だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

エンディングノートを買った

新年一発目の楽天ポチッ!が昨日届いた。

さて、今回何を買ったかというと、、、

コレ!

↓↓↓

f:id:syouyudango:20200110111923j:image

KOKUYO『もしもの時に役立つノート』

 

私も還暦を迎え、高血圧以外の持病はないものの、いつお呼びがかかるかわからない年齢になりつつある。

 

f:id:syouyudango:20200111100337j:image

 

私が突然いなくなったら、残された家族が絶対困るのはわかりきっているし、

それでなくても、いろいろやらなければならないことが吹き出してくるはず。

その右往左往している時間に、少しでも思い出や別れの余韻に浸ってもらえるように…と思ったのだ。

 

と言うより、

 

「亡くなった人にあれこれ煩わされるより、今その時間を生きる事の方が大事」

そして

「自分達の生活を大切にしなくてはいけない」

 

…と、亡くなった義母が折に触れ、よく言っていたのを思い出す。

それを聞くたびに

『年寄りのくせに、いいコト言うじゃないか』

・°°・(>_<)・°°・と、思っていた。

 

もしかしたら、

義母の意図するところは別にあって、私が都合よく解釈していただけなのかもしれないけどね。

 

子ども達には、

雑多なことに心惑わされず、

自分の生活のペースを乱すことなく、

私とお別れをしてもらいたいのだ。

できたら明るく。

 

f:id:syouyudango:20200111100356j:image

 

日常の些細なこと、

例えばゴミ出しの日程や、分別の仕方なども、今は全て私がやっているから、彼らは当然知らない。

知らなくても困らない。

 

隣にどんな人が住んでいるのかとか、

回覧板はどこへ回すのかとか、

水道光熱費は、どこの口座から、毎月何日に、いくら位引き落とされるのかとか、

今の自分達の生活上、一切心配する必要がない。

 

銀行口座も、

保険も、

親戚のことも、

まるで何もわからないけれど、何ら支障なく生活できている。

 

今は!…ね。

 

それらを面と向かって伝えたところで、子ども達は馬耳東風だろう。

聞いたフリをしているだけで、実は何も理解していないのが日常茶飯事である。

本当にわかってるのかどうか、裏付けをとるわけにもいかないので、それならばしっかり書き残しておけばコトは済む。

…と思った次第である。  

 

チラチラっと中を見てみたのだけど、ちょっと簡単には書けそうもないページもたくさんある。

告知延命処置について

介護について

葬儀について

お墓について

 

うん、考えること山の如し。

 

そして

一番の心配事といえば、このエンディングノートの存在を、誰に、どのタイミングで伝えるかということ。

せっかくのノートを燃えるゴミと共に捨てられちゃったら目も当てられない。

我が家の場合、その可能性、大いにあり得る。

 

ところで

 

f:id:syouyudango:20200111101358j:image

 

『だんごのきもち』はどうすればいいのかな。

この存在は、読者様とはてな様と私しか知らない。

私亡き後、

よもや子ども達の目に触れることにでもなったら、あたしゃ恥ずかしくて穴があったら入りたくなるよ。

 

〜今日の一句〜

  子どもには カネは残さず ノートだけ