だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

我が娘ながら〜頼もしい!?

いつも登場する我が娘のお話。

 

先日

「遅くなるから玄関の鍵はかけないで」

と言って出かけて行った。

鍵を持たずに。

 

その夜

寝る時

私は玄関の鍵をかけずにそのまま2階へ。

 

f:id:syouyudango:20200925170326p:image

 

でも

こんな時に限って

何故か誰かが施錠してしまう。

 

困ったのが娘。

夜中帰宅しても鍵がない!

開かない!

入れない!

 

玄関ドアの前から

私に数回メールしたらしいが

私爆砕中で全く気付かず。

 

どうしたかというと

 

いつも無施錠のトイレの窓から侵入!

したのだ。

 

トイレの窓…

外からだと大分高い位置にある。

腕力だけで昇りつくのは絶対ムリ!!!

 

娘が入れるなら

泥棒さんはいともたやすく

入り放題のはずだ。

 

f:id:syouyudango:20200925170049p:image

 

でも

 

娘は入ったんだわ。

 

恐れ入った (*゚▽゚*)

 

その様子見たかったな。

 

 

この娘

最近料理に目覚めたらしい。

 

先日私に

「お料理教えて」

などと言ってきた。

 

私に言う?

 

f:id:syouyudango:20200925170111p:image

 

自慢じゃないけど

料理の腕は自慢できない!

 

結婚するまで実家暮らしで上げ膳据え膳。

結婚してから

ぶっつけ本番のビミョーな料理を愛情でカバー♡ウフッ

 

当時

魚は何分焼けばいいのか?

唐揚げは何分揚げればいいのか?

…と実家の母親によく電話したものだ。

 

その回答は

 

「焼けるまで」

「揚がるまで」

 

私の母親だけあって

コレまた実に的を得た的確な返答である。

 

そのとーり!だ。

 

そんなわけで

料理指南など私に振られてもあまり嬉しくはない。

 

ソレよりナニより

この娘が料理〜〜〜

というのが私としてはなんとも不思議な気分なのである。

 

 

昨夜娘が

 

「料理の本買って来た♪」

 

と嬉々として取り出したのがコレ

 

↓↓↓

f:id:syouyudango:20200925164118j:image

 

世界一美味しい

手抜きごはん!

 

ごはん。

 

早くも

手抜きごはん(^O^)

 

さすが私の娘だけある。

 

 

26歳の秋である。

 

〜今日の一句〜

必要に 迫られたなら 何とかなる