だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

人生いろいろ~私達の結婚事情

昨日はTOKIOのリーダーのご結婚おめでとう♡♡♡

www.syouyudango.com

 ちょっと前には俳優Kと女優M。

女優の方はご懐妊のウワサがちらほら。

水泳の荻〇選手は歌手のm…と、まさかのデキ婚。

休養中のオリンピック候補選手が何やってるんだって、随分怒られたっぽい (^-^;)

 

最近の結婚発表、キッカケはやはりコレだね。

 

順番が違う!

なんてことは、今では大したことではなくなっている。

「妊娠はしていないそうです」なんてわざわざ言ったりしてるのは苦笑いだが、

まあキッカケはなんであれ、お互いが幸せになるならば

他人がどうこう言うことではない…とは思う。

 

 f:id:syouyudango:20190929131050p:plain

結婚って、夢があって華があっていいよね。

私くらいになると、結婚式よりは圧倒的に葬式の方が多くなり、

とても寂しいのである。

 

私の娘時代=今から約40年位前のこと。

テレビで「25才たち・危うい予感」という、今で言うところの

トレンディドラマが流行っていた。

当時私達の間では、是が非でも25歳までに結婚するのだ!

という暗黙の了解のようなものがあった。

あの子よりは私の方が先に…なんて思っていたね。

 

女性をクリスマスケーキに例えることがあった。

ウリ時は25日まで、それを過ぎると売れ残りというわけ。

随分失礼な言い分であるが、言い得て妙である。

最近では平均初婚年齢が随分高くなり、男性が31、女性が29というから、

クリスマス通りこして、もういくつか寝るとお正月…というところまで来てしまった。


高校を卒業してからもずっと付き合っていた友人達がいる。

今では年賀状のやりとりだけになってしまったが、私を含めた4人組で

「この中で一番先に結婚するのは誰か?」

などとテレビドラマさながらのお喋りをしていた。

 

結果的には、一番遅いだろう、もしくは一生独身じゃないか、

と思われていたK子がいち早く、22歳で職場結婚した。

今では私達の中で唯一のおばあちゃんになっている。

 

その次が随分時間があいて私。

27歳だった。

目標としていた25歳には間に合わなかったけど、

それでも30年以上連れ添っているからこの結婚で良かったのだと思う。

阿部寛似だったはずの夫は、今では見る影もなく、

斜め上から見ると、薬物か何かで捕まった「ミニにタコ」の人になってしまった。

カナシイ。。゚(゚´Д`゚)゚。

まあ、私も見た目それなりだからお互いさまではある。

傍から見ればどちらもくたびれた老夫婦に見えるだろう。

間違いなく。

 

次が29歳で結婚したE子。

E子は中学校の教員と結婚して4人の子どもに恵まれたのだが、

一番下の子が2歳位の時、ご主人を白血病で亡くした。

以来ずっとひとりを貫いている。

それどころか、今もご主人の実家でその義両親、義姉と暮らしている。

すごいな。

うん、すごいとしか言えない。

 

そして最後がS子、32歳位だったかな。

 正直なところ、この結婚自体、今もよくわからない。

誰かと付き合っているとか、婚約したとか、何も聞いていなかったのに、

ある日突然披露宴の招待状が届いた。

出かけて行ってみれば、ご主人は再婚で、男の子がひとりいた。

後で聞いた話では、大きい声では言えないが、不倫略奪結婚 だったらしい。

こちらもすごいな。

別の意味で。

 

あれから数十年経ち、

年賀状で近況報告する程度のお付き合いになってしまったが、

みんなそれぞれ、それなりに何とか暮らしている。

 

山あり谷あり、人生いろいろである。

 

近い内に還暦祝いで集まりたいな。

のんびりしているうちに、会うことなくそのまま・・・なんてことになるかもしれないもの。

 

~今日の一句~

  気がつけば あの日の少女も 還暦に