だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

7月1日

今日から正真正銘の無職となりました。               今後はとりあえず、専業主婦を名乗ります。

ということで、心新たにする意味も込めて、あらためて自己紹介をさせて下さい。

我が家は5人家族です。

まず、世帯主である夫。

62歳、会社員、運転の仕事をしています。

結婚したての頃は、確か阿部寛に似ていたはず、、、ですが、今は・・・まあ、お互い様です。

私も人の事は言えない程度に年齢相応になったから。

私。現在59歳。先月末日をもって約20年勤務した会社を退職しました。

今は専業主婦♡

子どもは三人います。子どもと言っても

👦長男30歳(独身、同居、転職活動につまづき、現在就活中のぷーたろーです。早く働いて欲しい)

👦次男28歳(独身、同居、某食品メーカー勤務)

👧長女25歳(独身、同居、某総合病院勤務、事務職)

そう、3人ともいい歳ですが、実家暮らしです。

なぜかというと、この家の居心地がいいから。

そして、何より私が子離れできないから。

私自身が三人兄弟の末っ子で、結婚するまで実家を出たことのない箱入りの娘でした。

結婚当初も実家から車で10分程度のアパートに住み、何かといえば実家頼りで、傍から見ればいつまでも親離れのできない娘だったのです。

そんな私が子どもを持ち、今度は子離れできずにいます。

一時期、次男が関東での仕事の為、家を出ていた時がありましたが、実に何とも言えない気持ちでした。

もう守ってやれないんだ😭・・・なんて考えたりして。

アホでしょ

世の中のお母さん達はみんなこんな思いをしてるんだ!
普通の家庭は18歳で旅立つ子どもを見送ってあげるてるんだ!
・・・と無理やり納得し、ようやく彼のいない生活にも慣れてきた頃、彼は実家に戻ってきたのでした。

ジャンジャン!

彼らが子ども(年齢的に)だった頃、一人ずつ試してみたことがあります。

死んだフリ

まず長男。この子はずーーーーーっとひたすら泣き続けていました。  私の方が根負けして終了。

次男、私の顔をじーーーーーっとみつめ、その後顔を近づけ、一気にふーーーーーっ!
私の顔に息を吹きかけたのでした。

おかしくて耐え切れず吹き出して終了。

長女の場合、死んだフリをしている私にいつもと変わらず話しかけてくる。

ペラペラペラペラペラペラペラ。

あまりのかわいらしさに負けました。

末っ子、女の子。。。やっぱりかわいいね。おしゃべり好きは今でも変わっていません。

彼らが2歳の頃のお話しでした。

 

~今日の一句~ 

変わりなく 育てたつもりも 三者三様