だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

難題に挑戦してみた!

毎週木曜日は『今週のお題』を書く日。

そして今日は木曜日。

 

でも、

 

今週のコレは、私には無理だわ。

だって、私

 

勉強してないもん!

 

いや、

当時は確か『勉強』していたような気もする。 

寝る時間を惜しんで、

睡魔と戦い、、

空腹と戦い、、、

 

f:id:syouyudango:20200123083446j:plain

 

でも、

結果が伴わなかった。

テストのたびに

 

「次こそは!」

 

と何度意気込んだことだろう。

 

意気込んでいるうちにその時期は終了してしまった。

 

f:id:syouyudango:20200118173105j:plain

 

そして残念なことに、

自分がこんなだから、我が子達にもデカイことは言えなかった。

 

「勉強しなさ~い (*´ρ`*)」


とは何度か言ったけれど、そこはもう私の子♡

トンビは鷹を産まなかったということだ。

 

そんな我が家の子ども、勉強に関しては数々のエピソードを保有している。

武勇伝もあれば、黒歴史も数多あるのだが、もう十年以上も前のことだから時効と考え、その一部を披露する。

 

三人の内、上の二人、長男と次男は大の勉強嫌いであった。

私は最低限高校だけは…という感覚でいたのだが、

長男は大学を5年間も、

次男は高校2校を4年間も通ってくれた。

推して知るべし (*^^*)


この子達が高校生の頃の話。

 

恥ずかしながら今頃の時期、毎年のように学校から

『今のままでは進級に差しさわりが…云々・・・』

という文書が、親宛に郵送されて来ていた。

 

彼ら本人も1年生の時から毎年毎年、この時期になると俄かに焦り始める。

進級か留年かの瀬戸際である。

進級が決まらないことには次学年の教科書の購入ができないのだ。

そして、

最終的に春休みを補習と追試に費やし、次年度が始まる寸前にようやく(お情けで)進級許可をいただき、そのまま教科書を買いに走るのであった。(毎年)

 

その時、決まって私に言うセリフがある。

 

「今年は絶対ちゃんと勉強するよ!」

 

f:id:syouyudango:20200123084039j:plain

 

そうか、

 

頑張れよ。

 

でもそれ

 

去年も聞いたから!

 

f:id:syouyudango:20200108093216j:plain

 

ありがたいことに、

娘はそんな心配もなく、お金のかからない高校と、お金のかからない大学をスムーズに卒業してくれた。

これだけで、長女がすごくデキタ娘に見えるんだよね。

娘も兄二人を反面教師にしていたのかもしれないが、考え見ればコレってごく普通で当たり前のこと…だよね。

 ・ 

 ・

 ・

ってことで、

『勉強法』をご披露…などという大それたお題に無理やり挑戦してみた。

 

そして結論。

 

今週のお題『あなたの勉強法を教えて!』には、

 

ごめん、ヒト様に教えるような勉強をしてないわ。

 

・・・こんな感じ。

 

~今日の一句~

  勉強は するもしないも 自分次第

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ