だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

住めば都

この年齢になるまで、転居を経験したのはわずか2回しかない。

 

最初は結婚した時。

私達の新婚生活は、築数十年の木造アパート、その2階の2Kから始まった。

安普請ゆえ、日常的に隣近所の生活音が聞こえてくる。

時折、なんともエロティックなお声が聞こえてくることもあった。

逆もしかりで、私達の話声や足音なども聞こえていたことだろう ^_^;

集合住宅、特にオンボロアパートの住民としては、お互いさまなのである。

 

ここで私は2回、恐怖の体験をしたことがある。

 

私達が寝ている部屋の窓越しに、隣接するおしゃれなアパートのベランダがあった。

何度も言うが、2階の部屋である。

夜中、ふいにベランダのガラスが割れる音で目が覚めた。

続いてドタバタと走り回る足音。

そして

「110番してえええええええ

 

f:id:syouyudango:20191114090321j:plain

 

闇をつんざく女性の叫び声。

 

??????

 

間もなくしてお巡りさん登場。

 

翌日聞いた話では、その部屋に住む女性の元カレが復縁を迫り、ベランダのガラス窓を割って侵入したとのこと。

 

怖かったわああ。

 


もうひとつ

これは同じアパートの向かいの部屋に住む独身女性。

時折、彼氏(見るからに道ならぬ関係)を自分の部屋に招き入れていた。

同じ職場の上司といった感じで、ガリガリのメガネ男である。

 

ある日、たまたまケンカをしたのだろう。

その男が帰り際、ドアの外で彼女を一発平手で殴ったのだ。

 

それを見ていた同じアパートに住むオヤジ激怒 o(`Д´#)oゴルァ!

 

 

彼女とは縁もゆかりもないただの住人。

独り者で、見るからに腕っぷしの強そうな強面である。

今考えると、もしかしたらこの女性を少なからず想っていたのかも知れない。

 

その現場を目撃するやいなや、不倫男をとっつかまえて後ろ手を絞り上げた。

 

(オレの好きな)女に手を挙げるなんて許せねえ」

 

とでも思ったのだろうか。

 

ガリヒョロメガネの不倫男を路上に押し倒し、柔道の寝技のごとき体制をとる。

そしてそばで見ていたおばさんに、紐を持って来るように頼んでいた。

この上、縛り上げようというのだ。

 

お白州か???

 

間もなくお巡りさんがやって来て、不倫男の方を連れて行ったのだが、お縄にされるべきはオヤジの方ではなかろうかと思ったほどだ。


長男が小学校を入学するのを機に、この地に居を移した。

早いものでもう25年。

来たばかりの頃は〇〇村。

信じられる?

『村!』だよ。

 

 f:id:syouyudango:20191114085009j:plain

 

今は市町村合併で市に昇格したけれど、人口は年々減り続けている。

子どもの姿を見かけなくなり、行き交う人は老人ばかりの寂しい街になった。

でも、言い換えれば静かで落ち着く…とも言える。(-_-) 

 

住めば都だ。

 

ずっとこの街に住みたいと思っているのだが、ココが終の棲家になるかどうかは今後の私の健康状態による。

 

~今日の一句~

  健康で 静かに余生を 送りたい

 

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街