だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

朝っぱらからネズミ捕りにつかまった!

 

 

 

まずは昨日のアレのご報告。

 

www.syouyudango.com

 

残念ながら家の中にも、車の中にもなかった。。゚(゚´Д`゚)゜。

コートのポケットの中にも。

最後の望みは職場のデスクかロッカーの中。

ココに一縷の望みをかけて今朝出勤して行った。

 

 

本題、

まったく朝から最悪である。

 

朝っぱらからネズミ捕りにひっかかってしまった!

 

何㌔オーバーしたかって?

 

ザンネン!

 

コレだ!

 f:id:syouyudango:20191118091827j:plain

 

もろネズミ捕り。

 

今朝リビングのカーテンを開けようと、窓際に近寄った瞬間

????

一瞬左足が上がらなくなった。

なんだ!?

どーした!??

よーく目を凝らして見たら・・・なんとコレ、ネズミ捕りではないか。

 

確か昨夜2階に上がる前はなかったはず。

一体誰が?

いやがらせか?

 

しばらくすると娘が起きて来て、全ての真相が明らかになった。

 

娘はいつも帰宅が遅い。

必然的に遅い時間に一人リビングで夕食をとるということが最近は多かった。

いつものように遅い夕食後、一人でテレビを見ながらくつろいでいたら、なんだかテレビのあたりから物音がする。

擬音を文字にするのが難しいが、彼女が言うには

『ぐずずっ…ぐずず…』

っという音らしい。

その話は先日来チラッと聞いていたのだが、日中ずっとリビングにいる私はそんな音に遭遇したことがない。

ゆえに、娘の話を真に受けることはなく、華麗にスルーしていたのだ。

 

ところが昨日の夜、やつがまた来た!らしい。

姿は見えないが確かにいる。

何かはわからないがそこにいる。

さあどうする???

 

彼女の出した結論は『捕獲』である。

 

思い込んだらまっしぐらの彼女はすぐさまコンビニに車を走らせた。

そう、ネズミ捕りを買うために。

そこに私がいたら、全力で彼女を止めただろう。

音の正体もわからないのに。。。

夜中なのに。。。

 

そして

ネズミ捕りにネズミはかからず、朝一番に私が引っ掛かったということである。

 

夜中にネズミ捕りを買いに来たうら若き女性を店員さんはどう思っただろう。

それも大人買いだ。

ハウス型ねずみとりをふたつ、シート型ネズミホイホイをふたつ。

おまけにゴキブリホイホイまで購入してきた。

私はそのシート型の方に引っ掛かったのだけど、その前に、ハウス型のネズミ捕りには気がついていた。

…というより、ド近眼の私は、それがミスター〇ーナツの箱だと思っていたんだ。

「まあ、誰かのお土産だわ~。おやつに食べよっと♡」

 

 f:id:syouyudango:20191118100337j:plain

 

シート型につかまった瞬間に、私は気がいた。

あっアレはミスター〇ーナツじゃない…と。

ダブルショックである。

 

 f:id:syouyudango:20191118091926j:plain

 ↑ 似てるよね、ミスター〇ーナツ…

 

しかしここでひとつ反論したい。

私はここ30年以上、ネズミなど見たことがない。

もちろんこの家に引っ越してきてからも、ネズミはおろかゴキブリだって見てはいない。

ということは、娘も見たことはないはずである。

出しっ放しのリンゴもバナナもかじられたことなど一度もない。

 

一体何をもってネズミと判断したのだろう。

『ネコを飼いたい』アピールか???

 

それにしても娘は今、財布とキャッシュカードを紛失中である。

財布もお金もないのにどうして買えたのか。

なんと娘、クレジットカードを使ったのだそうだ。

深夜のコンビニで大量のネズミ捕りをクレジットカードで購入する若い女

 

見るからに変だな。

 

~今日の一句~

  ネズミ捕り つかまったけど 罰金ナシ