だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

デーモン閣下に拝謁して来た~私が聖飢魔Ⅱを好きな理由

10月3日デーモン閣下の邦楽維新 Collaboration 妖気爛漫!坂口安吾を観てきた。

当日、開演は19時、終演予定時刻が21時半。

随分長くやるんだなとは思っていた。

会場は小さくて全868席、周りを見渡すとほぼ満員。

私の席は一番端…とはいえ、前から10列目で概ね視界良好である。

加えて普段使わない「良く見えるメガネ」のおかげで矯正視力2、0よ。

 f:id:syouyudango:20191005160504p:plain

今や遅しと閣下の登場を待った。

そして

グワハハハハハハハハハハ~~~(←おなじみ閣下の雄叫び)

聖飢魔Ⅱ時代と変わらず、初っ端から閣下による影アナウンスで始まった。

すでに胸いっぱい♡ お腹もいっぱい♡♡

 

とうとう始まった~~~~~

 

~内容詳細はネタバレ厳禁のため、書けない~


デーモン閣下の邦楽維新Collaboration』は今年で20年目だという。

詳細はコチラ ↓↓↓

demon-kakka.jp

 

 

今回のテーマは坂口安吾の『桜の森の満開の下

これを閣下が朗読し、邦楽器の音色とともに演じ、舞い、時に歌う。

これぞ幽玄の世界って言うんだろうな。

 

客層は、坂口安吾派とデーモン閣下を見たい派に分かれていたような気がしていたが、

終わってみれば

とにかく良かった。

その一言に尽きる。

そして聖飢魔Ⅱ時代の曲も一曲あり、それも邦楽器をバックに歌ってくれて、感無量。

終了予定時刻の21時半をだいぶ過ぎて、会場出たら22時、帰宅したのは23時近かった。

 

それにしてもデーモン閣下の歌はスゴイよ。

 

聖飢魔Ⅱのステージを見てみたいとあらためて思った。

もし、万が一、再結成するとしたら、北海道だろう沖縄だろうが

 

絶対行く!

 

つもり。。。多分。。。ね。

 

 

何度もいうが、私はこの年齢にしてデーモン閣下、そして彼が率いた聖飢魔Ⅱというバンドを

愛してやまない。

長年の…ではなく、ここ5~6年のにわかファンである。

それまでは「デーモン小暮」や「聖飢魔Ⅱ」という名前のみと、あの妙な恰好だけが印象に残るグループということだけ。

それが何故???

そのきっかけは…と言えば、子ども番組『ポンキッキーズ

もちろんリアルタイムではなく、偶然見ていたYouTubeの一コマ。

そこで、閣下が小さい子ども達の質問に応えているのだが、最後にメッセージを…

というところで語ったのがこのひとこと

 

『納得のいかないことには納得したと言うな』

 

当時、人間関係でほんの少しだけぐらついていた私は、この言葉に随分勇気づけられたのだ。

 

コレコレ↓

デーモン閣下におたずねします - YouTube

 

それ以来、聖飢魔Ⅱを心のバイブルとしているのである。

 

余談だが、テレビで見るデーモン閣下は、小太り気味?に見えるのだが、

実物は細身で、背の低いモデル体型という感じ。

あの体であの声量はスゴイ!

 

こんな感じで閣下LOVE❤️なのである。

 

~今日の一句~

  動画でも いいけどやっぱり ナマがいい