だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

今週のお題「わたしと乗り物」

乗り物と言って思い出すのは遊園地。

最寄りの遊園地はここ!サントピアワールド!!

niigata-map.net

 

我が家からは車で15分程度。

山の上にあるだけあって、春先から晩秋の頃までしか営業していない。

そう、冬期間は完全閉鎖。

1年分を夏休みに稼ぐといった感じかな。

 

遊園地、テーマパークといえば、いの一番に浮かぶのがディズニーランド。

ディズニーランドって、年間パスポートとかあって何度も何度も行って楽しむんだよね。

サントピアワールドに関して言えば、1年に1回行けばいいかなって…

そんな感じ。

 

でもね、新潟県民のディズニーランド=ココ!なんだな。

 

御多分に漏れず、我が家も子どもが小さい頃は、年に1回は行っていた。

夏休みにどこにも連れて行かないのは、ちょっとかわいそうかな…という思いもあったのだけど、

でも本当のところは、夏休みの宿題の作文に、

「どこにも行きませんでした!」

みたいに書かれるのが嫌だったから。

見栄っ張りな母親だった。

 

直近で行ったのはいつ頃だったろう。

確かなことは覚えていないが、末っ子が高校生の頃だったとしても、7年も前になる。

あの頃とはアトラクションも変わっているだろうなと思い、

HPを見たけど、当時とほとんど変わりなく残念…な思いの反面、

なんだかホッとしたのも事実。

懐かしき我がふるさとの遊園地のまま。

それもいいかな。

 

今、末っ子は20歳をとうに過ぎ、いつの間にか私と遊園地には行かなくなった。

ちょっと寂しいな。

あの頃、夫と兄貴達に留守番をさせて、二人だけで出かけて行ったっけ。

 

まず、我々が行くのは夏の終盤。←夏休みの宿題ラストスパートだから、来客が少ない。

そしてロマンチックナイターと呼ばれる夜間営業の時間帯。←暑さ対策。

いざ!出陣!!

 

パンフレットに沿って、全アトラクションを制覇する勢いで行くのだが

いつも直前で回避する乗り物。

それはジェットコースター。

私は中学生の頃、修学旅行で行った富士急ハイランドで乗ったジェットコースターの

横Gに耐えきれず、しこたま顔面を鉄のバーにぶつけたという痛い経験をした。

それがトラウマになり、以来そういう危ない乗り物は極力避けたいと思ってきた。

でも、せっかく来たサントピア。

メインのジェットコースターに乗らないなんて実にもったいない。

それに、私が乗らなければ、娘は一人で乗ることになる。

・・・しかし

乗り場入り口で、どうしても一歩が踏み出せない。

かくして、娘はいつも一人で乗り込むこととなるのだった。

 

乗り物も、安全第一とは言ってはいるが、事故がないわけではない。

その確率がたとえ何万分の1だったとしても、もしかしたら

自分がその1に遭遇しちゃうかも

…などと考える私は臆病者(ノД\lll)なのである。

 

1番好きな乗り物はやっぱり無難な観覧車。

山の上の、そのまた上から眺める夜景はロマンチック…

ではないが、ゆっくりゆっくり流れる時間が心地よい。

 

しかーし!

 

ここでもまた

てっぺんで止まらないといいけど…という考えが頭をよぎる。

どこまでも臆病な私なのであった。((((;;OдO;lll))))

 

いくつになっても遊園地って夢の国。

どれだけ年齢を重ねても、気持ちだけははこどもに戻れる。

そんな我がふるさとのサントピアワールド。

 

また行きたいな。

 

ジェットコースターには乗らないけどね。

 

~今日の一句~

  童心に かえってふたたび 遊園地