だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

夫の退院〜その後

夫が退院して10日。

 

f:id:syouyudango:20200713162348p:image

 

彼は今

三食昼寝付きの生活を満喫している。

禁煙は絶賛継続中だ。

ヨシヨシ(^ ^)\(^-^ )

 

今回の入院では、

その後の諸々の手続きに、私は若干苦戦している。

 

夫は

他の同年代の方々と比べれば、

明らかに入院の達人、

入院のベテランである。

 

胃潰瘍で入院、

扁桃腺を腫らして入院、

痔の手術で入院、

粉瘤で入院、

不整脈で入院、

そして今回の椎間板ヘルニアでの入院手術。

 

その度に

私は退院後の後始末、

例えば保険給付の手続きなどに奔走してきたのだけど、

 

今回はほとほと疲れた。

 

保険会社各社に電話をするところから始まるのだけど、

同じことを同じように聞かれるんだな。

 

いつ頃、

どのような原因で、

どのような状態で、

初診はどこで、

転院はいつで、

などなど、事細かに電話で喋る。

 

本来は本人(夫)がしなくてはならない作業ではあるのだが、

滑舌悪し?

読み書き険し??

の夫に代わって、私が喋りまくり、書類を書きまくった。

 

f:id:syouyudango:20200713162412p:image

 

過去何度となく同じ作業をこなしてきたのに、

今回こんなに疲労困憊したのは、

やはり

ヨルトシナミ

というやつだろうか。

 

給付金があると思えばこそ頑張れるというものだ。

 

思えば、

限度額認定の手続きも、

諸々の保険金請求手続きも、

療養装具立替金の戻しの手続きも、

 

ムズカシイ!

 

これ、

もう少し歳をとったら全部自力でする自信がない。

 

そうなると、

いただけるものもいただけず、

戻るべきお金も戻らず、

泣き寝入りということになる。

 

f:id:syouyudango:20200713162635p:image

 

ありがたいことに

私にはそっち方面に詳しい娘がいるから、

まだ何とかなりそうだが、

これが病人本人のひとり暮らしだったら、、

それも高齢者だったら、、、

 

気軽に動くこともできないだろうし、

まして細かな書類の内容を理解するのも厳しいだろう。

 

世の中は、優しいようで優しくない。

 

年金も

特別給付金

◯◯手当も

自分で申告手続きしなければ、

向こうからやってくることはないのだ。

 

〜今日の一句〜

保険金 計算してみて ほくそ笑む

夫にはナイショ🤫

 

正体見たり

2週間ほど前から

日が暮れるとどこからともなく鳥(と思われる)の鳴き声が聞こえるようになった。

 

それはほとんど一晩中鳴き続けている。

 

最初の日は、

巣から落ちて飛べない幼鳥が、

助けを求めて泣いているのかと思った。

 

ならば大変。

 

この辺を徘徊している野良ネコに見つからない内に、

何とか助けてあげなければ

…と思った。

 

思ったけれども、

 

その夜はやめといた。

 

だって

野生の鳥って、触っちゃいけない…のだよね。

 

私はダメだって聞いた覚えがある…よ。

 

それで命尽きたとしても、

それがこの鳥の運命なのだ…よね!

 

まぁ、

いろいろな理由をつけて、

そのまま悲鳴のような鳴き声を聞きながら寝た。

 

f:id:syouyudango:20200712104217j:image

 

そして翌日、

また同じ時間になると、

またあの鳴き声が。。。

 

無事だったのか、、、

良かった。。。

 

以来、

毎日日が暮れると決まって鳴きだす。

 

文字にするのは非常に難しいのだが、

無理矢理書こうとすると、

 

ピエエエエエエエエ

 

って感じかな。

 

娘は

 

キュイイイイイイ

 

と聞こえるらしい。

 

暗闇の中

ひと晩中鳴き続けている(ようだ)

 

ここまでくると、

どうしてもその正体を知りたくなった。

 

しかし、

娘と私の間でさえ、鳴き声の表現の仕方がまるっきり違う。

さて、

どうやって調べたらいいものか。。。

 

ということで、ひらめいた💡

 

『 hey Siri !この曲を教えて!』

を応用すればいいのではないか?

 

で、

やってみましたとも。

 

窓を開け、

 

私「hey Siri!この声はナニ?」

 

鳥「ピエエエエエエ」

 

Siri「すみません。よくわかりません」

 

だって。

 

あえなく撃沈した。

 

 

次はGoogle先生の出番だ。

 

検索ワードは

『初夏、夜鳴く鳥』

 

ありとあらゆる鳥の鳴き声を聴かされたが、

うーん🧐どれも違う。

 

半ば諦めかけていた昨日の夜、

たまたまそばにいた夫に聞いてみた。

 

私「ねえ、この鳴き声なんだかわかる?」

 

鳥「・・・・・」←鳴いてくれない。

 

夫「ヌエだろ」

 

え?

鳴き声聞かずしてなんでわかるん?

 

夫曰くコレ

『鵺の鳴く夜は恐ろしい』

↓↓↓

 

f:id:syouyudango:20200712081147j:image

https://muuseo.com/dape_manのHPより拝借

 

そういえば

漢字で書くと『夜の鳥』

 

早速『鵺(ぬえ)』で、鳴き声検索。

 

うおおおおおおお!

 

コレだ!

これこれ!

 

正式名称『トラツグミ

 

夫、スゴイ!

 

〜今日の一句〜

この声を 文字で書いたら どうなるの? 

ピエエエエエエVSキュイイイイイイ さあどっち?

 

行方不明者発見!?

先日、

地元の広報車が朝から市内を走り回っていた。

 

その内容は、

 

『◯◯地区の82歳男性が、昨日午後3時30分頃に桃色の自転車に乗って行ったまま、行方がわからなくなっている』

 

というもの。

 

◯◯地区と言えば、

周囲は田んぼに畑、それに付随した用水路、

すぐそばには山、また山。

そして川。

 

自宅のそばならいざ知らず、

山に入ってしまったら厳しいかな。。。

 

と、心配していたら、

翌日無事に発見されたらしい。

 

f:id:syouyudango:20200711164343p:image

 

行方不明になった時は、

あれこれ情報を出しているけれど、

いざ見つかるとプライバシーの関係か?

見つかった時の詳細はベールに包まれたままである。

 

こちらとしてはソコが知りたいのだけどね。

 

まぁ、無事でなにより。

 

私は超能力で、行方不明者を探したり、

事件を解決したりという

テレビ番組が、大好きである。

 

最近この手の番組がないので非常に残念で仕方がない。

 

f:id:syouyudango:20200711164113j:image

 

超能力者のご指摘のとおり、

橋があったり、

建物があったり。

 

えーっ!

すごっ!

 

…と、毎回固唾を飲んで見守っていた。

 

コレって、

まさか、、

やらせ???

じゃないよね!?

 

時折、

涙を流して

「残念だけど、◯◯ちゃんはもうこの世にはいないわ」

というシーンでは、

不謹慎ながら

『あぁ、やっぱりなぁ』

などと思ってしまう。

 

先日立ち寄った最寄りのローソ◯に、

小◯美咲ちゃんのチラシが貼ってあった。

行方不明になり、

何の情報もないまま、

まもなく1年。

家族はやりきれないだろうな。

 

親としては、必ずどこかで生きていると思わずにはいられないだろうけど、

こうも情報がないとなると、

心の奥底では、

もしかしたらもう…という気持ちもないわけではないだろう。

 

残念だけど。

 

 

f:id:syouyudango:20200711164208j:image

 

そして、

40年以上前に新潟市から行方不明になり、

後に北朝鮮による拉致被害者に認定された横◯めぐみさん。

 

ひと月前には、

娘の帰りを待ちわびていた父、横田◯さんが帰らぬ人となった。

 

この家族にとって、

この40数年ってどんな年月だったのだろう。

めぐみさん本人はもちろん、

この家族もまた人生の半分以上を、

彼の国や、

心ない人々や、

手を拱いている日本政府に、

一喜一憂する生活を強いられてきた。

 

何のために生まれて来たのかな。

 

なんて、ふと思ってしまう。

 

数年前にあれだけ人気のあった超能力者さん。

今こそ出番だと思うのだけど。。。

 

 

追記

本日のニュースで、同じく拉致被害者の地村◯志の父上が昨日お亡くなりになったと知った。

合掌。

 

〜今日の一句〜

足腰は 誰にも負けない 認知症

歯医者さんへ行って来た

昨日

久し振りに歯医者さんのお世話になった。

 

f:id:syouyudango:20200710182100p:image

 

歯医者に限らず、

普通

お医者さんって、土日祝祭日休診で、診療時間も午後6時位迄…

というのが大方のところだと思うのだけど、

この歯医者さんはすごいよ。

 

火曜日以外、年中無休で、

朝は9時から、夜は20時30分迄という

働く患者さん大喜び♪( ´▽`)の診療体制を敷いている。

 

働き方改革などという言葉は、この歯医者に限っては関係ないようだ。

 

というか、

数年前に通っていた頃は、火曜日すら休みではなく、

文字通り1年365日、

年中無休で営業(診療)していた。

 

世の中の流れに仕方なく、火曜日を休みにしたのだと思う。

 

中で働いている人は大変なのだろうけど、

患者側にとっては実にありがたいシステムだ。

 

でも、

晦日とか元日とかに予約入れて行く人って、いるのかね。

どうしても痛くなって、急患で…というならわからなくもないが。

 

さて、

齢60の私。

歯の状態もだいぶアブナイと言われてしまった。

 

今回は

治療してあったところが取れてしまったので、

それを持参し、

ただ再装着してもらうだけの予定だったのに、

先生は見逃さなかったね。

 

f:id:syouyudango:20200710182121p:image

 

レントゲン撮って、

「コレはダメだわ」

「あっ、ここも虫歯になってる」

「こっちもちょっとねぇ」

 

次々に要治療の歯を指摘し始める。

 

あ〜あ、、、😩

 

というわけで、

またしばらく歯医者通いしなくてはならなくなった。

 

いや

通うのは別にいいんだ。

 

問題は

 

イタイノイヤ。。。(;_;)

 

特に神経をいじられる時のアレはもう本当にキツイ。

 

いつ来るか、

いつ来るか、、

とビクビクして構えていると、

「力抜いてください」と言われ、

 

「痛かったら教えてくださいねぇ」

と言われるから、

「痛い!」と合図をすれば、

「ちょっと我慢して」

などと言われる。

 

f:id:syouyudango:20200710182139p:image

 

まぁ

自業自得なんだけれども、

痛いのは本当にいやなのだ。

 

いい年だけど、いやなのだ。

 

 

コワイ・°°・(>_<)・°°・。

 

 

〜今日の一句〜

できるなら 乳歯の頃から やり直したい   ・・・字余

アイシテルニイガタ

お題「#応援しているチーム

 

応援している…と言うよりも、

このチームしかよく知らない。

本当は「よく」ではなく、ほとんど知らない。

 

サッカーJ2アルビレックス新潟

 

f:id:syouyudango:20200709124800p:image

 

J1でやっていた時は、

毎シーズン残留争いで盛り上がっていたチームである。

 

毎年毎年

最後の最後のどん詰まりで、残留を決めるなんざ、随分神がかってると思ったものだ。

 

実は、

 

何を隠そう、

 

この私、

 

ホームゲームの時には毎回飲食ブースの販売スタッフに駆り出されていた。

 

そんなわけで、

スタジアムの臨場感だけは味わっていたのだが、

どうもあまり

 

好きではなかった。

 

なぜなら…

サポーターが熱すぎる。

暑すぎる。

 

f:id:syouyudango:20200709124812p:image

 

泣いたり、笑ったり、怒ったり、叫んだり、歌ったり。

まあ忙しいもんだ。

 

選手それぞれにチャント?という短い応援歌のようなものがあって、

試合中に歌われるのだが、

それがまた

なんというか、

どうも私にはついていけないんだな。

 

歌詞も熱すぎるし、

それを肩組んで左右に揺れながら…

 

うーん

アツイ🔥!

 

今でいうところの

『密』

そのものだ。

 

でもそれがいいのだろうね。

一体感、臨場感、自己陶酔、、、

 

わからなくもないけども。。。

 

コロナの影響で、

しばらくは無観客ゲームが続くのだろうけど、

観客収入がなくて、多分アブナイ。

 

もちろん飲食ブースも開店できないから、

そっちの業者も売り上げ無しで、キビシイ状況だろう。

 

Jリーグだけでなく、

野球も相撲も同じような環境で、

さて、

来年どうなることやら。

 

それでなくても

アルビレックス新潟はあまり有名な選手がいない。

地元人ですら

名前さえ知らない選手が多いし、

加えて

そのシーズンに活躍した選手は、

必ず関東圏の某チームに流れていくのが定番コースだ。

 

f:id:syouyudango:20200709124842p:image

 

(多分)カネがなくて

名前で客を呼べるビッグな選手など獲得できないのだ。

だから毎年一から育成ということになる。

 

ところで、

新潟県には『アルビレックス』を冠にしたスポーツチームが多くある。

女子サッカーのアルビレディースを筆頭に、

野球、男女バスケ、陸上、スキー&スノボ、そしてレーシングチームまで…。

 

これをまとめてどれか一つに集約したらよほど強化できるのだろうに

…と、ど素人の私は思うのである。

 

さて、タイトルの

『アイシテルニイガタ』

はサッカーアルビレックス新潟のキャッチフレーズ。

 

いつもの残留争いのさなか、

スタジアム中にこだましていたのだが、

コレにはこの私も少しだけ感動した。

 

ホロリ…

とはしなかったけどね。

 

〜今日の一句〜

今年こそ 昇格願うが もはやムリ?

         …っぽい。

 

 

苦い思い出〜過ぎてしまえば♬

この地に転居して来たのは、一番下の娘が2歳の時。

当時、

長男は小学校に入学、

次男は幼稚園年中に編入

 

夫と息子達が昼間それぞれ出かけてしまうと、

娘と2人きり。

 

今思い出すと、

あの時、サイコーだったな。

 

男2人の後の待望の女の子。

かわいくてかわいくて、文字通り目に入れても痛くない娘と2人で過ごす日中、

時間はゆっくり過ぎていった。

 

それから5年後、

娘が小学校へ入学したのを機に、

自宅から近い某社に採用された。

 

長い長いお仕事人生の始まりである。

 

と、

ここまでは私の人生設計そのままに、上手いこと進んでいた。

 

しかし、

その年の夏休み、

職場に一本の電話が入った。

次男の担任からだった。

 

自宅近くの書店で、次男がイケナイ行為をしてしまい、学校に連絡が行ったのだ。

 

その時のことは今でも忘れられない。

 

急ぎ、教務室にかけこむと、

ソファーにポツンと座った次男。

もう私の頭の中は真っ白で、持っていたハンカチを次男に投げつけてしまった。

 

諸々の後始末を終え、

もう二度としないと約束して、父親と他の兄妹には伏せておくことにした。

 

思い起こせば、

期待された長男と、

待望の長女の間にはさまり、

次男はともすると忘れ去られた存在だったかも知れない。

親としては決してそんなふうに思っていたわけではないのだけどね。

 

f:id:syouyudango:20200708124859p:image

 

でも、

多分、、

きっと、、、

彼は真ん中の子の悲哀を味わっていたのだろう。

 

 

私の中では、

この後、これ以上のことが起きるなど、考えてもみなかった。

 

これ以降、 

ケンカや

プチ家出や

サボりや

なんやかんやいろいろあった。

 

最高に荒んでいたのは高校3年の頃。

 

f:id:syouyudango:20200708124937p:image

 

授業はサボる。

教員には反抗する。

提出物など出すはずはない。

故に赤点オンパレード。

 

で、

3年の3学期。

ここで踏ん張れば卒業…というところまで来ながらとうとう爆発してしまった。

 

担任は何度も家庭訪問してくれたり、

電話をくれたり、

次男と折り合いの悪かった数学の教科担任との間に入って苦労してもらった。

 

でもだめだった。

 

2月の半ば、2週間後の卒業式を待たずに次男は中途退学してしまった。

 

この世の終わりの心境だった。

 

その後は通信高校に編入し、なんとか卒業までこぎつけた。

 

就職した会社の面接では、社長さんから

「お母さんに恩返ししなくちゃだめだな」

と言われたらしい。

 

それを次男の口から聞いた時、私は密かに泣いた。

 

彼が荒れていた約10年間。

聞きたくない話も沢山聞かされた。

親の愛情が足りてないという言葉も幾度となく聞いた。

働き始めてすぐやって来た問題行動だったから、

仕事を辞めればまた落ち着くかなとも思ったが、

結局そのまま辞めることなく

ずるずるずる…と、20年間働きつづけた。

 

昨年退職した時、

次男は

「もう働かなくていいよ」

「ゆっくりしな」

と言ってくれた。

 

その時もまた密かに泣いた。

 

f:id:syouyudango:20200708125104p:image

 

誰かが言ってた。

 

後から振り返れば、

大抵のことは大したことじゃなかった。

 

まさしくコレだ。

 

〜今日の一句〜

時が経ち 笑い話に できる今

 

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

 

星に願いを…再び

本日7月7日、七夕。

 

f:id:syouyudango:20200707164712j:plain

 

私はこういう行事モノが大好きだ。

 

お正月、ひなまつり、こどもの日、

そして

バレンタインもクリスマスももちろん大好き❤

 

それぞれのお決まりの食べ物や、飾り物でどっぷりハマる。

そんなことを毎年毎回、続けている。

 

七夕もしかりである。

 

子どもが小さい頃は、

近所の竹藪から大きな笹竹をいただいて来て、

たくさんの願い事を書いて吊るした。

さすがに川へ流すようなことはできず、

最終的には丁重に燃えるゴミに出す。

 

信心深いでしょ。

 

その当時、

お星様に何を願ったのかは今はもう忘れてしまったが、

子どもたちを差し置いて、一番盛り上がっていたのは他ならぬこの私だったのだ。

 

さて

そういえば昨年の七夕は何をお願いしたんだっけ?

と思い、一年前のブログを覗いてみた。

 

タイトルは『星に願いを』

願い事は『宝くじが大きくあたりますように!』

…だって。

 

www.syouyudango.com

 

退職したばかりで、

ドッカーンと一発当てて、悠々自適と行きたかったのだろう。

 

残念ながら、

その野望は叶わなかった。

そして今、

また地道に働き始めている。

 

そういえばこの時、

次は宝くじ売り場のおばさんになりたい…なんて本気で考えていたっけ。

 

さて、

今年は笹竹も、短冊も用意していないけど、

願い事はただひとつ。

 

『健康に生きたい』

 

自分ももちろんだけど、

今療養中の夫に、普通の生活が戻るようにと祈っている。

 

健気でしょ (#^.^#)

 

ところで、この夫。

只今絶賛禁煙継続中である🚭

 

f:id:syouyudango:20200707165225j:image

 

大分痛い目にあっただろうことが容易に想像できる。

このままずーっとタバコとおさらばできたなら、今回の一件も棚からぼた餅??

 

でも心配事がひとつ。

 

まあよく食べるんだ。

 

認知の入ったおじいさんが、

「ばあさんや、メシはまだかいのぉ」

と年がら年中呟くアレのようだ。

 

甘いコーヒー、

お菓子、

ごはんも丼メシである。

 

f:id:syouyudango:20200707165251j:image

 

それでも

「腹減ったー」を連呼する。

 

禁煙か、、

肥満か、、、

 

さあどっち!?

 

ドッチモイヤダナ。。。

 

〜今日の一句〜

天上は 洪水知らずの 天の川