だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

手相は当たるか???〜生命線を書き足すという行為は・・・

 『はたらけど はたらけど  猶わが生活楽にならざり じっと手を見る』

石川啄木さんの心情が、ここへきてようやくわかるようになってきた。

老後2千万問題やら、年金減額やら、挙句の果てには死ぬまで働けとか…

ことお金に関して、私もそろそろ本気で考えなければならなくなってきた。

 

多くの方のブログを読みながら、自分の備えの甘さを思い知る今日この頃である。 

 もののついでに我が手をじっと見てみる。

 

あれ?


生命線切れてるわ。。。

f:id:syouyudango:20191020095747p:plain
そもそも、手相というのは右手を見るのか、はたまた左手を見るべきなのか。

調べてみたものの諸説紛々、どちらが正しいのか定かではない。

でも、左手が正しいのだとしたら、かなり

ヤバイ!

私の生命線、、、見事なほどに途中でぶった切れてる。

大体1本80歳とすると、60歳位で終わってる・・・そんな感じ。

 

ふと思い出した歌がある。

大塚博堂という歌手をご存知だろうか。

もう亡くなって、かれこれ40年近くになるのだが、とにかく歌が上手な歌手だった。

歌手なのだから歌が上手いのは当たり前なのだけど、今じゃその当たり前の歌手を探す方が難しいくらいである。

だからあえて言う。

大塚博堂は歌の上手な歌手だった!

 

代表作は「ダスティンホフマンになれなかったよ」とか「過ぎ去りし想いでは」等々。
誰もがきっとどこかで聞いたことがある思う。

そんな彼の数ある楽曲の中に、「突然の出逢いに」という曲があるのだが、

その歌詞に

「生命線は強く走ってるけれど お金もたまらないし 出世もしないわ」というフレーズがある。

 

そうだよ、私、お金もたまってないし、出世もしなかった。

 

ただ、追い打ちをかけるように生命線まで短いってどういうことよ

\٩(๑`^´๑)۶//

 

以前、手相芸人?の島田秀〇氏が、

「手相は自分で書き足してもいい」

というようなことを言ってた気がする。

だから私は気が付いたときにボールペンでぐううううっと線を引っ張っている。

いいのかな、こんなんで…と思いつつ。

 

来月の誕生日にはとうとう、THE KANREKI

生命線の予測通りだとすると、来年あたり召天してしまうことになるのだけど、さてさてどうなることやら。

気分的にはあと30年くらいは…と思っているのだが、もちろんただ長生きするだけではダメ。

目標は『健康で死ぬまで生きる』である。

 

しかし!

いくらなんでも、もう少し生かしておいてくれないかい…

これからは健康に気をつけるからさ。

暴飲暴食もやめて、運動も始めるからさ、なんとかひとつ (人´∩`)

 

 

~今日の一句~

  終活を ちょっと真面目に 考える