だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

若者VS老人

温かくなったり寒くなったりを繰り返し、少しずつ春に近づいている今日この頃。

 

f:id:syouyudango:20200405142506j:image

 

昨日の晴天とはうって変わって今日は肌寒い。

我が家に3つある灯油缶が2つカラになり、3つ目もそろそろ底をつく。

こんな日が続くならもうひとつ買って来なくちゃダメかな。

 

いずれにしても、もうすぐ春。

 

f:id:syouyudango:20200405142608j:image

 

相変わらず世界中はコロナパニック真っ只中である。

某国では、

警察官が出歩いている人に暴行を加えたり、

腕立て伏せを強要したり、

何だこりゃ(・・?)

…的なことが横行しているようだ。

 

そんな様子をテレビで見るにつけ、

『こんな国に生まれなくて良かった』

と改めて思うのである。

 

もし日本でもこんなふうになってしまったらどうなるのだろう。

考えたらちょっと寒気がした。

 

私が思うに、

今の若者(この言葉はあまり良しとしないが)は単独行動が不得手のようだ。

複数人でいると、何故ああも強気になれるのか…と私はいつも思っている。

 

インタビュアーの言葉尻をとらえ、揚げ足をとり、最後には

 

「イエ~~~イ」v( ´∀` )v

 

で締める。

 

他人のご子息様のことながら恥ずかしくて見てられない。

 

そしてイマドキの年配者。

朝早くからドラッグストアの前に並び、開店とともに一目散にマスクをめがけて走り出す。

なんと元気なご老体 *\(^o^)/*

毎日日課のように並んでいるのだから、さぞかしマスクも大量にストックできていることだろう。

 

そうそう、こんなんだから最近は

 

若者VS老人

 

の図式で喧々囂々なのである。

 

f:id:syouyudango:20200405143054j:image

 

老人いわく

「若者が何も考えずに出歩くからウイルスが蔓延する」

「ストレスストレスというけれど、それはみんな同じだろう」

 

かたや若者は

「老人が買い占めるからマスクが買えない」

「そもそも老人は出歩かないのだからマスクなど不要」

「仕事に出なければならない若者にこそマスクは必要」

 

・・・とね。

 

どっちの言い分もわからなくもないが、

どっちもどっちと言えなくもない。

 

ここはひとつ我慢!だね。

そして思いやり。

 

f:id:syouyudango:20200405143116j:image

 

あとどれくらいで収束し、

それからどれくらいで平常に戻るのか、今は全くわからない。

みんなそれを知りたいよね。

終わりが見えれば、そこまでなんとか持ち堪えようと思えるだろう。

 

だからこそ、

それを予測建てできるように、今はなるべく家にいた方がいいのだと思う。

 

もちろんお仕事の人は無理だけどもね。

 

そんなことをふと思った日曜日である。

 

~今日の一句~

どれくらい 我慢をすれば 報われる?