だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

長男の自由研究~墓場まで持って行くはずだった話

今週のお題「わたしの自由研究」

 

私の子どもの頃と言えば、もう半世紀も前。

今と変わらず、夏休みの宿題のメインイベントは自由研究だった。

自由とはいえ、「研究」と名が付くのだから、理科的なものをしなければならないと

ずっと思っていた。

 

そんな自分の自由研究は、6年間ずっと同じテーマ。

題して『温度調べ』

朝昼夜の決まった時間、決まった場所で気温を記録するという、ただそれだけのこと。

でも、今考えると、朝昼晩、同じ場所で、同じ時間に…というのは到底無理な話である。

時は夏休み。

海にも行くだろう。

親戚の家にも行くだろう。

さらに言えば、朝寝坊する日だってあったはずだ。

 

『この子は夏休み中、どこにも行けなかったのね』 と思われたかな。

もしかしたら『かわいそうな子ども』 と思われたかもしれない。

先生なんかは『調子よく仕上げて来たな』 と思っただろう。

 

はるか昔の私の自由研究の思い出である。

 

我が子は三人。

彼らもこの自由研究には、相当苦労していたようだ。

出来栄えはどうであれ、次男と長女はそれなりにやっていたのだが、

問題は生来ののんびり屋である長男。

 

夏休みはどんどん過ぎてゆく。

それでも、もう少しだけ様子見で行こう、と我慢我慢我慢。

しかし一向に進まず、マイペースの長男に、イライライライライラ。

満を持して私の登場!と相成るのであった。

f:id:syouyudango:20190905090446p:plain

 

そう、大きな声では言えないけど、

彼の自由研究には私の手が大いに入っていたのだ。

それも毎年!

 

あれは忘れもしない長男5年生の夏休み。

自由研究のテーマは『危険な夏』

その内容はと言えば、朝昼晩の温度調べ。

↑ どっかで聞いたことがあるような、、、

どれだけ年月が経ってもやることは変わってない、、、と思ったでしょ。

 

そのとおりだね。(*^▽^*)

 

彼の場合は、朝昼晩、我が家の駐車場の気温と、

そこに停めた車の中の温度を調べるというもの。 

 

 

最終的に

「駐車場に停めた車に、子どもを置き去りにすると危険だよ!」

という結論で締めた。

 私が! …ね。

 

でもね、ここから大問題が発生したんだ。

 

その自由研究が、クラス代表となり、学年代表となり、学校代表になった。

最終的に、学区外の研究会?にまで進んでしまい、そこで研究発表をすることになったのだ。

 

た た た た 大変だあああ!

 

・・・・・と、私の記憶はここまで。

 

どうにかこうにか、こなしたのだろう。

立派な表彰状をいただいてきた。

 

今、当の長男は、この件については忘却の彼方。

そんなものなんだね。

 

毎年文化祭では、夏休みの自由研究も展示されていた。

職人か??と思われるような工作や、卒論ばりの研究も数点。

オトナの手によるもの…が丸わかりである。

 でも、我が子の自由研究に親が手を出すって、悪いことではないと思う。

夏の終わりに、家族そろってせっせと取り組む姿を想像すると、

ほほえましいとさえ感じるのだ。

 

~今日の一句~

  もう時効 本人ですら 忘れてる