だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

銀杏とばあさん

今週のお題「紅葉」

 

 f:id:syouyudango:20191128091550j:plain

 

新潟の紅葉は既に終わり、早くも冬に突入している今日この頃である。

南北に長い日本列島。

紅葉前線は今頃どこらへんにいるのだろう。

 

昨年6月、2泊3日で京都を旅行した。

娘とふたり旅である。

 

はるか昔、高校の修学旅行で行った時とは心構えがまるで違う。

あれも見たい、あそこへも行きたいという貪欲さがあった。

大体高校生などが、寺や神社に興味があろうはずはない。

私達ももちろんしかりで、体験学習に組み込まれた座禅などは、全員がボイコットするような勢いで、イヤイヤ参加させられていたのを思い出す。

 

そんな記憶を甦らせつつ、娘に手をひかれ、背中を押されてあちこち観光してまわった。

どこもかしこもテレビや雑誌で見たことのある風景に、テンション上がりまくりである。

来年もまたこの地を訪れたいと思った。

そして

「次は是非紅葉の季節に」…とリクエストしておいた。

 

一年経ち今年、娘のリフレッシュ休暇は12月ということになった。

残念ながらもう紅葉には間に合わない。

今年は無理だが、ひとめ京都の紅葉を見てみたいと思っている。

生きているうちにね。

 

しかし「紅葉を見たい」気持ちになるなんて、私も随分大人になったものだ。

高校生の自分に自慢してやりたい。

「今度京都の紅葉を見に行くんだよ」…と。

 

こんなことを書いていながらなんだが、やはり私は花より団子である。

 

黄色く色づいたイチョウの木の下に転がる宝石。

 

  f:id:syouyudango:20191128091530j:plain

 

ぎ・ん・な・ん♡loveである。

 

昔、ドライブ中に大量に拾って車に入れておいたことがある。

 

しばらくすると…。

 

くっ、

くさい。

くさい!

くさい!!

 

なんとも形容し難い匂いに、楽しいはずのドライブが台無しである。

せっかく拾った銀杏。

途中で全部棄てて帰りたくなった。

 

でも、

 

私のことだから、ひとつ残らず持ち帰ったのは言うまでもない。\( ˆoˆ )/

 

この銀杏、食べ始めると止まらなくなる。

子どもの頃、せっせと食べていると、いつも祖母に

「そんなにたくさん食べると鼻血が出る」

と言われた。

祖母は銀杏だけでなく

「落花生を食べると、、、」

「チョコレートを食べると、、、」と、

何でもかんでも

「たくさん食べると鼻血が出る」

と言っていた。

でもそんなことは一度もなかったね。

 

もしかして、おいしいものを孫に食べさせたくなかったのかな。

自分の分を食べられたくなかったのかな。

 

f:id:syouyudango:20191128091615j:plain

 

だとしたら、なんてばあさんだ!

 

普通、かわいい孫には自分の分まであげるよね!?

 

この季節になるとそんなことを思い出す。

私もそろそろあの時の祖母の年齢に近づきつつある。。。

 

〜今日の一句〜

  店頭で 銀杏見つけて 思い出す