だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

就活2回目

 温泉旅行の数日前にハローワークへ行ってきました。またネットでみつけた「ここいいな!」って思った事業所です。徒歩圏内の一般事務、年齢不問、定年なし、(と書いてある)のこじんまりした事務所です。

 ハローワークにて、窓口は前回と同じKさんでした。

ねむ「あの~今度ここ受けてみたいんですけど」

K「では、確認してみますね」端末ポチポチ

K「あっ こちらはまだどなたも応募してないですね。お電話しますね。もしもし、今面接希望の方がいらしてるんですが、、、59歳の女性で、、、、、、あっそうなんですかあ。」

電話の途中で察しましたよ。話の内容は以下のとおり

「年齢で差別する気持ちは全くない。家も近いので非常にありがたい。ただハローワークを通さないで直接応募してきた方がいて、昨日その方の面接をした。欠員募集で急いでいるのでそちらの方に決めようと思ってる」

だって。ああそうですか。まあそれなら仕方ないね。もうちょっと早く応募すればよかったな。残念。また頑張ろう!・・・と素直に受け取りました。

K「それではその方の採用が決まりましたら、ハローワークの求人を取り下げていただけるようにお願いします」と伝えていました。 そして、

K「もしかしたら、その方で決まらないこともあるかもしれないので、一応紹介状出しときますね 面接OKの場合は電話しますので待っててください」とのことで、紹介状を貰って帰りました。

 次の日、Kさんより連絡がありました。要約すると、件の事業所から電話があり、事務所のみんなと話しをした結果

「59歳ではちょっと、、、覚えることもたくさんあるし、教える方が教えづらいし、、、特殊な作業だし、、、」とおっしゃっていたそうです。

?????

面接した方を採用したんじゃないの?急募じゃなかったの???

そして、本日まだ求人取り下げられていません。ああああああああ。

 

~今日の一句~  甘くない スタートライン 未だ見えず