だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

ようやく夏休み

この大雨で

近くの川の水位が上がり、避難勧告が出た地域があった。

 

f:id:syouyudango:20200801081708p:image

 

昨日の話。

 

15時40分頃、職場の電話がなった。

因みに職場は学校である。

 

電話の主は近隣の小学校の△△先生。

「◯◯さんをお願いしたいのですが」

 

◯◯先生は教務室に不在だったので、その旨を伝えた。

 

すると

先方の△△先生は明らかに不機嫌そうなため息をひとつつき、

ならば伝言を…ということなので、

私がとりあえず伺うことにした。

 

f:id:syouyudango:20200801081729p:image

 

内容は以下の通り↓

 

「近くの川の水位が上がり、避難勧告が出た為、児童は全員15時30分の下校が決まった。

保護者にお迎えをお願いするために、一斉メールを配信したが、◯◯さんがまだお迎えに来られていない。

だからすぐに来てくれるように、伝言を…」

とのこと。

 

おぉ、

そりゃ大変だ。

 

何年生のお子さんか知らないが、

教室でひとり、お迎えを待つ子どもの気持ちを考えると…。

  •

  •

  •

が!

 

ふと思った。

 

一斉配信メールって言ってたけど、

 

仕事中に携帯持ち歩いている人って、

あまりいない…よね。

逆に持ち歩ける人の方が少ない…よね。

 

ココは学校。

携帯など教室に持ち込む教員はいるわけがない。

アチラも学校なんだから、そこらへんのことはおわかりのはずなのだけど。。。

 

まぁ、

先方も慌てていたのだろう。

滅多にあることじゃないからね。

 

しかし

氾濫しかかっている川のそばの学校に

お迎えのためとはいえ、向かう…って、

結構危険な行為だと思うのだけど。

 

どうせ避難場所に指定されているのだから、

そのままそこに待機でいいんじゃない?

 

もしかして

△△先生も、早く帰りたかった?

 

…などといろいろ考えてしまった^ ^

 

 

もうひとつ、

 

おもしろい…と言ったら失礼だけど、

こんな電話もかかってきた。

 

母親「道路が通行止めで、解除の見通しが立たない。

娘を帰宅させられないので、タクシーに乗せて私(母親)の実家へ行くように手配して欲しい」

 

コレはもう、

私の出る幕なし!

と判断し、担任に折り返しの電話をしてもらった。

 

なんか、、、

今の学校って、サービス業みたいだな。

 

最終的に、

母親の父親(児童の祖父)が学校までお迎えに来られた。

 

でもその時間にはもう、 

あの大雨はどこへ!?と思えるほどの

 

あ•お•ぞ•ら!

 

f:id:syouyudango:20200801081758p:image

 

今日から夏休み!

 

〜夏本番!わずか二十日の 夏休み〜