だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

えっ!? 嘘でしょう。。。というホントの話

私、こう見えて三人兄弟の末っ子です。

まあ、この年齢になって末っ子というのもなんですが、、、

構成は姉(故人)、兄(62歳、定年退職、悠々自適)そして私。

 

この兄のお話です。

 

実家で実母(私の母でもある)、奥さん(59)、息子(27)

義母(奥さんの母親)と暮らしています。

母は2年ほど前から、ほぼ介護施設でお世話になっているので、

現在は実質4人暮らし。

自分の家だけど、マスオさん的立場ということになります。

 

もう15年ほど前のことです。

実家の庭の藤の枝があまりにも繁り過ぎ、どうにも暑苦しい。

という事で、母は兄に剪定を頼みました。

「よし、オレに任せろ」

と、口には出しませんでしたが、内心自信満々だったのでしょう。

その時は・・・(;^ω^)

 

実家のことはそれまで、父(故人)が全て担っていました。

父はとても器用で、母が

「あれを作って」と言えば上手に作り、

「ここに棚が欲しい」と言えば、すぐさま取り付けてあげる。

日曜大工に長けた人でした。

業者に頼んだ方が…と思われるようなことも、ちゃちゃっと

自分でやってましたっけ。

 

18歳で父と結婚し、私から見ても世間知らずの母なので、

男の人なら、いろいろなことができて当たり前❤

と思っていたのだと思います。

父親がそうでしたから。

でも、

でも、

でも、

兄の場合は違った!

 

生い茂った藤の枝達、

のこぎりでギコギコするのはヒジョーに大変…ということで、

兄はホームセンターで電動ノコギリを買って来ました。

(ここらへんで、感のするどい方はお分かりになったでしょう)

 

買って来たばかりの電ノコを、トリセツも読まずにスイッチオン。

「さあ行くぞ~」

と言ったかどうかは知りませんが、彼の性格上、

どや顔だったのは間違いない。

 

・・・その瞬間、藤の枝ではなく、藤だなを支えていた

「棚」をバッサリ。

 

ええええええええええ(◎_◎;)

 

支えを失い、傾く藤の枝。

襲い掛かる藤だな。

そして次の瞬間、電ノコの音が止まった。

 

ん??

早くも故障?

不良品か?

 

でもすぐわかったね。

電ノコのコードをぶった切ったんだよ。

電ノコで。

例えが違うけど、ブレーキとアクセル間違える高齢者の

心境ってまさしくあの状況なのだろう。

 

数日後、実家に行ったら、剪定するはずだった藤だなは

藤だなごとなくなっていた。

跡形もなく。。。

 

そういえば、うら若き乙女の頃に勤めていた会社でも

似たようなことがあったっけ。

ほら、裁断機ってあるでしょう。

ギロチンタイプのヤツ。

あれで、何を勘違いしたのか、資料とともに

自分のネクタイを切断した上司がいたのです。

これ、笑うしかないよね。

「ケガをしなくてよかったですね~」とか、

「気をつけてくださいよ~」とか言えばよかった

…と今は思うけど、当時、人生経験が浅かった私は、

ただただひたすら爆笑していたのを覚えています。

大変失礼いたしました。

 

いや、でも確かにあれは危険よね。

その後、自分で使うたびに注意喚起は怠りませんでした。

ネクタイ、ネクタイ、ネクタイ、、、と。

 

~今日の一句~

  一瞬で 指名を終えた 電ノコよ