だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

母の日

母親になって32年。

長かったような、

短かったような。

 

f:id:syouyudango:20200510084209j:image

 

小さい頃から

自分は24歳で結婚し、

子どもは3人、

それぞれ25、27、29歳で出産すると決めていた。

その内訳は一姫二太郎三ナスビ?で。

 

3人というのは、

自分が3人兄弟だったからという、

ただそれだけのこと。

 

f:id:syouyudango:20200510084126j:image

 

実際は

各々の予定から数年遅れての達成となった。

 

第一子は男の子。

出産後、

病院に来てくれた今は亡き祖母が、生まれたての我が子を見て泣いた。

その時は不思議な気持ちでいたけれど、

祖母の気持ちがなんとなく今、わかるような気がする。

 

数年後、

次は絶対女の子!と思っていた。

それも

女の子なら桃の節句の3月生まれがいいな〜などと夢見つつ、

なんと、本当に予定日3月某日をゲットした。

 

でも、

出産前に次男…と聞いて、心の奥底ではあぁ〜と思ったのもこれまた事実。

 

後に

次男がいろいろ問題を起こしたのは、もしかしたらこの時の、多少がっかりした自分への反逆だったのでは?と思う。

でも

回り道をしたものの、

今では普通に立派に社会人となってくれている。

 

さあ

ラストチャンスの3人目。

 

この時は妊娠中に性別を聞くのはやめておいた。

楽しみにしておこうというのではなく、ただ怖かったから。

「男の子ですねぇ」

などと聞かされたら、その後の期間を心穏やかに過ごせる自信がなかった。

 

そして

極力男の子だ!と思いこむことにした。

そう思っていれば、

男の子だった時に

『やっぱりね』

と思える。

もしも女の子だったら

人生最大の喜びを爆発させよう。

 

そう思って臨んだ出産。

 

娘がやって来た!

 

喜び爆発!

と言うより

安堵した…と言う方が正しいかも知れない。

 

『案ずるより産むが易し』

というけれど、

産むのはやはり大変だったわ。

 

子どもにとって、

私は一生母親なんだけど、

私にとって子どもはいつまでも私の子ではない。。。

と、最近思う。

 

それぞれが大人になった今、

『母』はもう卒業してもいいかな。

少しだけ寂しくもあり、

いっぱい嬉しくもあり、、、だ。

 

こんな私を母親にしてくれて本当にありがとう。

 

f:id:syouyudango:20200510084024j:image

 

今日は母の日。

 

〜今日の一句〜

 子離れを できずに数年 経過した