だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

そろり冬支度・そのⅡ~クリスマス

 早くもクリスマスケーキのチラシをもらってきた。

 

f:id:syouyudango:20191021092810j:plain

 

1年早いね。

ついこの前新年を迎え、「今年は年女!」なんて言っていたのに、気がつけば誕生日は目の前。

もうすぐ正真正銘の還暦になってしまう。

 

  ↓↓↓こちらが冬支度・そのⅠ

www.syouyudango.com

 

私は平均的な日本人である。

新年には神社へ行くし、法事にはお寺へも行く。

デーモン閣下にも会いに行ったし、仮装こそしないものの、ハロウインだって楽しむし、節分には豆まきだってする。

 

よって、

クリスマスは大好きである! 。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚

 f:id:syouyudango:20191021094306p:plain

 

クリスマスと言えば、プレゼント。

実は私、小学校の高学年になるまでサンタクロースの存在を信じて疑わなかった。

何日も前からサンタさん宛の手紙を書き、母親に託す。

母親がそれをどんなルートでサンタクロースにわたすのか???

そんな疑問も確かにあったのだが、ただただプレゼント欲しさに手紙をしたためる。

 

そしてクリスマスの朝、枕元に置かれたプレゼントを発見して狂喜乱舞するのであった。

 

 

時が経ち、立場は変わった。

今度はサンタクロースへの手紙を預かる側になった。

 

自分の時のことは棚に上げて言うが、、、

 

我が家の子ども達3人、遠慮もなく好き放題の希望を書いてきた。

テレビのヒーローグッズ、武器、魔法少女グッズ等々…。

いわゆる一過性の人気商品である。

私には毎年毎年同じ物のように見えるのだが、彼らに言わせると

「ぜんぜん違う!」のだそうだ。

 

そして毎年、年末年始に向かう時期、私の財布は寂しくなるのであった。

 

親の懐事情など、子どもは知る由もない。

今考えると、実家の両親も万障繰り合わせて3人分のプレゼントを用意してくれていたのだろう。

 

今さらながら感謝感謝である。

 

 

もうひとつ、クリスマスケーキ。

 

今でこそケーキって一年中食べられるけれど、昔は特別な日だけ…と相場が決まっていた。

特にまるごとのケーキなどは、クリスマスか誕生日でもなければお目にかかれないのだ。

 

それはまず、外箱からして違う。

今の箱はちょっと光沢があり、やわらかめ。

サイドを開き、ケーキをスライドさせて取り出すのが一般的であるが、

昔はちょっと豪華な厚手の紙箱で、その深い蓋を上方へ持ち上げて開ける。

と、そこには神々しく、なんとも麗しいケーキが鎮座しているのだ。

こっちの仕様をご存知の方は同年代という判断で良いかな???( *´艸`)

 

あの頃は周りが全部同じように貧乏な時代だった。

だからこそ1年に1度の丸ごとケーキに心から感動できたのだろう。

今、クリスマスケーキを見ても残念ながら感動はしない。

楽しいけど、嬉しいけど、おいしいけど、感動とはちょっと違うんだな。

 

~今日の一句~

  楽しいね 還暦だって 夢を見る