だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

暑中お見舞い申し上げます

年賀状と暑中見舞い。

節目節目に律儀に送っていたのは、いまは昔。

 

f:id:syouyudango:20200725075438p:image

 

近年

年賀状は10枚程度。

暑中見舞いに至っては、友人宛の3枚のみである。

 

それぞれが家庭に収まった後は、

お決まりのように疎遠になり、

年に2回のご挨拶状でお互いの安否を確認している。

 

書き出しはいつも

 

「あ久し振りです」

 

文末にはいつも

 

『近いうちにお会いしましょう』

が定番である。

 

私を含めて4人、

全員が決まってこの言葉で結ぶのだけど、

果たして本気でそう思っているのかは定かではない。

 

最後に集まってから既に10年近く経過しているので、

推して知るべしである。

 

社交辞令だね。

 

私の中でも、

会いたい=50

別に合わなくてもいいかな=50

である。

 

しかし

全員還暦を過ぎたわけだから、

もしかしたら次に会うのは誰かの葬式…

ということになるやも知れぬ。

 

で、

ふと思い立ち、

その内のひとりに久し振りにメールをしてみた。

 

彼女はひとり娘だったのだが、

結婚してご主人の田舎の実家に入り、

4人の子どもに恵まれたものの、

一番下の女の子がわずか2歳の時にご主人を亡くした。

 

f:id:syouyudango:20200725080049p:image

 

以来、

地元に戻ることもなく、

出戻りか行かず後家か知らないけれど、小姑も同居する田舎の家で

ずっと暮らし続けて今に至る。

 

ちょうど6月に誕生日を迎えた彼女に

お祝いも兼ねてのご機嫌伺いということだ。

 

「あ久し振りです」

「お誕生日おめでとうございました」

…と、

私の他愛のない暑中見舞いと近況報告。

 

しばらくして

ビックリ仰天返信メールを受信した。

 

なんと!

自宅の階段から落ちて肋骨2本骨折したとのこと。

 

f:id:syouyudango:20200725075614p:image

 

わりと

あっちが痛い、こっちが悪い、、で、

入院療養することが多い女性だったけれど、

今回の肋骨骨折には驚いた。

 

というより、

何故階段から落ちた?

 

そこが知りたい。

 

我が家も一直線階段で、

最上階でこけたら、一気に下まで転げ落ちる仕様だが、

最後の一段を踏み外すことはあっても、

骨折するほどの階段落ちは未だかつて経験したことがない。

 

長年住み慣れた自分の家なのだから、

動線はどっぶり身に染み付いているはず。

 

なのに落ちるって、

 

一体

 

ナニガアッタ?(´⊙ω⊙`)?

 

〜今日の一句〜 

使いやすい 便利な言葉 老化現象