だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

おふくろの味

独身の時は実家暮らしで、キッチンに立つことなどほとんどなかった。

そこにはいつも祖母、そして母、時々姉がいて、

私は『ワタシ食べる人』に専念できる環境だった。

 

そんな私がごはん作りをするようになったのは結婚してから。

必要に迫られて…である、

 

f:id:syouyudango:20200219074103j:image

 

その時、料理本を3冊買った。

当時随分お世話になったその本、あちこちシミだらけ、調味料のニオイが染み込んでいるのだけど、

実は、

今でも時々取り出して使っている。

 

…とここまででおわかりだろう。

私は料理が得意ではない。

と言うか、この年齢にして

私は料理が下手である。

 

f:id:syouyudango:20200219074115j:image

 

コレもうセンスの問題だな。

私には料理のセンスが致命的に皆無なのである。

 

我が子達が文字通りの子どもだった頃、

毎日の食事のメニューに悩みまくった時期があった。

『今日は何にしようか』

と、朝から考える。

いや、昨夜のごはんが終わった瞬間に

『明日は…』

と考えていたような気がする。

 

それほど真剣に悩んでいた。

 

料理本どおりに、それなりにできた時はもう疲れ果ててしまう。

そして、

「おいしい♡」

と言ってもらうと、もちろん嬉しいのだけど、

「また作ってね♡」

と言われると、もはや同じ味が出せるかどうかわからないというプレッシャー。

『私って母性がないのかな』

などと本気で悩んだ時期でもある。

 

毎日お邪魔しているブログに、日々の食事の写真をアップしてくださる方が何人もいらっしゃる。

いつもそれを眺めつつ

『すごいなぁ』

と、思わずにいられない。

こんなごはんを食べられるなんて、ご家族は幸せだわ。

我が家では考えられないもん。

 

f:id:syouyudango:20200219074137j:image

 

既に成人済みの我が子達にとって

『おふくろの味』

ってなんだろう。

ハンバーグ?

カレー?

多分そんなところだな。

でも、

ハンバーグはハンバーグ◯ルパー、

カレーはハウスかSBのカレールー。

これのどこか『おふくろの味』なのだろう。

 

今一番の懸念は、

万が一、娘が結婚した時。

私のごはんを食べて育った娘は、私のごはんが一般的な家庭の食事だと思っている。

ゆえに、

栄養も何も考えていない、彩りも???な食事を臆することなく新婚の食卓に出すのでは…

と危惧しているのである。

 

そして息子達。

彼らも万が一結婚したら、盆暮れ正月のような日常の夕食にきっと度肝を抜かれるはず。

胃袋がさぞかしビックリすることだろう。

 

実は今、

若干の自己嫌悪を感じているのである。

私が母であり、妻であるばっかりに、私の貧弱な食事に慣らされてしまって、子ども達も夫も

 

気の毒だ!

 

コレはもう謝るしかないな。

もちろん心の中でだけ…だが (。-∀-)

 

幸いなことに

彼らは病気も怪我もなく、

健康に順調に暮らしているのだから、栄養だけは足りていたらしい。

 

良かった。

 

〜今日の一句〜

 近頃は あっという間に 出来上がり