした。

 

でも、

出産前に次男…と聞いて、心の奥底ではあぁ〜と思ったのもこれまた事実。

 

後に

次男がいろいろ問題を起こしたのは、もしかしたらこの時の、多少がっかりした自分への反逆だったのでは?と思う。

でも

回り道をしたものの、

今では普通に立派に社会人となってくれている。

 

さあ

ラストチャンスの3人目。

 

この時は妊娠中に性別を聞くのはやめておいた。

楽しみにしておこうというのではなく、ただ怖かったから。

「男の子ですねぇ」

などと聞かされたら、その後の期間を心穏やかに過ごせる自信がなかった。

 

そして

極力男の子だ!と思いこむことにした。

そう思っていれば、

男の子だった時に

『やっぱりね』

と思える。

もしも女の子だったら

人生最大の喜びを爆発させよう。

 

そう思って臨んだ出産。

 

娘がやって来た!

 

喜び爆発!

と言うより

安堵した…と言う方が正しいかも知れない。

 

『案ずるより産むが易し』

というけれど、

産むのはやはり大変だったわ。

 

子どもにとって、

私は一生母親なんだけど、

私にとって子どもはいつまでも私の子ではない。。。

と、最近思う。

 

それぞれが大人になった今、

『母』はもう卒業してもいいかな。

少しだけ寂しくもあり、

いっぱい嬉しくもあり、、、だ。

 

こんな私を母親にしてくれて本当にありがとう。

 

f:id:syouyudango:20200510084024j:image

 

今日は母の日。

 

〜今日の一句〜

 子離れを できずに数年 経過した

 

陽水ワールドにどっぷり浸かる

昨日

X JAPANサイコー!!

みたいなことを書いたのだけど、

私の中でのYouTubeにおけるマイブームは、井上陽水氏である。

 

自分のお金(お小遣いだからこの言い方も少々難あり)で初めて買ったレコードが『心もよう』

当時はシングル盤で400円?だったと記憶している。

 

f:id:syouyudango:20200509155348j:image

 

記憶を辿ってみる。

 

あの頃、

あの世界は、

吉田拓郎氏が圧倒的存在感を示していた。

その対極にいたのが井上陽水

 

f:id:syouyudango:20200509124455j:image

 

当時

私の3つ上の兄は、拓郎を崇拝していて、

毎日ヘッタクソなギターを弾きつつ、

調子っ外れな歌を歌っていた。

 

きっと

私はそれが気に入らなかったのだろう。

決して吉田拓郎氏が嫌いだったわけではなく、

ただ兄のアノ歌がイヤだったのだ。

 

兄(の歌)に対抗する気持ちで

私は井上陽水を好むようになった。

そして

日を追うごとに、彼の世界に没頭するようになっていく。

 

LP版も殆ど買い揃えたのだが、

今は実家に置き去りのまま。

 

ふと思いついたのだけど、

メルカリなら・・・

 

いや、

やめとこ ☺️

 

折しも

地元で開かれたコンサートを観に行った。

 

当時は

今のようにオールスタンディングで観客も『参加する』と言うものではなく、

最初から最後まで全員着席で、純粋に歌を満喫できた。

 

この年齢にしては

コンサートやライブによく行く方だと思うけれど、

できたら座って観たい。。。

そのアーティストの世界観に浸りたい。。。

と、いつも思っている。

 

行ったら行ったで

拳も突き上げるし、

Xジャンプもするのだけどね。

 

で、

井上陽水

彼の歌は独特だ。

ハッキリ言って意味不明な歌詞ばかり。

でも

誰もその歌詞の解説など求めないし、

聴く方は想像を掻き立てながら陽水ワールドにどっぷり浸ることになる。

 

f:id:syouyudango:20200509124521j:image

 

彼は

意味不明の歌詞を

ハッキリクッキリシャープな声で歌ってくれる。

 

もう

『独特』としか形容のしようがない。

 

そんな陽水のライブ動画が最近の楽しみ。

もしかして違法?なのかも知れないけど、消されるまでは楽しませてもらう。

 

あっ

そうそう。

陽水はトークもおもしろくて、

吉田拓郎坂崎幸之助両氏との絡みもサイコーに楽しかった。

コチラもYouTubeで繰り返し笑わせてもらわせている。

 

笑うってイイネ!👍

 

〜今日の一句〜

 三密が どこ吹く風で 大丈夫???