だんごのきもち

徒然なるまま自由気ままに書いてます(*^▽^*)

強風に震えた休日

この土日、台風並みに風が強かった。

 

今回もまた恐怖に震え、両耳イヤホンで布団に潜り込み、地震のような揺れにニ晩耐え続けた。

 

f:id:syouyudango:20210419124932j:image

 

我が家の例の物置小屋。

冬場の倒壊危機をなんとかやり過ごしてきたあの小屋が、また再び大きな音を立てて揺れていた。

今回は少しだけ風向きが違ったせいか、あの時ほどの振動はなかったが、それでも随分揺れた。

怖かった。

 

www.syouyudango.com

 

www.syouyudango.com

 

「春になったら補強する」

 

そう言っていた夫は、この2日間いつもと変わらずリビングにひっくり返ってテレビ見たり昼寝したり飲んだり食べたり。

もう十分春だというのに一向に補強しようとはしない。

この人、この風、怖くないのか?

自分の言ったことを忘れているのか?

忘れているフリをしているのか?

判断に苦しむ。

 

『真冬の危機』の時、夫に伝えたことは

 

小屋そのものは潰れても一向に構わない

ただ

この強風で小屋が吹き飛んだら、他所様の家や車に激突して破損させる可能性がある

もし

惨事が夜中であったとしても、すぐさま残骸の後始末をし、あちこち謝罪に周らなければならない

そして

表立って行動するのは誰!?

 

f:id:syouyudango:20210419125006j:image

 

真冬、屋根の積雪が1㍍ほどになり、コレが滑り落ちたら隣の駐車場に停まっている車を直撃する恐れがある。

だから可能な限り我が家の建物から離して駐車して貰いたい…と伝えに行って欲しいと夫にお願いしたら

「口下手だから」

と逃げおった!

 

昔から面倒くさい、恥ずかしい、で町内イベントや近所付き合いから逃げまくり、最終的にゴミステーションの場所すら知らないという体たらくである。

 

昼夜なくバリバリに仕事をしていた時には、家のことは私がやらなければ!と思い、ほとんど全てのことを私がこなして来た。

その結果がこれである。

 

夫育て大失敗!

 

よもやそんなことはないだろうが、もしも私の方が夫より先に死ぬようなことがあったら、このオトコは一体どうなるのだろう。

諸々の手続きなどできそうもないし、日々の暮らしだってまともにできるかどうかわからない。

家はゴミ屋敷になるだろう。

光熱費の口座振替は出来なくなり、電気が止まり、ガスが止まり、水道が止まり、携帯が使えなくなり・・・・・

それでもまだどうしたらいいかわからず・・・・・

 

f:id:syouyudango:20210419125023j:image

 

夫より先に死ぬことはできないな。

 

 

〜今日の一句〜

あの小屋は いつになったら 修理する!?

終の住処

今週のお題「間取り」

 

昔住んでいた実家は平屋だった。

だから幼い頃からずっと二階建ての家、特に階段に憧れていた。

階段をトントントーン♬と軽やかに駆け上がる自分の姿を想像していた少女時代。

10数年経ってようやくその夢がほんの少しだけ実現した。

 

結婚して初めて住んだのが二階建ての木造アパートの2階、2K。

部屋に向かう外階段はトントントーン♬と軽やかに上がるには程遠い鉄階段だった。

 

f:id:syouyudango:20210418141917j:imageまさしくこれ!

 

築何十年か忘れたけど、鉄の階段は経年劣化であちこち穴が開いていた。

手すりもガタガタだし、サビがボロボロ落ちてくる。

そこを買い物袋を抱え、子どもを抱きかかえて往復するのだ。

ガンガンガーン🔨と。

 

そのアパートに6年あまり暮らした後、今の家を建てた。

もちろん田舎に…である。

そしてもちろん憧れの階段もある。

 

が、今この年齢になって思うのは

 

平屋がいいな

 

である。

 

 

強風が吹くと2階は揺れるし、大雪が降れば高い屋根から落雪の危機。

その都度、恐怖と戦わなくてはならないのでほとほと疲れる。

 

今年で築27年。

外壁と屋根のリフォームも終わらせ、今後この建物にかかる費用はゼロ!…と思(願)いたい。

 

来るべき年金生活のためにも出費は極力少なくしなくてはならないので、修理の必要がないように、大事に大事に住むつもりでいる。

 

f:id:syouyudango:20210418141948j:image

 

我が家、間取りは6LDK

この団地の中では大きい家の部類に入る。

もちろん田舎だからこそ可能だった6LDKである。

 

27年間、当然いろいろなことがあった。

嬉しいことも、楽しいことも、悲しいことも、辛いことも…。

そんな時代を経ての今。

壁のシミや玄関の傷を見るたびにその時々の思い出が蘇ってくる。

家に歴史ありだ。

 

家族5人、それぞれがひとりになれる空間を持ち、適度な距離感を保って暮らすことができている。

我が家の居心地がいいせいか、はたまた私を残して出て行くのが忍びないのか、ひとり暮らしの甲斐性がないのか、なんだかよくわからないけど、相変わらず一家5人で暮らしている。

 

将来夫婦ふたりになったら

はたまた夫に先立たれ、私がひとりになったとしたら、この6LDKは無駄に広すぎる。

掃除も行き届かなくなるだろうし、この冬のように大雪が降ったら身動きが取れなくなるのは必至である。

 

f:id:syouyudango:20210418142011j:image

 

やっぱり、平屋がいいな。

 

間取りは2LDK

オール電化

バリアフリー

雪は積もらず、地震は起こらず、台風も来ない。

そんな所で暮らしたい。

 

夢のまた夢。

 

 

〜今日の一句〜

晩年は 気軽に身軽に 暮らしたい

 

迷走してるなNIPPON🇯🇵

一時期、読まないからと一旦休止したものの、我慢しきれずすぐまた再開してしまった我が家の新聞。

 

それで今度は読んでるのか?と言えば

以前と変わりなく読んだり読まなかったり、読まなかったり、読まなかったり。

多分半分くらいはまっさらなまま古紙回収に出してる感じ。

実にもったいない。

 

f:id:syouyudango:20210417135930j:image

 

やはり毎朝配達してもらわないと侘しいし、稀に無性に読み漁りたくなる時があるので契約継続という事になった次第である。

 

一昨日の新聞に入っていたチラシ広告に目が止まった。

なんとも美しい写真が全面にドーン💥と。

こんなん見せられればここへ行きたくなるじゃないか!

 

いいの?

行っていいの?

ホントにいいの?

 

ジャン!

 

f:id:syouyudango:20210416080716j:image

f:id:syouyudango:20210416080727j:image

花と光の楽園あしかがフラワーパーク

ふじのはな物語ー大藤まつり2021ー

新型コロナ感染防止対策実施中

万全の体制でお待ちしております

 

…とな。

 

こんなご時世だけど、自分は大丈夫!というなんの根拠もない確信をお持ちの方々がさぞかしたくさん訪れることだろう。

 

大丈夫か?栃木県!

 

 

かたや小池百合子東京都知事

東京に来ないで!

東京から出ないで!!

買い物は3日に一度!!!

 

こんなんで東京オリンピックなんてできるのか!?

 

f:id:syouyudango:20210417140020j:image

 

私自身はスポーツはテレビで見る専門。

オリンピックや国際大会で日本人が活躍すれば、それはそれで嬉しいし、感動もする。

 

でも、今回のオリンピックはやめといたほうが良くないかね?

 

どこかの何かで読んだのが

 

「病気を克服して復活した女子水泳選手の為にも是非東京オリンピックを開催してほしい」

 

と言っていた人がいたけど

 

ナンダソレ?😳?

 

他の選手達は本当のところ、どういう風に思っているのだろう。

大体、オリンピックに対するモチベーションって持続できているのだろうか。

これが最後の競技人生…と思って一年前に照準を合わせていた選手も少なくはなかったはず。

大きい声でいうことはできないだろうが、是非とも選手自身の本音を聞いてみたいものである。

 

よもや件の水泳選手を引き合いに、強行開催はないだろうけど。

 

中止とするには、いろいろなしがらみもあるだろうし、莫大な代償があろうことは素人にもわかる。

でもあと2、3ヶ月で今のこの状況が劇的に改善されるとは思えない。

 

『東京に来ないで』は

日本には来ないで!

ということだ。

 

f:id:syouyudango:20210417140045j:image

 

さて、決断はいつ!?

 

 

〜今日の一句〜

いつからか スポーツ選手が アイドル化

足音も立てずに忍び寄る

毎年今頃の季節になると、決まって頭が痛くなる。

心配事とか、そういう類のものではなく、物理的な症状としての頭痛である。

 

確かにこの時期、お金は次々と宙を舞っていくし、夫はまだまだ本調子ではないし、自分を含めて家族それぞれ職場に多少の不満はあるだろうから、精神的に『頭が痛い』こともあるにはある😭

 

そして今年も例年に違わず、頭痛に悩まされている今日この頃である。

 

頭が痛くて目が覚める…なんて日もある。

危険な兆候と自覚している。

もちろん頭痛薬も愛用している。

市販の一番安価なやつね。

昼夜に関わらず常時痛いから、愛用というより常用しちゃってるのどけど、鎮痛薬の常用…これもマズイと自覚している。

 

f:id:syouyudango:20210416183127j:image

 

季節の変わり目

気圧の関係

木の芽どき

思い過ごし

そして老化現象

医師の診断を受けた訳ではないが、原因は大方こんなものだろう。

(医)師曰く『様子を見ましょう』というやつだ。

 

さて本題。

 

ここへ来てアイツがじわじわと忍び足で擦り寄って来た。

 

ア・イ・ツ!

 

新型コロナウイルス

 

f:id:syouyudango:20210416184146j:image

 

昨日、娘の職場(医療機関)で職員にコロナ感染者が発生したそうだ。

院内感染ではないらしいが、とうとう来たかという感じである。

 

正面玄関にでっかく赤字で

[面][会][不][可]

と張り出していたのに、関係者が感染しちゃった😨

 

医療従事者だから、もちろんワクチンを先行接種しているはず。

やはり注射しても感染はするし、感染したら他者に感染させる可能性がなくなるということではない。

それは再三言われていることだけど、我々一般庶民としては、ワクチンさえ打てばオールOK!みたいな感覚がある。

 

この一年以上の忍耐生活を考えれば、その希望的思い込みはいたしかたないかも知れない。

 

f:id:syouyudango:20210416184333j:image

 

テレビでは

「早くワクチン打ってマスク外したい♬」

とか

「今まで我慢して来た分、思い切り羽を伸ばしたい♬」

「ここへ行きたい♪」

「あそこへ行きたい♪」

 

…と希望に溢れているご様子だったけど

 

うーん🧐残念。それ、ダメだからね。

 

最近の新潟は感染者数が連日うなぎのぼり。

新潟県新潟市は16日、県内で新たに40人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。これまで1日の感染者数で最も多かった37人を上回り、過去最多となった。

新潟日報more

 

私の住む市でも、中学生が感染したとかで、急遽臨時休校措置がとられた。

 

f:id:syouyudango:20210416183630j:image

 

じわじわじわ〜と近づいてくる。

 

ひいいいいい😱

 

 

〜今日の一句〜

招かざる 客人来たる コロナかな

 

 

藤の思い出〜ロマンチックの欠片もない話

ブログ巡りの道すがら、藤棚の写真をあちこちで拝見するようになった。

 

藤の薄紫色はその名の通り『藤色』と呼ばれる。

数ある花の中でも自分の名前をそのまま表現するものって桃色、橙色、草色、、、あとなんかあったっけ?

 

そんな藤の写真を見る度にいつも思い出すことがある。

以前も書いたので覚えてくれてる方もいらっしゃるかも☺️

 

f:id:syouyudango:20210415123236j:image

 

実家に藤棚があった。

父が存命中は、多少の手入れをしていたせいもあり、毎年きれいな花で楽しませてくれていた。

 

父が亡くなって数年経つと、父手作りの藤の棚が、経年劣化であちこち朽ち始めてきた。

このままにしておくのは、見てくれも良くないし、何より危険ということで、母は藤棚の再生を諦め、同居する息子(私の兄)に全撤去をお願いした。

 

今まで庭仕事など家のDIY関係は全て父がやっていた。

素人ながら感心するほどあれもこれも器用にこなしていた。

 

父がそういった作業をするところなど見たこともないのが兄。

当然やったことなどない。

 

とりあえず棚に絡まっている藤を伐採しよう…ということで、近所のホームセンターに電動ノコギリ(チェーンソー?みたいなやつ)を買いに出かけた。

物置にはノコギリ(手動)がたくさんあるはずなのに、力仕事はイヤらしい。

さすが私の兄だ。

兄妹ふたり精神構造が似ている😜

 

で、購入後、早速コンセントに繋いでスイッチオン!

 

ヴイイインッ!・・・・・

 

???あれ???

 

止まった😲

 

1㍉も切らないうちに、枝に触れることすらないまま瞬く間に止まった。

 

ナニガアッタ!?

 

ウチの兄

小枝の1本も切ることなく、電ノコのコードを切りおった😱

 

 

f:id:syouyudango:20210415123857j:image

 

ああああああ😲

 

もう後の祭り。

その場に居合わせた全員しばし沈黙、のち爆笑、その後ため息。

 

ばっかじゃねーの!?

 

…とは、誰も口には出さなかったが、全員そう思ったに違いない。

 

その後、物置からノコギリを出して来て、ギーコギーコと切っていた。

 

フッ😏

 

あれから10年経った。

皆さんのブログで藤の花を見せてもらう度に思い出すマヌケな思い出である。

 

f:id:syouyudango:20210415125315j:image

 

実家の兄は現在64歳。

 

60で一旦定年退職した途端、それを待っていたかのように母の具合が悪くなった。

その後は坂道を転がるように体も頭も悪化の一途を辿り、兄は再就職も叶わぬままそのまま自宅介護を続けていた。

 

その後、母は施設のお世話になり、兄も随分落ち着いただろう。

 

 

庭仕事も少しは上達したかもしれない。

 

 

〜今日の一句〜

盆栽の 藤を育てて みようかな

 

 

断捨離…できず!!

本来、リサイクル可能な紙類は、胡散臭い業者に出さず、町内のゴミステーションに出すように通達されているのだが、いざ自分でそこへ運ぶとなるとひと苦労。

新聞、雑誌、段ボールの類が毎月それなりの量溜まるので、それを一度で運ぼうとするとどうしても無理があるのだ。

重いし嵩張るし、雨でも降っていようものなら車で運ばざるを得ない。

 

1ヶ月に一度、玄関先に古紙を回収に来てくれる業者がいる。

回収量に応じてトイレットペーパーとかティッシュペーパー等をいただけるし、玄関先に置いておくだけでOK。

どっちがいいかといえば自ずとね😉

ラクな方を選ぶのは人間のサガだ。

 

今後年齢を重ねていく身としては実にありがたい。

そう遠くない将来、粗大ゴミなんかは自分で運べなくなるのは必至だし、回収業者に頼めば数万円は飛んで行く😩

 

そうだ!

なるべく物は買わない、増やさない!

コレしかないな!!

 

f:id:syouyudango:20210414170918j:image

 

さて、今日がその古紙回収日。

回収して貰った古紙の束の中に、思い出の品を大量に入れた。

 

子ども達が小学生の頃、年に一度学校で発行された文集。

子ども3人×6年分だから、結構な量である。

コレを捨てるのは大いに忍びないのだが、だからといってここ数十年、それらを取り出して目を通すこともなかったので、断腸の思いで捨てた。

 

・・・と見せかけて

実は自分の子どものところだけ切り取っておいた☺️

冥土の土産だ。

 

もうひとつ。

娘のピアノ発表会のプログラム。

最初はキラキラ星、最後はショパンノクターン2番。

毎年涙が出るほど感動させて貰ったピアノである。

 

男→男の後に生まれた女の子で、どうしても女の子らしいことをさせたかった。

ピアノかバレエか…で迷ってピアノ。

 

f:id:syouyudango:20210414170932j:image

 

小学校の卒業式で合唱の伴奏をし、中学校の合唱コンクール、そしてまた卒業式での伴奏を任され、その度に練習練習また練習。

受験勉強もあったのに随分なプレッシャーだったことだろう。

 

そんな娘、大役はいずれも見事にやりこなしてくれた。

 

ピアノのプログラム。

これまた断腸の思いで捨てた。

 

・・・と見せかけて、やはり娘のところだけ切り取った。

コレも老後の楽しみにする☺️

 

f:id:syouyudango:20210414173237j:image

 

実は全部捨てろ!といったのは他ならぬ娘。

私がいなくなったら、後始末は自分がやらねばならぬという使命感に燃えているのだ。

 

でもやっぱり

 

全部は捨てられなかったよ😝

 

 

〜今日の一句〜

思い出は いつまで経っても 捨てられず

 

始まりは春がふさわしい

確か昨年

コロナで学校が全休校していた頃に、学校の新年度開始を9月にするとかしないとかって話が出てたけど、あれはその後どうなった?

『海外に留学するのにちょうどいいから』

と聞いた時

海外に留学する子どもが一体世の中にどれくらいいるんじゃい!

と思った。

『コレからは留学が当たり前』

みたいに言われていて、私にはどうしても腑に落ちなかった。

そんな金持ちばかりじゃないだろ😤

 

そして一般的企業の年度始めといえば春4月。

8月に卒業した後6ヶ月なにするん?

ギリ単位不足の学生が喜ぶだけじゃないの?…と、思った。

 

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

 

黄色い帽子をかぶり、ちょっと大きめのピッカピカのランドセルを背負った子ども達を見ると、心が洗われるようだ。

その背景はやはり満開の桜がふさわしい。

私の目の黒いうちはどうかこのままで…と願ってやまない。

 

f:id:syouyudango:20210413184852j:image

 

今年の桜は既に散り果て、最近は家の周りの雑草達が元気に育ち始めてきた。

早々に今年1回目の除草剤撒いちゃった。

草取り面倒だから😝

 

先月、雪かき道具を片付けた。

長靴も。

家族5人、それも大人ばかりの我が家では、玄関に5人分の長靴が並ぶ光景は実に壮観である。

おしゃれ感のかけらもない実用性高き長靴達だからね。

 

そしてタイヤも早々に履き替え完了。

例年G Wにタイヤ交換をするというのが我が家の慣例なので、今年は異例の速さだった。

この調子で迷わずズンズン進め!👉👉👉

・・・・・

の予定だったのだが…。

 

f:id:syouyudango:20210413184950j:image

 

我が家のリビングには未だコタツが鎮座している。

もちろん現在進行中で電気も入れる。

ぬくぬくぬく☺️

その横にコレまたファンヒーター。

こちらもまだ朝晩スイッチを入れてしまう。

ヌクヌクヌク🥰

 

それに伴い、玄関の中には灯油缶が3本も未だ出しっ放し。

内1本は手付かずの満タン。

このまま次の冬まで持ち越す様相である。

 

そして私の部屋。

電気毛布も只今絶賛使用中。

自他ともに認める寒がりやの私は、電気毛布なしに冬は越せない。

春も越せない。

連日魔の午前2時30分に覚醒してしまうので、この温もりがなければ、完璧目がランランラン!である👀

まだしばらくはこのまま片付けられそうもない。

 

…と書いてきて、改めて気づいたことがある。

 

f:id:syouyudango:20210413185133j:image

 

私ってやっぱり、他人の目を気にするタイプだ😅

 

雑草も冬タイヤも雪かき道具も然り、他所様の目に触れるところは辛うじてなんとか体裁を整えるも、家の中はまぁいいか…って。

 

自分に甘いな。

 

まぁいいか🤪

 

 

〜今日の一句〜

歳とって 前より一層 寒がりに