だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

人生最期に食べたいものは

 今週のお題「いい肉」

 

子どもの頃の我が家、

毎月25日には必ずとんかつが食卓に上った。

父親の給料日が25日だったからだ。

ひと月に一度だけやって来る『とんかつの日』は、子ども心にも特別なものだとわかっていた。

 

今でも忘れられない。

その日になると、母はとても嬉しそうに夕飯の支度をしていたものだ。

今考えれば、随分ゲンキンだとは思うが、時代が時代だったからね。

あの頃、周りはみんな同じように貧乏で、とんかつといえばごちそう中のごちそうだったのだ。

 

 f:id:syouyudango:20191204163648j:plain

 

今ではごく一般的な献立で、我が家では結構な頻度で登場する。

考える必要もないし、たいして高くもないし、簡単だし、豪華にも見える。

何より揚げたてはすこぶる美味い。

たくさん揚げた日の翌日は、カツ丼かカツカレーで再登場である。

一度作れば二度も三度も変身して、私の貧弱なレパートリーを助けてくれている。

 

私はこの年齢にして、魚より肉の方が断然好きだ。

『いい肉』であろうとなかろうと、全然かまわないのだが、やはり

 

『いい肉』はいい!!

 

f:id:syouyudango:20191204121215j:plain

 

↑ コレは6月に行った瀬波温泉で食べた村上牛。

わずか三切れしかなかったけれど、もう

 

『言葉にできない🎵』

 

くらいおいしかった。

自分には食レポは絶対無理!と実感した瞬間である。

 

本当に美味しい時は言葉など出てはこないだろう。

「まいうぅ~」

とか

「ウマーベラス

とか

 

邪道だから!

 

もちろん一般庶民ゆえ、普段は『いい肉』など食べられない。

 

焼肉は定額食べ放題。

ステーキは『M〇YA』か『いき〇り』がホームグランドである。

オージービーフだろうと、デンマーク産豚肉だろうと、ブラジル産鶏肉だろうと、一向にかまわない。

それでも十分おいしい。

おいしいものを食べられるって嬉しいよね。

幸せだ。

 

そんな私が作るのだから、我が家では肉料理の割合が非常に多い。

それに対して、夫も子ども達も異議を唱えることはない。

牛も豚も鶏もなんでも来い!だ。

特に鶏のから揚げなんかは大量に作っても残ることはまずない。

翌日のお弁当に入れようと思っていた分さえ食べられてしまい、嬉しくもアリ悲しくもアリ…だ。

 

 f:id:syouyudango:20191204163845j:plain

 

人生最期の日に食べたいものは何か???

そう聞かれたら

私は迷わず『ステーキ!』と応える。

もう一度村上牛のステーキを食べるんだ!

それもおなかいっぱいになるまでね (*´﹃`*)ジュルル。。。

 

ちなみに、娘が小学校の卒業文集に書いた、

『人生最期の晩餐は?』

というお題に対する回答が

 

『おかあさんの作ったハンバーグ』

 

だって。

 

泣ける。

 

あれから十数年、

昨日もう一度聞いてみたら、今では

『100均寿司』

だそうだ。

 

安上りだ。

 

~今日の一句~

 とりあえず 今夜のメニューは 牛丼で