だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

お医者さんの言うことは、とりあえず聞いておいた方がいい…かも知れない

昨年、夫が入院した。

病院は当時の職場からそう遠くないので、約2週間の入院期間中、

毎日のように、仕事が終わってからお見舞いに通っていた。

 

今回のお話はその夫のこと

 

では

ない!

 

病院って、血圧計あるよね。

 

f:id:syouyudango:20190821103444p:plain

ご自由にお使いください…みたいな。

 

ある日、もののついでと思い、計測してみた。

ん? この血圧計壊れてる?

デジタルの数値が200と130。

ためしに一緒にいた娘も計測。

彼女はいわゆるフツーの数値だった。

それならば…ということで、私も再度の挑戦。

しかし、前回と何ら変わらない数値。

コレって異常だよね (◎_◎;)

 

そういえば、実家の母親が高血圧だった。←過去形を使ったが、まだ亡くなってはいない。

父親は、あまり多くを語らない人だったが、ある朝突然亡くなっていた。

後で聞いた話では、父も血圧が高めだったらしい。

でも、昔から血液サラサラになるといわれる食べ物を、毎日欠かさず食べていたし、

タバコも吸わないし、酒も嗜む程度。

定年退職してからは、毎朝散歩を欠かさず、実に健康的な日常を送っていた人だ。

…にもかかわらず、何も言わずに逝ってしまった。

健康だったはずなのに。

 

そして私も、健康だけには自信があった。

インフルエンザを疑われた時に内科を単発で受診する程度。

通ったのは主に歯科と眼科だけ。

社会人になって、花粉症を発症した。

歯科と眼科に耳鼻咽喉科が加わった。

結婚して妊娠して、産婦人科に通うようになる。

ここでの経過も順調そのもの。

まあ、妊娠出産は病気ではないってことだからね。

入院経験は3人の子どもの出産のみ。

しかも、真ん中の子の時には、出産後3日目に退院というハイスピードなものだった。

女医先生お一人の個人クリニック。

昼間は診察、夜半から早朝は出産と、先生さぞかし大変だったことだろう。

出産後3日で退院したのは、四六時中人手不足だったからかもしれない。

 

私の血圧の話に戻る。

そんなこんなで、数日後、近くの内科クリニックに走った。

 

私にとっては久方ぶりの内科受診。

そこで何を言われたかは、いつもの通り、あまり覚えていないのだが、

肉より魚を食べろ!

散歩程度の運動をしろ!

一般的に言われていることを言われた…という印象は残っている。

その時、亡くなった父のことが一瞬頭によぎった。

そういう生活してたんだけどな~って。


その後、血液検査やら、頸動脈エコーやらを受け、結果、高血圧症の診断をいただいた。

首の血管に狭くなっている箇所もあるらしい。

先生には、このままの生活を続けていたらその内

死ぬよ!

と言われた。

口が悪いね。

 

以来、自宅で毎朝毎晩、血圧を測っている。

メンドクセーナーと思いつつ。

 

今の私は血圧の数値が高いだけで、他に特段の症状はない。

でも、不調の自覚がないのは、もしかしたらその不調を感知する機能が不調なのかもしれないね。

先生の言う通り、お魚たくさん食べて、散歩でもしようかな。

でも今年はサンマが高いらしいよ。

それに、どちらかと言えば、肉が好き♡

 

~今日の一句~

  まだ若い 周りはそうは 思わない