だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

久しぶりにトシくんを見たらずいぶんと・・・

最近、あちこちのテレビでトシくんを見かける。

ハッとしてグッ!のトシちゃんじゃないよ。

 

 f:id:syouyudango:20191207213700j:plain

 

5年程前になるだろうか。

私は愛すべきX Japanの日本公演を観に行った。

横浜アリーナ初体験である。

 

その当時、私は仕事関係でほんの少し落ち込んでいたのだが、

そんな私を元気づけようとしてくれたのだろう、

ソールドアウトのはずのチケットを、娘がどこからか、みつけてきてくれた。

 

「一緒に行こう」って。

 

時は12月。

娘は大学4年で、今の職場の内定をいただいていたものの、卒論にとても苦労していて、卒業不可を覚悟していた時期だ (ノД`)・゜・。

 

こんな時期にノー天気にライブ観戦なんて…と思ったが、

コレを逃したらもうX Japanのライブなど、一生見れないだろう。

本場のXジャンプも体験できない。。。

 

 

 f:id:syouyudango:20191207213615p:plain

 

「帰って来たらもう一度卒論を頑張る」

という約束で、私達は横浜へ向かった。

 

実際のX Japanはとにかく

 

すごかった!

 

その後、色々なアーティストを見たけど、あの日のライブ以上のものには未だお目にかかっていない。

今でもYouTubeを鑑賞しながら思い出すと、胸が熱くなる。

 

・・・ということで、冒頭の『トシくん』は、X JAPANのボーカルのtoshi君である。

 

でもね、ここ数年はなんだかちょっと違う。

 

モノマネ番組に出て来たり、

スイーツを食べまくったり、

お笑い芸人とバラエティに出ていたりする。

 

 f:id:syouyudango:20191128150150j:plain

 

貯金がなくなったのかな?

生活のために、仕事を選ばず、なんでもやっているのかな?

と思いつつ、

 

でも、

 

こんなtoshi君は見たくないよ。

 

そんなふうに思っていた。

 

最近見たテレビは、とりあえず歌番組。

往年の歌声は聞くことができなかったが、お笑い番組ではなかったので、よしとしようか。

 

でも、やっぱりtoshi君らしくない。

 

番組の中で、自作の絵を紹介していた。

前衛的?な大作の数々で、それはそれで『ふ~ん』とは思ったが、

彼の言葉の中に、気になる点がひとつ。

「どうして絵を描くようになったのか」

という質問に、

「いつまで歌えるかわからないから」

というような趣旨のことを話していた。。。と思う。

 

コレって、もう歌で勝負しないってことか?

 

確かに年齢と共に声は衰えてきているのだろう。

楽器ならば、年齢を重ねたら重ねただけ、熟練の味とか円熟の味となるのだろうが、人間の声ばかりは生モノだからね。 

toshi君は自分の将来を考え、いち早く違う道を探し出したのだろう。

 

これからだって、ずっと応援するつもりだけど、

でも、人生に保険をかけたような気がして、ちょっとだけ寂しい。

 

それにしてもtoshi君…

 

随分と『おばさん化』したように思う。

 

あーいうおばさん、確かにいるよね ^_^;

 

~今日の一句~

  いつだって 夢の世界の YouTube