だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

2分でほのぼの

朝の情報番組、めざましテレビ

『紙兎ロペ〜笑う朝には福来たるってマジッすか!?』

を毎朝見ている。

 

kamiusagi.jp

 

登場人物は(ヒトではないけど)

都立葛飾西高校2年の紙兎ロペと、ロペの先輩で3年生の紙リス、アキラ先輩。

他に、

友人達や、家族、商店街や学校関係者等々、、、

 

彼らを中心に、どこにでもありそうな日常のひとコマを描いているショートアニメである。

 

タイトルに『紙兎ロペ』とあるものの、主人公はアキラ先輩なのでは???と私は思っている。

いや、

どちらにしろ、いい味を出してるのは間違いない。

 

彼らだけでなく、

彼らを取り巻く人達(ヒトではないけど)がみんな個性的で、どんな絡み方をしてくるのか、それもまた見ていておもしろい。

 

加えて、

商店街や公園、

アキラ先輩の自宅の居間や、

最寄駅など、

出て来る風景が、モロ昭和の雰囲気を醸し出していて、朝からほのぼのするのだ。

 

f:id:syouyudango:20200127113840j:plain

 

今日のお話の場面はアキラの自宅。

 

二人でコタツに寝転がっている。

この日、アキラはダウンコートを買いに行く予定だった。

でも、アキラは

「寒いから出掛けない」

と言い出し、

そして、

「あったかくなったら買いに行く」

と言って再びコタツにもぐりこんだ。

 

そこでロペのひとこと。

 

「先輩、ナニ買いに行くんでしたっけ?」

 

暖かくなったらダウンは必要ないわけで、

「しょーがねえなぁ。行くか~」

・・・ということになるのである。

 

ありそうで、なさそうで、ありそうな話だ。

 

f:id:syouyudango:20200127112755j:plain

 

アキラ先輩の自宅居間。

居間と言うより茶の間と言う方がぴったりである。

畳敷きで、

タツがあって、

茶箪笥があって、

振り子時計があって、

ちょっと薄暗くて、、、

 

ほぼ半世紀前の自分の実家のようで本当に懐かしい。

 

初めの頃は、

人物相関(ヒトではないけど)がハチャメチャで、時に実在の芸能人なんかが登場したりして

『設定に無理があり過ぎるよ』

と思っていた。

でも、

かれこれ8年?も続いているということは、多少の無理も継続はチカラということなのだろう。

 

その時々で、タイムリーな人物や出来事を登場させてきたり、

なにより、

わずか2分の間に、これだけココロほっこりさせてくれるあたり、

 

この製作者サン、タダモノではない!?

 

f:id:syouyudango:20200112090205j:plain

↑ 

こんなふうに 

このわずか2分に私は毎朝癒されている。

 

〜今日の一句〜

 文字通り『笑う朝には 福来たる』