だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

陽水ワールドにどっぷり浸かる

昨日

X JAPANサイコー!!

みたいなことを書いたのだけど、

私の中でのYouTubeにおけるマイブームは、井上陽水氏である。

 

自分のお金(お小遣いだからこの言い方も少々難あり)で初めて買ったレコードが『心もよう』

当時はシングル盤で400円?だったと記憶している。

 

f:id:syouyudango:20200509155348j:image

 

記憶を辿ってみる。

 

あの頃、

あの世界は、

吉田拓郎氏が圧倒的存在感を示していた。

その対極にいたのが井上陽水

 

f:id:syouyudango:20200509124455j:image

 

当時

私の3つ上の兄は、拓郎を崇拝していて、

毎日ヘッタクソなギターを弾きつつ、

調子っ外れな歌を歌っていた。

 

きっと

私はそれが気に入らなかったのだろう。

決して吉田拓郎氏が嫌いだったわけではなく、

ただ兄のアノ歌がイヤだったのだ。

 

兄(の歌)に対抗する気持ちで

私は井上陽水を好むようになった。

そして

日を追うごとに、彼の世界に没頭するようになっていく。

 

LP版も殆ど買い揃えたのだが、

今は実家に置き去りのまま。

 

ふと思いついたのだけど、

メルカリなら・・・

 

いや、

やめとこ ☺️

 

折しも

地元で開かれたコンサートを観に行った。

 

当時は

今のようにオールスタンディングで観客も『参加する』と言うものではなく、

最初から最後まで全員着席で、純粋に歌を満喫できた。

 

この年齢にしては

コンサートやライブによく行く方だと思うけれど、

できたら座って観たい。。。

そのアーティストの世界観に浸りたい。。。

と、いつも思っている。

 

行ったら行ったで

拳も突き上げるし、

Xジャンプもするのだけどね。

 

で、

井上陽水

彼の歌は独特だ。

ハッキリ言って意味不明な歌詞ばかり。

でも

誰もその歌詞の解説など求めないし、

聴く方は想像を掻き立てながら陽水ワールドにどっぷり浸ることになる。

 

f:id:syouyudango:20200509124521j:image

 

彼は

意味不明の歌詞を

ハッキリクッキリシャープな声で歌ってくれる。

 

もう

『独特』としか形容のしようがない。

 

そんな陽水のライブ動画が最近の楽しみ。

もしかして違法?なのかも知れないけど、消されるまでは楽しませてもらう。

 

あっ

そうそう。

陽水はトークもおもしろくて、

吉田拓郎坂崎幸之助両氏との絡みもサイコーに楽しかった。

コチラもYouTubeで繰り返し笑わせてもらわせている。

 

笑うってイイネ!👍

 

〜今日の一句〜

 三密が どこ吹く風で 大丈夫???