だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

暑中お見舞い申し上げます

年賀状と暑中見舞い。

節目節目に律儀に送っていたのは、いまは昔。

 

f:id:syouyudango:20200725075438p:image

 

近年

年賀状は10枚程度。

暑中見舞いに至っては、友人宛の3枚のみである。

 

それぞれが家庭に収まった後は、

お決まりのように疎遠になり、

年に2回のご挨拶状でお互いの安否を確認している。

 

書き出しはいつも

 

「あ久し振りです」

 

文末にはいつも

 

『近いうちにお会いしましょう』

が定番である。

 

私を含めて4人、

全員が決まってこの言葉で結ぶのだけど、

果たして本気でそう思っているのかは定かではない。

 

最後に集まってから既に10年近く経過しているので、

推して知るべしである。

 

社交辞令だね。

 

私の中でも、

会いたい=50

別に合わなくてもいいかな=50

である。

 

しかし

全員還暦を過ぎたわけだから、

もしかしたら次に会うのは誰かの葬式…

ということになるやも知れぬ。

 

で、

ふと思い立ち、

その内のひとりに久し振りにメールをしてみた。

 

彼女はひとり娘だったのだが、

結婚してご主人の田舎の実家に入り、

4人の子どもに恵まれたものの、

一番下の女の子がわずか2歳の時にご主人を亡くした。

 

f:id:syouyudango:20200725080049p:image

 

以来、

地元に戻ることもなく、

出戻りか行かず後家か知らないけれど、小姑も同居する田舎の家で

ずっと暮らし続けて今に至る。

 

ちょうど6月に誕生日を迎えた彼女に

お祝いも兼ねてのご機嫌伺いということだ。

 

「あ久し振りです」

「お誕生日おめでとうございました」

…と、

私の他愛のない暑中見舞いと近況報告。

 

しばらくして

ビックリ仰天返信メールを受信した。

 

なんと!

自宅の階段から落ちて肋骨2本骨折したとのこと。

 

f:id:syouyudango:20200725075614p:image

 

わりと

あっちが痛い、こっちが悪い、、で、

入院療養することが多い女性だったけれど、

今回の肋骨骨折には驚いた。

 

というより、

何故階段から落ちた?

 

そこが知りたい。

 

我が家も一直線階段で、

最上階でこけたら、一気に下まで転げ落ちる仕様だが、

最後の一段を踏み外すことはあっても、

骨折するほどの階段落ちは未だかつて経験したことがない。

 

長年住み慣れた自分の家なのだから、

動線はどっぶり身に染み付いているはず。

 

なのに落ちるって、

 

一体

 

ナニガアッタ?(´⊙ω⊙`)?

 

〜今日の一句〜 

使いやすい 便利な言葉 老化現象

 

 

安楽死について考える

某若手人気俳優の自殺から

早くも1週間。

 

彼のファンでもなんでもないが、

ビックリしたのは事実。

 

SNSの誹謗中傷に耐えられなかった

とか

実母の素行に問題があり、度々金を無心されていた

とか

憶測が憶測を呼んでいる。

 

f:id:syouyudango:20200724144521p:image

 

遺書も遺されていたというが、もはや

死人に口無しである。

 

真実は

時を経ても明かされることはないだろう。

 

もしかしたら

当の本人でさえ、今頃

『あれ!?」

と思っているかも知れない。

 

この死に寄せて、

精神科医の先生が話をしていた。

 

「死にたい」

と言う人に、何という言葉をかけたらいいかという質問に対し

 

「死なないで欲しい」

「生きていて欲しい」

 

あぁ、

こんなダイレクトな言葉でいいのか。。

 

ある意味、無責任な言葉とも思えてしまうのだけど。

 

先生曰く

本気で死を考えている人は、誰にも何も言わない。

 

「死にたい」

と口に出す人は、本当は

「死にたくない」

人なのだそうだ。

 

半世紀以上生きてきて

「死にたい」

と思ったことなど、ただの一度もない私は、それだけで幸せ者なのかも知れない。

 

事実、

私は「死にたくない」のである。

 

死ぬのは怖い。

死ぬのは寂しい。

 

そして

私が死んだら、心折れるくらい悲しむ人が最低4人はいる。

 

その内1名は、

立ち直ることができないほど泣くことになるだろう。

多分…ね。

 

↑↑↑誰かって?

ナイショ🤫よ。うふっ♡

 

f:id:syouyudango:20200724144928p:image

 

そう

そんな人達を悲しませることはできないのである。

 

・・・・・

 

と、

三浦春◯さんは思わなかったのかな。

 

この人に限らず、

自ら死を選ぶ人は、そんなふうに考えないのかな。

 

死んだら楽になると思うほど、

現実が苦しいのかな。

 

私は

生きられるのに、

生きることを止める人は、、、

 

イヤだな。

 

 

そして昨日のニュース。

 

ALS患者の死亡。

自殺幇助か嘱託殺人か、、、

 

本当に患者本人が

「死にたい」

と思っていたのか。

「死なせてくれ」

と言ったのか。

「殺してくれ」

とお願いしたのか。

 

これもまた死人に口無し。

真相は藪の中である。

 

でも

我がこととして考えてみれば、

申し訳ないが、

私はこれを否定する気にはならないのだ。

 

f:id:syouyudango:20200724144617p:image

 

頭はハッキリしているのに、

身体が動がなくなる。

最後は呼吸器に繋がれて、寝たきり。

 

闘病中の本人はもちろん

その家族も辛い。。。

 

どころの話ではないのだろう。

 

想像を絶する…というやつだ。

 

私の姉も

こんな感じで長い闘病生活の後、亡くなった。

 

動かない体で、

「退院したら、身障者用のクルマを買ってね」

と母にお願いしていた。

 

あの時のことを思い出すと。。。

 

 

2年ほど前に

NHKで放送された安楽死のドキュメンタリー番組、

放送後、

各方面で問題になっていたが、

結局安楽死については未だ何の進展もない。

 

これも自分のこととして考えてみた時、

賛否両論あろうが、

 

私なら

 

「死なせて欲しい」 

 

 

〜今日の一句〜

望むのは 普通に生きて 消えること

 

私だって本当はイヤなんだ!!

久しぶりの雨降り。

☔️☔️☔️

梅雨の最中だから、雨が降るのは当たり前なのだけど、

ここ数日間、

洗濯物を外に干せるほどのお天気だったものだから、

あっ!そういえば梅雨の季節だったのだと

再び実感した次第である。

 

今の職場は田んぼの中に建っている。

 

f:id:syouyudango:20200723135156p:image

 

自然が溢れているというと聞こえはいいが、

どうにも困ったことがひとつ。

 

どこからか

虫とか小動物が侵入してくる。

 

以前の会社も似たようなもので、

こちらもまさに田んぼのどまん中、

加えてプレハブ仕様のボロ社屋なもんだから、

食品工場であるにもかかわらず、

ハエ、蚊をはじめ、

G、ネズミ、カエル、こおろぎ、

挙げ句の果てにヘビまで登場していた。

 

事務所のドアを開けたらネズミが横切って行ったとか、

トイレの個室に蛇がいたとか、

私は実物を見たことはなかったが、

風の噂には聞いていた。

 

なので、

事務所のドアやトイレのドアを開ける前は、必ず足音高らかに歩くことを常としていた。

 

だって

怖いもん。

 

そう

何歳になってもイヤなものはイヤ、

怖いものは怖いし、

見たくないものは見たくない。

 

それは誰とて同じことだと思うのだが、

 

さて、

今の職場。

 

先日隣席の女性教員(それほど若くはない)が、私に囁いてきた。

 

教員「すみません、コレなんだと思います?」

 

私は目が悪い。

メガネはしているけど、最近度が合わなくなってきて、あまりよくは見えない。

 

その女性教員の指差す方向、机の下を凝視した。

 

???

 

ゴミ?

ホコリのかたまり?

ぐううぅんとズームイン!で見つめてもよくわからない。

 

教員「カエル…じゃないですかね」

 

なんだと!?

判明しとるんか!?

しかもホコリまみれのミイラではないか!!

  

f:id:syouyudango:20200723135240p:image

 

ここでふと気がついた。

 

この人、

『コレを片付けて欲しい』

と私に暗に言ってる。

 

えーーーーーー。

 

なんで私よ!

 

そりゃあ還暦過ぎてるけど、

昔の人間全員虫が得意なわけではないじゃないか!

 

と、

心の中で思いながらも

ほうきとちりとり持って来て片付けて

 

やった!

 

チッ!

 

教員「さすが〜」

だってさ。

 

そんなことで喜ぶと思っとんのか!!!

 

そしてつい先日も、

電気ポットの脇に小さなカエル。

 

この時も駆り出された。

 

以前も書いたけど、

我が家の風呂場に時々侵入してくるアオガエルにも、恐怖のあまり絶叫するほどの私である。

 

でも、

オトナだからね。

 

ハエ叩きと塵取りで追い詰め、窓の外に放り出してやった。

 

ハエ叩きのある学校・・・

 

f:id:syouyudango:20200723135255p:image

 

〜今日の一句〜

みつけたら 自分でやれよ そのぐらい

\\\٩(๑`^´๑)۶////

1に健康、2に健康、3も4も5も健康!!!

今週のお題「2020年上半期」

 

明日から4連休!

 

でも

特になんの予定もなーし!

 

Go toなんとかキャンペーンはどうなるのかね。

 

憎むべきはコロナ騒動。

 

2月からだから、

もうずいぶん長いことくすぶり続けている。

 

f:id:syouyudango:20200722164610p:image

 

横浜港に着岸したクルーズ船も、

今や検索しないとその名前を思い出せないほど時間は経っているのだけど、

結局今でも

あちらこちらで新しい罹患者が続々と発生し続けている。

 

しぶといな。

 

当初は、

インフルエンザのちょい強いヤツ…的なイメージだったのに、

マスクがなくなり、

消毒薬がなくなり、

医療崩壊などと呼ばれ、

学校が休校となり、

テレワークなどというのが始まり、

「家から出るな」

「遊びに行くな」

…で、

職を失ったり、

店が潰れたり、

 

なんか、

大変な年になってしまった。

 

本来ならば、

令和という新しい時代の華々しい行事がめじろ押しだったはず。

皇室ファンの私としては残念でならない。

 

せっかく浩宮さまと雅子さま愛子さまの時代になったのに(;_;)

 

さて

2020年上半期の個人的出来事と言えば

 

やはり夫の入院、手術である。

 

ほぼ歩けなくなって入院。

良くならなくて転院。

そして手術。

生まれて初めて特別室という特別上等な病室に一泊した。

 

ちょっとしたビジネスホテルのごとき部屋だったのだが、

いかんせん術後の状態が良くなくて、

私は一睡もせず、20℃設定の寒い部屋で、ひたすら団扇で風を送り続けていた。

 

こんなことがあるなんて、

よもや自分の身に降りかかってくるなんて、考えもしなかった。

 

手術室から歩いて戻ることはないにしろ、

ニッコリ笑ってVサイン✌️くらいするのかと思っていた。

 

しかし当の夫、

その時のことはほとんど記憶にないらしいし、

私もあえて伝えてはいない。

 

実際はもう、

何というか、、

夫が別人のようになってしまって、

それでも時々私のことはわかっていて、

『人間って、こんな風になっちゃんだ』…と思い、ちょっと恐怖も感じた。

 

あれから20日程経過したが、

 

なんと!

 

なんと!!

 

なんと!!!

 

来週から仕事復帰する。

 

f:id:syouyudango:20200722164642p:image

 

私としては

もう仕事は辞めてもいいかな〜と思っていたのだが、

本人の意志は堅かった。

 

齢63歳。

 

あと1年半、最後の走りになるだろう。

 

心配でたまらないけど、

信頼して、

信用して、

応援することにした。

 

f:id:syouyudango:20200722164823p:image

 

〜今日の一句〜

下半期 日々穏やかに 過ごしたい

 

臆病者と言われても・・・

運転免許を取得して

かれこれ40年以上。

 

幸いなことに、

今日まで無事故無違反の優良ドライバーである。

エッヘン!

 

f:id:syouyudango:20200721180813p:image

 

とりあえず、

捕まらないだけ…であることは否めないのだが、

世間のゴールド免許の皆様とて、同じようなものだろう。

 

さて、

何が臆病なのかと言うと、給油の問題。

 

実は我が家の息子2人。

 

どういうわけか、給油ランプが赤く点灯しないと給油をしない。

 

彼ら曰く

「継ぎ足しはしたくない」

のだそうだ。

 

ビールじゃないのだから、それは限りなく屁理屈というもの。

 

その真相は

若い頃、金が無いからスタンドに行けない…

ということが多くて、

ギリギリ迄、粘りに粘って、ようやく給油…というパターンを繰り返していた時期があった。

 

f:id:syouyudango:20200721180834p:image

 

それが今でも身に染み付いているのだと思う。

 

私に言わせれば単なるズボラである。

 

その時の名残で、何を隠そう

我が家にはガソリンの携行缶がスタンバイしているのだ。

 

そして今朝、

ちょこっと息子の車を動かすためにエンジンかけたら、

またまた真っ赤なあのランプが点灯していた。

 

マブシッ!

 

 

私が、

長い運転人生の中で、

給油ランプのついた車を初めて見たのが、

何を隠そう我が息子の車だった。

 

実際、

ランプが点灯してから、10キロ程度は走行可能ということだが、

ここら辺を走っている分には、

そこここにスタンドがあるから大丈夫だとしても、

夜中などはやばくない?

 

24時間営業のスタンドなど、探すのが大変そうだし、

なによりも手持ちのカネながければ問題外の外の外。

そして、そこまでたどりつけるかどうかも大問題だ。

 

そんな私も、

ランプさえ点かないまでも、もうギリギリのギリ!というところまでいったことがある。

運転しながら冷や汗をかいた。

 

f:id:syouyudango:20200721180902p:image

 

『こんな所でガス欠したらどうしよう』

『渋滞させたらどうしよう』

そして

『これからは早めに給油しよう』

…と、大いに反省したのであった。

 

実を言うと、

自分の車の警告ランプが点いたところを一度見てみたい気もしないでもない。

 

で、

とりあえず、ランプか点くまで粘ってみようとしたこともあるにはあるが、

結局

怖くなって給油してしまうのだ。

 

臆病者だ。

 

知人には

ガス欠経験者が多々いる。

 

JAFを呼んだり、

同乗者にスタンドまで歩いてもらったり、、、

 

大変だ。

 

こと、給油に関しては、私は臆病者でいいや。

 

〜今日の一句〜

何事も 早め早めの 心がけ

 

時代の流れとノスタルジー

お若い方はご存知ないと思われるが、

その昔

デパートにはエレベーターガールなる職業の女性がいた。

 

受付嬢と同じくらい容姿に長けていてた。…ような気がする。

 

僅か二畳にも満たない箱の中で、

なぜかマイクを持ってのご案内だ。

 

f:id:syouyudango:20200720170923p:image

 

「本日はご来店いただきまして誠にありがとうございまぁす。

◯階、紳士服売り場でございまぁす。

スラックス〜靴下〜ネクタイ〜各種取り揃えてございまぁす。

お待たせしましたぁ。

◯階でございまぁす。」

 

…と、

僅か数秒のうちに絶妙なタイミングで言い終える。

これもまたプロフェッショナルの成せる技だった。

 

今その姿は

どこにも見る事はなくなったので

その職自体がなくなってしまったのだろう。

 

 

そして考える。

 

結局、彼女達の仕事とは、

一体なんだったのだろう…と。

 

あの時代、

エレベーターガールとか、

デパートの受付嬢とか、

わりと人気の職業だったような気がするのだけど、

その仕事が

後に、よもやなくなるなんて、

当のご本人達は考えもしなかっただろう。

 

少し前に

『10年後になくなる職業』

というのを見た。

 

読んでいたら

ほとんど全ての職業がなくなってしまうではないか。

 

10年って言ったら、

もう、すぐそこ…の感覚だけど、

受付嬢もレジ係も運転士も小学校以外の教員も。。。

なくなるんだって。

 

今はまだ絵空事過ぎて、

有り得ないと思っているが、

世の中の移り変わりは目まぐるしい。

 

スマホや自動運転など、昔は考えられなかったことが、

今日当たり前に存在しているのだから、

まるっきり根拠のない話ではないかもしれない。

 

それにしても

ユニクロの全自動セルフレジってすごい。

 

若い方は、いとも簡単に使いこなしているが、

未だにスーパーのセルフレジも敬遠している私は…

 

無理だな。

 

f:id:syouyudango:20200720171328p:image

 

その内、

すべての小売店で、ユニクロのようなシステムが導入されるようになるのだろう。

あと5年先くらいかな?

 

それが進化というなら

進化についていけない私のような人間は、

より一層退化していくんだろうな。

 

そして

「味気ない」

「昔は良かった」

とか言うのだ。

 

今でさえ

『ムカシガナツカシイ』

のにね。

 

戻りたい?

 

いや、そんなことはないのだけども。

ただ、足踏みはする。

 

近所の業務スーパー

今日寄ったら

自動精算機になってた。。。(@_@)

 

f:id:syouyudango:20200720190945p:image

 

〜今日の一句〜

お荷物と 言われぬようには 暮らしたい

 

 

ピンポンが鳴らない!??

あと数日もすると、

「アチ〜、アチ〜💦」

と言うんだろうな。

 

梅雨のジメジメもイヤだけど、

夏の暑さも好きではない。

 

今日の気候は

そんなわがまま私にとって、実に快適だった。

 

f:id:syouyudango:20200719140911p:image

 

昨日に引き続き、今日もいい天気。

 

キッチンの天窓を開けていると、

一年中ぶら下げている風鈴がチリリリ〜ン🎐と

涼しい音を奏でてくれる。

 

暑くもなく、

寒くもなく、

静かで穏やかな1日。

 

何にもないことに幸せを感じる。

 

何より何より。。。だ。

 

 

さて

最近、コロナの影響なのかな?

 

いつも我が家に来てくれるクロネコのお兄さんが

荷物の受け取りの時に

「はんこいらないですよぉ」

と言うのだけど、

全国的にそうなったの?

 

f:id:syouyudango:20200719140939p:image

 

長〜いお付き合いのお宅だけなのかな?

 

職場に配達に来る時は

必ずはんこかサインが必要なんだけど、

一般家庭だけは不要になったのかな?

 

受領に伴うトラブルもないわけではないだろうに。

 

…と、若干の心配をしてみたりする。

 

で、

娘がネットで頼んだ商品が今日届くはずだから…と、

朝からクロネコを待っていた。

 

便利な時代になった。

時間指定もできるようになったし、

留守でも電話一本で、再配達しくれる。

配達のお兄さんはフレンドリーだし、

ハンコはいらないし。。。

 

リビングの外、

いつものトラックのエンジンが止まった。

 

・・・・・

 

玄関ドアをコンコンコン。。。

 

???

 

あれ?

 

なんでノック?

 

インターホンの電池切れだったらしい。

 

f:id:syouyudango:20200719140958p:image

 

ここ最近

我が家のインターホンは絶不調である。

 

映像が映らなかったり、

呼び出し音が小さかったり、

声が届かなかったり、

鳴らなくなったり、

かと思えば普通に鳴ったり…を繰り返していたが、

こんな事では困る。

 

第一、

その度にドアをコンコンされるのも恥ずかしい。

 

イマドキそんな家もないだろうし、

クロネコのお兄さんもイヤだろう。

 

そんなわけで

また

『インターホン 激安』

で検索している。

 

いろいろ見てたら、

ピンキリで、多種多様のラインナップ。

 

素人の私でも取り替え可能で、

安くて、

長持ちして、

録画機能もついて、

…というのを探している。

 

もう玄関ドアコンコンはイヤだから、

早々に手配しなければ!

 

でも

多分またクロネコのお兄さんが届けてくれるのだろうけど、

その時もコンコンコン!だな。

 

〜今日の一句〜

穏やかな 1日終われば また月曜