だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

2分でほのぼの

朝の情報番組、めざましテレビ

『紙兎ロペ〜笑う朝には福来たるってマジッすか!?』

を毎朝見ている。

 

kamiusagi.jp

 

登場人物は(ヒトではないけど)

都立葛飾西高校2年の紙兎ロペと、ロペの先輩で3年生の紙リス、アキラ先輩。

他に、

友人達や、家族、商店街や学校関係者等々、、、

 

彼らを中心に、どこにでもありそうな日常のひとコマを描いているショートアニメである。

 

タイトルに『紙兎ロペ』とあるものの、主人公はアキラ先輩なのでは???と私は思っている。

いや、

どちらにしろ、いい味を出してるのは間違いない。

 

彼らだけでなく、

彼らを取り巻く人達(ヒトではないけど)がみんな個性的で、どんな絡み方をしてくるのか、それもまた見ていておもしろい。

 

加えて、

商店街や公園、

アキラ先輩の自宅の居間や、

最寄駅など、

出て来る風景が、モロ昭和の雰囲気を醸し出していて、朝からほのぼのするのだ。

 

f:id:syouyudango:20200127113840j:plain

 

今日のお話の場面はアキラの自宅。

 

二人でコタツに寝転がっている。

この日、アキラはダウンコートを買いに行く予定だった。

でも、アキラは

「寒いから出掛けない」

と言い出し、

そして、

「あったかくなったら買いに行く」

と言って再びコタツにもぐりこんだ。

 

そこでロペのひとこと。

 

「先輩、ナニ買いに行くんでしたっけ?」

 

暖かくなったらダウンは必要ないわけで、

「しょーがねえなぁ。行くか~」

・・・ということになるのである。

 

ありそうで、なさそうで、ありそうな話だ。

 

f:id:syouyudango:20200127112755j:plain

 

アキラ先輩の自宅居間。

居間と言うより茶の間と言う方がぴったりである。

畳敷きで、

タツがあって、

茶箪笥があって、

振り子時計があって、

ちょっと薄暗くて、、、

 

ほぼ半世紀前の自分の実家のようで本当に懐かしい。

 

初めの頃は、

人物相関(ヒトではないけど)がハチャメチャで、時に実在の芸能人なんかが登場したりして

『設定に無理があり過ぎるよ』

と思っていた。

でも、

かれこれ8年?も続いているということは、多少の無理も継続はチカラということなのだろう。

 

その時々で、タイムリーな人物や出来事を登場させてきたり、

なにより、

わずか2分の間に、これだけココロほっこりさせてくれるあたり、

 

この製作者サン、タダモノではない!?

 

f:id:syouyudango:20200112090205j:plain

↑ 

こんなふうに 

このわずか2分に私は毎朝癒されている。

 

〜今日の一句〜

 文字通り『笑う朝には 福来たる』

時代は変わった

娘が自分の部屋の模様替えを始めた。

模様替えと言うと聞こえはいいが、年末にやらなかった大掃除を今になってようやく始めたと言うことだ。

 

f:id:syouyudango:20200125200909j:image

 

そして

あまり大きい声では言えないが、

 

45㍑ビニール袋にまるまる2つ、洗濯物を出してきた!

 

パンパンでズッシリ、コレデモカ!ってくらいギューギュー詰めである。

 

見覚えのあるような、ないような洋服の中に混ざって、

 

???

 

なものが出てきた。

 

何だと思う?

 

昨年たて続けにお呼ばれした友人の結婚披露宴で使われたと思しきテーブルナプキン

披露宴2回分、2枚。

 

なんでこんなものが家にある?

コレって、ホテルの備品…だよね。

 

f:id:syouyudango:20200125200828j:image

 

半ば呆れて娘に確かめた。

 

「ねえ。コレ、なんでウチにあるの?」d( ̄  ̄)

「持ってきたの?」d( ̄  ̄)

「ダメだよね!?」d( ̄  ̄)

 

そしたら

 

「係の人に『持って帰って』と言われた」

「みんなが持って帰った」

「欲しくなかったけど、自分だけ『いりません!』と言うのも気が引けた」

 

のだそうだ。

 

みんな知ってた?

 

今って、そーゆーの全部

 

お土産で持ち帰るんだって!

 

f:id:syouyudango:20200126072301j:image

 

私の時代にはなかったシステムだ。

 

第一、

それだって予算に入れられているはず。

披露宴の費用は決して安くはないのだから、

そんなものに費やすより、新婚旅行や新生活の足しにすればいいものを、なんともったいないことだろう。

 

検索してみたら、

やはり今ではお持ち帰りが多くなっているらしい。

しかし、

もらって帰ってきたものの、そのやり場に困っている人が少なくない。

 

そりゃそうだろうな。

 

娘が持ち帰って来たテーブルナプキン、

1枚はオフホワイト、

もう1枚はシルバーグレー。

残念ながら凡人の私には、彼らの第二の人生が何も閃かないんだよね。

ハンカチにはデカすぎるし、枕カバーでもないだろうし、結局はタンスのこやしか、はたまた何かの敷物に落ち着くのか…というところだろう。

 

要するに我が家にとっては不要の長物なのである。

 

でも

その一方で、ステキな小物に生まれ変わらせている人もいることはいる。

巾着袋、

ティッシュボックスカバー、

中にはテーブルクロスを作ってしまった人までいた。

 

私も、

一応、『趣味:ハンドメイド 』なんて言っちゃってるから、一瞬

『何か作ろう!』

と思ったには思ったけども。。。( ̄^ ̄)

 

それはそれとして、

 

この大量の洗濯物を家でやるのは非常に困難だ。

というわけで、

これからコインランドリーに行って来る!

 

〜今日の一句〜

  時すぎて 知らないことが 多くなる

今年初の足湯へ行って来た

昨日、

ふと思い立ち、またまた足湯に行って来た。

 

www.syouyudango.com

 

例年の今頃なら雪見(足)風呂を楽しめたのだろうが、今年は暖冬で雪なし。

かわりに雨と風。

チョット残念。

 

f:id:syouyudango:20200124232516j:image

 

私は

家のお風呂を44℃に設定にしている。

しかも長湯。

実に危険な入浴をしているという自覚はあるのだが、コレがどうしてもやめられない。

そんな私に言わせれば、この足湯は残念なほど低温である。

しかし、

もう常連と言ってもいいくらい通っている私は、どのポジションがどのくらいの湯温かを、ちゃんと把握しているのだ。

昨日も虎視眈々と熱々席を狙っていた。

 

しかし

私が到着した時、既にいつもの(私の)席にはおばさんのグループがズラーっと並んで座っていた。

 

騒がしい。

 

自分も十分おばさんだけど、

おばさんが4、5人集まると、その賑やかさと言ったら尋常ではない。

皆さん実に元気だ。

言葉をかえればヤカマシイ。

 

このおばさん達、

どうやら趣味でフラダンスをしているらしい。

 

f:id:syouyudango:20200124233903j:image

 

で、

他人に見てもらいたくて仕方がないようで、手振り、足振りでフラフラし始めた。

スパリゾートハワイアンズならぬ、足湯でフラダンス。

これがまた実に圧巻なのであった。

別の意味で。

 

そんなものをあの場で見せられるって、そりゃあもう

 

地獄だから!

 

笑いを堪えるのに必死だった。

 

私はゆっくり、冬の情緒を楽しみたかったのに( ̄▽ ̄;)

 

おばさんの団体がようやく退去し、やっとあの熱い湯のところに行けると思ったら、

背後からスッと現れたのが高齢のご夫婦。

ご主人は大切そうに何かを抱えている。

 

 

f:id:syouyudango:20200124234028j:image

 

犬?

 

その腕に抱えていたのは高貴なヨークシャテリア。

 

この瞬間イヤーな予感がした。

 

まさか、

犬は、、

いれないよね、、、d( ̄  ̄)

 

私は犬は嫌いではない。

どちらかと言えば、犬好きな人間だと思っている。

でも、

足湯とはいえ、犬と一緒は御免被りたい。

 

私はぬるいお湯に浸かりながら、しばし傍観。

 

それにしても寒いな。

雨も風も強くなって来た。

早くあったまりたい (ㆀ˘・з・˘)

 

しかし

このご夫婦も話に花が咲いてなかなか上がろうとしない。

 

『今日はついてないな』

と思いながら、チラッとご夫婦の方を見たら、

 

あっ!

 

犬が!

 

入ってる!!!

 

 ・

 ・ 

 ・

 

速攻足湯を後にした。

 

ちっとも温まらなかったわん!

 

〜今日の一句〜

  足湯では フラと犬とに 要注意

 

男運

女性は

『自分の父親に似た男性を伴侶に選ぶ』

と言われてるけど、それは

 

容姿?

立ち居振る舞い?

職業?

 

自分のことを考えてみると、

うーん

似てるような、

似てないような。。。

 

結果、よくわからない…という結論に達した。

 

渦中の杏ちゃんも父親と同類項の男を夫にしちゃったんだね。

 

 

f:id:syouyudango:20200124072010j:image

 

杏ちゃんの父親は言わずと知れた渡辺謙

 

オンナ癖が悪いというとことでは一致するが、決定的な違いがある。

それは、

オシゴト。

 

東出の方も一応俳優を標榜してはいるが、未だに

『杏の夫』

と形容されるだけあって、演技はヘタクソ、セリフ棒読みの俳優。

杏ちゃんがいなければ、タダの人…。

アクマデコジンノカンソウデス。

 

もう一方は

言わずと知れた俳優、渡辺謙

病気を克服し、努力と才能で確固たる地位を築き上げてきた、世界のケン・ワタナベである。

 

この二人、

土俵は違いすぎるが、オンナ好きなところがそっくりだ ( ̄▽ ̄;)

 

ワイドショーどころか、ニュースでも取り上げられているこの男の不倫別居報道にひとこと言う!

 

最初に言っておくが、

実は私、杏も東出もよくは知らないのだ。

ただ、杏ちゃんの父親=渡辺謙は好き♡

同じようなことをしていても、好き♡と公言してしまう私もどうかと思うが、そこんとこは大目に見てね(*≧∀≦*)

 

さて、

杏ちゃんと東出は結婚して5年。

東出が不倫を始めて3年。

 

ふーーーーーん。

 

f:id:syouyudango:20200124072029j:image

 

杏ちゃんには女の子の双子ちゃんと、その下に年子の男の子がいる。

 

出産も育児もそりゃあもう大変だ。

まして双子に年子。

さらに実の母親も大いに問題のありそうな方。

頼るべきは夫しかいなかっただろうに。

 

それなのに東出クン、

 

アンタナニヤッテンノ!?

 

 

で、相手は当時19歳?

で、付き合いは3年?

 

へーーーーー。

 

男も男だけど、お相手仕った女も大したもんた。

東出が、彼女のドレスの裾を持ちながら階段を上る場面をテレビで繰り返し見せられたが、

 

キモチワルイ!

 

加えて、双方の事務所から出されたコメントは私の怒りに油を注いだ。

 

文章…

 

酷似!

 

示し合わせて作文したんだろうな。

 

もし、

もしも離婚になったら、ヤツの需要はなくなるだろう。

清純派女優の方も然りである。

 

いっそのこと、結婚しちゃえばいいのに。

 

Yahooコメントで『極悪人』みたいに凄まじい書かれ方をしているけど、自業自得だ。

反省しろ!

 

もう遅いか。

 

どうでもいいけど。

 

f:id:syouyudango:20200124072054j:image

 

それにしても

杏ちゃん、強いな。

 

〜今日の一句〜

  オンナ好き コレも一種の 病気かな

 

難題に挑戦してみた!

毎週木曜日は『今週のお題』を書く日。

そして今日は木曜日。

 

でも、

 

今週のコレは、私には無理だわ。

だって、私

 

勉強してないもん!

 

いや、

当時は確か『勉強』していたような気もする。 

寝る時間を惜しんで、

睡魔と戦い、、

空腹と戦い、、、

 

f:id:syouyudango:20200123083446j:plain

 

でも、

結果が伴わなかった。

テストのたびに

 

「次こそは!」

 

と何度意気込んだことだろう。

 

意気込んでいるうちにその時期は終了してしまった。

 

f:id:syouyudango:20200118173105j:plain

 

そして残念なことに、

自分がこんなだから、我が子達にもデカイことは言えなかった。

 

「勉強しなさ~い (*´ρ`*)」


とは何度か言ったけれど、そこはもう私の子♡

トンビは鷹を産まなかったということだ。

 

そんな我が家の子ども、勉強に関しては数々のエピソードを保有している。

武勇伝もあれば、黒歴史も数多あるのだが、もう十年以上も前のことだから時効と考え、その一部を披露する。

 

三人の内、上の二人、長男と次男は大の勉強嫌いであった。

私は最低限高校だけは…という感覚でいたのだが、

長男は大学を5年間も、

次男は高校2校を4年間も通ってくれた。

推して知るべし (*^^*)


この子達が高校生の頃の話。

 

恥ずかしながら今頃の時期、毎年のように学校から

『今のままでは進級に差しさわりが…云々・・・』

という文書が、親宛に郵送されて来ていた。

 

彼ら本人も1年生の時から毎年毎年、この時期になると俄かに焦り始める。

進級か留年かの瀬戸際である。

進級が決まらないことには次学年の教科書の購入ができないのだ。

そして、

最終的に春休みを補習と追試に費やし、次年度が始まる寸前にようやく(お情けで)進級許可をいただき、そのまま教科書を買いに走るのであった。(毎年)

 

その時、決まって私に言うセリフがある。

 

「今年は絶対ちゃんと勉強するよ!」

 

f:id:syouyudango:20200123084039j:plain

 

そうか、

 

頑張れよ。

 

でもそれ

 

去年も聞いたから!

 

f:id:syouyudango:20200108093216j:plain

 

ありがたいことに、

娘はそんな心配もなく、お金のかからない高校と、お金のかからない大学をスムーズに卒業してくれた。

これだけで、長女がすごくデキタ娘に見えるんだよね。

娘も兄二人を反面教師にしていたのかもしれないが、考え見ればコレってごく普通で当たり前のこと…だよね。

 ・ 

 ・

 ・

ってことで、

『勉強法』をご披露…などという大それたお題に無理やり挑戦してみた。

 

そして結論。

 

今週のお題『あなたの勉強法を教えて!』には、

 

ごめん、ヒト様に教えるような勉強をしてないわ。

 

・・・こんな感じ。

 

~今日の一句~

  勉強は するもしないも 自分次第

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ

迷う

一昨日、

『固定電話をやめたい』

と書いたのだが、

 

www.syouyudango.com

 

断捨離の一環として、もうひとつやめたいものがある。

 

それは

 

新聞。

 

この地域は朝刊のみの配達で、これがひと月3,400円(税込)。

年間40,800円は結構な金額である。

いや、読んでいるならばなんら問題はないのだけどね。

 

でも、

最近我が家では私しか新聞を読まず、

その私も近年老眼の進行とともに、新聞を読む…という行為そのものが億劫になりつつある。

時々、

チラシが挟まったままのまっさらな新聞を廃棄箱に投入することさえあり、自己嫌悪に陥っている。

 

f:id:syouyudango:20200122091815j:image

 

新聞を作っている人にも、

配達している人にも、

実に失礼な話だ。

そして、

まさしくカネをドブに捨てる行為である。

 

あーもったいない。

 

結局のところ、

新聞を読まなくても、私の日常にはなんら支障はないのである。

 

主要な話題は、

テレビやPCやスマホでこと足りるし、

チラシも見るから欲しくなるので、目に触れなければ無駄な買い物をすることもなくなるだろう。

  

ただ、

ひとつだけ気になることがある。

 

話は20年以上前に遡る。

 

娘が小学生だった頃、

生活科か何かの授業で、学校へ新聞を持って行く日があった。

娘はフツーに我が家に配達された朝刊を持って行った。

他の子達も…

と思ったら、

 

クラスの中にただ一人、スポーツ新聞を持って来た子がいた。 

我が家と同じ団地内に住む女の子だ。

 

実はこの子の母親は

金髪ロングヘアー、

まっかっかの長い爪、

路上でしゃがみタバコ、

ゴミ捨てもパジャマのまま、

という、いわゆる田舎のヤンママだった。

 

f:id:syouyudango:20200122091925j:image

 

その数年前、

私達は幼稚園バスの送迎で毎日午前と午後に2回、顔を合わせていた。

 

ある日、

帰りのバスが到着したのに、ヤンママが迎えに来ない。

『病院でも行ってるのかな?』

などと思い、

仕方がないからその子を娘とともに我が家へ連れ帰った。

 

しばらくしてヤンママが、我が家に登場。

お迎えに来れなかった理由を聞いてぶったまげた (●0д0○)

 

ヤンママ、

 

フィーバーしてたんだって!

 

・・・で!!!

 

f:id:syouyudango:20200122094721j:image

 

そんなヤンママ娘が持ってきたスポーツ新聞は、やはりスポーツ新聞だけあって、凡そ小学生には見せたくないページが多々あったらしい。

 

彼女の家、普段新聞を取っていなかったのだ。

で、ヤンママが急遽コンビニで買って来たらしいのだが、

スポーツ新聞なところが、ヤンママらしくて妙に納得したりもした。

 

正直にいうと、

当時の私は新聞をとっていない家がある事に、少なからずカルチャーショックを受けたのだった。

 ・

 ・

 ・

時を経て、

今の私はほとんど新聞を読まない。

読みもしない新聞にお金を出すって本当に

 

モッタイナイ!

 

故にやめようと思っているのだが、かつて自分が抱いていた

『新聞とるのは一般家庭の常識』

という固定観念が邪魔をする。

 

実は、

『固定電話をやめたい』に関して、

固定電話は身分証明にもなる大事なモノというご意見や

また、

解約は慎重にというアドバイスもあり、

 

私はちょっと迷い始めている。

 

新聞も含めて迷っている(ー'`ー;)ウ~ン。。。

 

〜今日の一句〜

  新聞は 止めると多分 読みたくなる

 

パプリカ

昨年から大流行中のパプリカ。

紅白歌合戦にも登場したし、レコード大賞もとった。

 

f:id:syouyudango:20200121093818j:plain

 

ミュージックビデオ再生回数は1億回を超え、一種の社会現象にまでなっているらしい。

衰え知らずの勢いで今もロングヒットを続けている。

 

NHK2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングとして、米津玄師作詞・作曲、プロデュースにより制作され、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会により「東京2020公認プログラム」として認証された。

第92回選抜高等学校野球大会の入場行進局に採用される予定作される予定。

Wikipedia

 

何がすごいかって言えば、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの米津玄師。

4、5年前まではほぼ無名で、ボーカロイド市場で有名だった…の?

 

ヨクワカラナイケド \( ˘–˘ )/

 

で、

一昨年、突如紅白歌合戦に登場し、そこからぐうううううん⤴⤴⤴っと浮上してきたわけだけど、

独特の世界観が他を寄せ付けない雰囲気を醸し出していて、今もベールに包まれているような不思議な存在だ。

 

とはいえ、

こちら側が彼を神格化しているだけで、本人はいたってイマドキの青年らしく、交友関係もそれなりにあるっぽいし、

ラジオで話す言葉を聞いていたら、ごくごく普通の青年の思考を持っていると感じた。

  

でも、

アノ鬼太郎のような前髪はちょっと、、、

 

ALFEE高見沢俊彦が、未だに母親に

「髪を切りなさい」ヽ( `ε´ )ノ

と言われているらしいが、

彼が私の息子なら、私も言うだろうな。

「前髪切りなさい!」

「目が悪くなる!!」

…とね。

 

f:id:syouyudango:20200121091739j:plain

 

さて、

今朝テレビでその『パプリカ』を見た。

フーリン?が歌って踊る方ね。

 

『ふんふん、コレが今流行りのパプリカダンスね』

『まぁ一生懸命だこと』

『一生懸命通りこして、ちょっとイタイな』

 

などと思いつつ、割と真剣に見ていたのだけど、途中

 

f:id:syouyudango:20200113150955j:plain

 

と思う場面に遭遇した。

 

皆さんはどうかわからないし、

もしかしたら私が神経質すぎるのかも知れないのだが、

あえて言う。

 

私、

ある宗教団体を思い出してしまった。

 

f:id:syouyudango:20200121093727j:plain

 

あの地下鉄サリン事件を起こした団体。。(゚д゚)!

 

踊りのところどころにそれを彷彿とさせるポーズが何度か出て来る…ように見える。

全然気にならない人がほとんどだろうが、

私はあの教祖の顔がフラッシュバックして朝から気分ワルッ!

 

これからも多分、あの曲を聞き、あの子達のダンスを見ることになると思うのだけど、

きっとまともには見ないな。

 

そんなことをふと思った今朝の出来事。。。

 

 

 あくまで個人の意見です!

 

 

~今日の一句~ 

  そういえば フィンガー5は いまいずこ