だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

食わず嫌いを克服した~お寿司っておいしいんだね

 


先日、娘がごちそうしてくれると言うので、お寿司を食べに行ってきた。

回転寿司だと思ったそこのあなた!

 

正解です。(*^▽^*)

 f:id:syouyudango:20190827101040p:plain

回転寿司にもいろいろあって、わりと高級な店は一皿500円!なんて所もある。

そちらは1年に1、2度、行くか行かないかという程度で、もちろん主流は100円寿司。

今回ももちろん100円寿司。

 

100円回転寿司と、若干高めの回転寿司と、回らない寿司屋の違いは…というと、

当たり前だけど、回らない寿司屋さんは、職人が握る。

その日の朝、市場で仕入れて来たばかりの新鮮なネタを使う。(多分)

100円寿司はもちろん冷凍。

握るのはまあ誰でもいい。

高校生でさえ奥の厨房でバイトしてるくらいなので、本当に誰でもいいのだろう。

最初はびっくりしたが、シャリマシーンとやらで形作られたシャリの上に、

これまたカット済みのネタを乗せるだけなので、誰でもOK!なのも頷ける。

それでも100円寿司って充分おいしいよね。

高級回転寿司の皿の模様を気にしながら食べるより、よほど精神衛生上好ましい気がする。 

 

子どもの頃に食べられなかったものが、大人になって食べられるようになるってことがあるが、

私の場合はそれがお寿司だった。

実は、これを食べらるようになったのは、ほんの数年前。

それまでお付き合いで(しかたなく)行く回転寿司ではエビ、イカ、タコのヘビーローテーション

まさしく食わず嫌いというやつだった。

  

 そんな私が、なぜお寿司を食べられるようになったかというと、

それはひとえに娘のおかげなのである。

 

彼女の大好物はお寿司。

この世の終わりの最後の晩餐はお寿司と決めているらしい。

「毎日お寿司が食べたい♡」

「できればお昼のお弁当もお寿司がいい♡♡」

「朝昼晩三食お寿司でいい♡♡♡」

  ・・・と豪語するほどの寿司好き。

水族館のレストランでも平気で海鮮丼を食べるタイプ。←これはフツーか?

 

そんな娘が社会人になり、たびたび私を回転寿司に連れて行ってくれるようになった。

彼女が実においしそうに食べるものだから、私の方も

おいしいの?→本当に?→じゃあ、ひとつ食べてみようかな?→あれ?おいしいじゃん

→また行こ♡♡♡というパターンを何度か繰り返すうち、

今ではお寿司が好きになった。

お肉の次に。。。

 

おいしそうに楽しく食べるって本当に大切なことなんだね。

お子さんの好き嫌いでお悩みのお母さんは、まずご自身で

おいしそうに食べてみせることをお勧めする。

今嫌いな食べ物も、後々大好物になるってことも大いにあり得るし、

まして、その嫌いなものを今食べないと死ぬってわけでもないのだからね。

遅ればせながら、私も今ではフルメニューを食べられるまでに成長した(*^▽^*)!

今思えば、エビ、イカ、タコしか食べないこの母を、娘はよくぞ気長に誘ってくれたものだ。

  

最近あちこちで回転寿司店が林立し、それぞれで多様な戦略を仕掛けている。

そして「これ誰が頼むの?」と思うようなオリジナル寿司も次々と出て来る。

度肝を抜かれたのは、エビの天ぷらが2尾、シャリの上につき立てられているもの。

その絵面を想像してみてほしい。

何が見えた?

私はあの 犬神家の一族 (゚Д゚;)

湖に逆さに沈められたあのワンシーンが頭をよぎったのだ。

製作者の意図するものは一体何?

立たせる意味が全くわからない。

単に天丼を意識したのだとしたら、エビ天はぜひ寝かせておいて欲しい。

 ただ

「これ誰が頼むの?」と思ったそのエビ天寿司も、たまに目の前を通り過ぎていくので、

頼む人は確かにいるのだ。

 

 
~今日の一句~

  近頃は 庶民の味が 回る寿司