だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

いろいろと想像してみた

f:id:syouyudango:20190908145435p:plain


さすがにこの年齢になってからは聞かれなくなったが、

生まれ変われるとしたら何になりたい?

と、聞かれたことがある。

~~~

何になりたいかと尋ねられれば、やっぱり人間だな。

少し前に、自分の前世を占う…みたいなやつがあって、

やってみたら、私の前世は

ティッシュペーパーだった。

人間じゃなかったんだ。(゚Д゚;)アワワ

 

職業はものづくりの人。

いわゆる職人さん。

世の中に流されず、頑固一徹、自分の作品を生み出す人になりたい。

デビ夫人のようなスポンサーがいて、生活の心配をしないで、没頭できる環境でね。

 

生まれ変われるとしたら、男か女かどっちがいいか?…とも聞かれた。

~~~

私は長らく女で生きて来て、いいことはもちろんあったけれど、

その不都合さも少なからず経験したので、次回はぜひ男性を経験してみたい。

そう言うと、世の男性諸氏から「男の苦労も知らないで」…という声が聞こえてきそうだが、

考えてみて欲しい。

男の人に同じ質問をした場合、ほとんどの男性は

「また男に生まれたい」と言うはずである。

私の経験上「女になりたい」と言い放った男はひとりだけ。

その男は、私が「男になりたい」と言ったものだから、

では自分が女になって私と結婚する…とか言っていた。

へんなやつだった。

笑える。

言っておくけど、今の夫ではないから。。。

 

幼い頃に戻れるとしたら何歳の頃に?

~~~

20歳くらいかな。

ただ、それには条件があって、今と同等の精神力を保ちながらってこと。

私は今、ようやく少々のことでは動じない年齢になった。

あらゆることに、まあ何かなるでしょという…ととらえることができるようになった。

 

若い頃は、他人にどう思われているかとか、こんなことをしたらよろしくないのではないかと、

常に世間の目を気にして生きて来たような気がする。

 

ある人がAがいいといえば、Aを受け入れた。

また、ある人がAは駄目だといえば、Aを手放した。

そうすることで、ものごとすべてが丸く収まる。

今になって思えば、何ともったいない生き方を選択してしまったのだろう。

時間はもう戻らないのだけど、もし叶うのならば、

この精神力を持って20歳の頃に戻りたいと思う。

そしていろいろなことに挑戦したい。

旅行もスポーツも読書も勉強も・・・

あっ、でも、学校の勉強はしなくていいかな。

 

ちなみに夫は、生まれ変わったらジャニーズなんだって。

ほおおおお。

言うのはタダだ。

娘は大金持ちのひとり娘。

f:id:syouyudango:20190908151332p:plain

男→男の次に生まれた女の子だったので、私は天にも昇る気持ちだったのだけど、

本人的には兄ふたりはいらないらしい。ニイチャンカワイソ…

 

ひとり娘かあ。

私も三人兄弟の末っ子だったから、その気持ちわからなくもないのだけど、、、

でも年齢を重ね、親を見送る年齢になってみると、兄弟ってありがたいと思うんだよね。

 

~今日の一句~

  不可能と わかっていても 夢は見る