だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

自宅サイコー!!!

今週のお題「遠くへ行きたい」

 

私…

 

別に遠くへ行かなくても良いんだ

 (●´∀`●)

 

f:id:syouyudango:20200528174808j:image

 

生まれも育ちも新潟。

生まれてこの方、引越しはわずか2回。

 

結婚して

実家から車で10分程の所にアパートを借りた時、

そして家を建てて、移り住んだ時、

その2回のみだ。

 

自慢じゃないが、

この年齢まで文字通り

井の中の蛙🐸で、大海など知らずに生きてきた。

 

さらに言えば、

都会に憧れたことすら、一度もなかったし、

むしろずーっと死ぬまでこの地で静かにのんびり暮らしたいと思っていた。

 

そういう意味では予定通り。

 

そんな私が旅行で行った一番遠い所は

南半球オーストラリア。

後にも先にも海外旅行はこれだけだ。

 

楽しかったことは楽しかったけど、

 

まあ、

 

もういいかな。

 

飛行機…

怖かったし。

 

遠すぎるわ。

 

f:id:syouyudango:20200528174757j:image

 

幼い頃、

夏休みになると姉と2人で田舎の叔母の家へ遊びに行くという恒例のイベントがあった。

 

私はこれが苦痛でしかたがなかった。

 

あの当時、

叔母の家は家から電車で約2時間程の距離。

 

いつも大体2〜3泊するのだが、

叔母の家に着くやいなや、早くも帰りたくなってしまう。

 

いや、

実際は新潟駅に着いた頃から

「行きたくない」

「もう帰りたい」

と思っていた。

 

 ・゜゜・(/。\)・゜゜・.

 

出産の為の入院も、

帰りたくて帰りたくて仕方がなかった。

 

2回目の出産の時は、

産科クリニックが大繁盛していたこともあって、

出産後3日で退院してしまうという荒業をこなした。

 

それほど我が家の居心地が良いのだ。

 

実家サイコー!

 

自宅サイコー!

 

f:id:syouyudango:20200528174958j:image

 

だから、

進学や就職で地元を離れる友人達を見るにつけ、

彼らがことの他大人に、いや偉大に見えていた。

 

まして

海外留学など、私には考えられない偉業だ。

 

こんなんだから

自分の家を数日でも離れるということに、私は異常なほど不安を覚える。

(娘との旅行は別。何故だか別。。。)

 

それほど自宅大好き💕なのである。

 

それは

我が子達にもしっかり引き継がれてしまぅたようだ。

 

いい年をした3人が

今日も相変わらず、私の作ったごはんを食べる。

私が洗濯したパンツを履く。

 

あああ。

 

〜今日の一句〜

子離れで 大切なのは 覚悟かな