だんごのきもち

徒然なるまま自由気ままに書いてます(*^▽^*)

そう言えば、私も半世紀前は子どもだった

⭐︎お題間に合わず🤭

 

f:id:syouyudango:20220701191309j:image

今の職場で図らずも学校給食の配膳作業に携わっている。

普通の学校ならば児童生徒自らが給食当番を経験するのだろうが、ここは違う。

中、高はそれぞれの教員が、小学部と他職員の分を60男、40女、そして新人26男が逃げ出したので、結局私がやっている。

 

大きな声では言えないが

ここの給食は子どもの喜ぶメニューではない。

栄養素や必要カロリー、そして原価を鑑みての構成なのだろうが、菜っ葉の炒め物&菜っ葉の漬物みたいなメニューが平気で出てくるので、かわいそうになる。

 

学校には立派なランチルームがあり、コレまた立派な厨房が併設されているが、諸般の事情で残念ながら隣町の給食センターから運ばれてくる給食。

だから市内の幼稚園、小中学校が全員同じ献立となるのだが、私の感覚では子どもの献立ではなく、高齢者施設のそれのような。

いや、今の高齢者施設だとて、なかなか見られない献立よ。

…と、ここまで言えばなんとなく察していただけると思う。

いわゆるそういう献立なのだ。

 

 

さて、半世紀前の自分の給食にタイムスリップ!

 

好きなメニューはダントツで揚げパン。

コッペパンを姿揚げして砂糖をまぶした揚げパンに

世の中にこんな美味しいものがあるのか💕

と、感動を覚えた。

牛乳&ミルメークもLove♡

 

親の目を盗んで角砂糖をかじっていた私達の時代、みんな甘いものに飢えていた時代だった。

 

ん?私だけ???

 

脱脂粉乳に関しては、相当嫌われているようだが、実は私、これについてはあまり記憶がない。

お椀で出される牛乳のようなものがソレだったのだとしたら、全く問題なし!

コレもまた美味🤤

 

好き嫌いはほとんどなかった私は、給食を残すことはなかったが、どうしても食べられず、昼休み中ずーっと食べさせられている友達がいた。

今は無理矢理食べさせようとする指導はNGらしく、毎日毎日大量に出る手つかずの残飯を廃棄する私は本当に心苦しいのである。

生産者、物流、調理員、そして調理にかかる水道電気ガスの供給に関わる人達に申し訳ないとは思わないのか!?

 

…思わないのだろう🙄

 

そしてコレまた大量廃棄のパック牛乳が実にもったいない。

1日30個以上のパックをわざわざ開封して廃棄するというおかしな決まりがあり、その作業をする私は日々罪悪感に苛まれている。

 

食べることは生きること。

 

今の子ども達(この学校の子ども達)は果たして生きるチカラを身につけられるのだろうか?

 

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

怒涛の6月が終わる

いやぁ長かったぁ

 

と思ってたけど、よーく考えたら早かった???のかもしれなかったこの6月。

結局どうだったんだろ🤔

いろいろ考えることがあり過ぎて、若干記憶喪失気味🤪

 

理由は↓↓↓

www.syouyudango.com

www.syouyudango.com

www.syouyudango.com

www.syouyudango.com

www.syouyudango.com

 

少しは前向きなことも書かなければと思いつつ、振り返れば毎日毎日愚痴と怒りのオンパレードで

コレではダメだと思いながらもあがけばあがくほどズブズブとドツボにハマっていく。

そんな感じ。

 

いかんな。

 

カウントダウンが始まった我が人生、他人に心煩わされるなんて時間の無駄遣いに他ならない。

人は人、自分は自分だ。

 

特に職場においては、自分に与えられた仕事をキッチリこなすのみ!

と思っているが

しかしながら、今回のようなケースは今後御免被りたい。

たとえ、作業は教えることはできても、それ以上は私には無理。

絶対に無理!

本人のためにも、周りの人間のためにもそういう方の就労支援はその道のプロでなくてはダメ…というのが、この1ヶ月で得た私の持論。

 

…というようなことを散々書いてきたから、私のことを冷たい人ひとでなしと思った方がいるかも知れない。

 

例えば

私がただの第三者で、彼と直接関わることがなかったならば

優しく優しくあくまで優しく寄り添ってあげなくちゃ!

と思っただろう。

三者なら…ね。

 

当事者としては、やはり難しかった。

 

そんな訳で

今日もその件で管理職が長々と話し合いをしていた。

辞めた彼がこの学校の卒業生ということもあり、対外的に相当マズいと思っているのだろう。

しかし、今後どのような方が入ろうが、彼らは再び高みの見物をするだけなのだ。

そして辞める辞めないの問題が発生した時には、一緒にいる私達が虐めたから…と思うのだろう。

とんだとばっちり、とんでもない言い掛かり…と私は思うけど、どうしようもない。

 

とりあえずこの件は一区切りつけたい。

忘れたい。

なかったことにしたい。

 

私のことだから、また思い出してネチネチ愚痴るだろうけど、その時はごめんなすって😭

 

さあ

ここから心機一転!

 

 

 

みなさん大変!

 

今年も半分終わったわよ!!

 

そろそろ年末の大掃除のための小掃除を始めた方がいいかもよ。

 

早過ぎ〜

と、一瞬でも思ったそこのあなた!

 

も一度言うけど

既に今年は半分終わったのだからね!

 

と、自戒の念を込めて書いといた😊

f:id:syouyudango:20220630180919p:image

私だって納税してるんだ!

最近

電話で先様のお名前を聞き返すことが多くなった。

強烈長い所属部署名やら役職やらお名前を早口で言われるから、なかなか辛い。

懸命にメモるも、早過ぎて追いつけず、おまけに自分の書いた字が判読不能で焦る。

落ち着け落ち着け…と、自分にエール!

 

電話の主も取り継ぐ相手も所詮年下の若造だ!

 

…と思ってリラーックス😚

 

さて

ここのところ、気温がうなぎのぼりで、職場でも、教室や保健室などはエアコンを稼働させているのだけど、私がいる職員室は30℃を超えても冷房をつけない。

まるで我慢大会開催中のごとき地獄絵図である。

 

誰かが

「エアコンつけましょう」

と言うまで、ひたすら待つ。

何故か全員が待っている。

 

あまりの暑さに先日

「エアコンつけてもいいですか?」

と事務長氏に聞いたら

「俺達のところは涼しい」

 ・

 ・

 ・

はああああっ!?

 

正規事務職のおふたりの席は風の通り道になっているので、涼しいとまではいかずとも、耐えられる程度の暑さなのだろう。

 

しかし、彼らからわずか数メートル離れた私の席は、後ろの壁がセキュリティやIT関係の集中システムになっているため、その熱気がぼわぁ〜っと🥵

寒暖計が熱中症警報を出しているのに、彼らは我関せず…なのである。

 

多分、本庁の手前、電気代を節約したいのだろう。

電気代も税金だってのはわかってるけど、私だって税金払ってるんだからね!

多くはないけどさ。

 

つけてよ!エアコン!!

 

今は彼らの前で、水を入れて凍らせたペットボトルを頸動脈に当てて凌ぐ

…というパフォーマンスをしているのだが、鈍感なのか見て見ぬフリなのか…

 

一度倒れてみた方がいい?

 

そして

まだ暑さにカラダが慣れていないせいか

例の26男と一緒の作業が尾を引いているのか

はたまた加齢のせいなのか

体のあちこちが痛い。

腕に足に腰に首に、時折痛みが走る。

歯も痛いし頭も痛いし眼球の奥も痛い。

日々疲労が蓄積している感じ。

どうなっちゃうんだろ?私。。。

 

しかし、まだ6月。

今こんなだと7、8、9月は一体どーなることやら。

それでなくても電力逼迫、計画停電、節電などと言われているのに、夏☀️真っ只中で全面ストップになっちゃったら…。

 

死人が出るな。

間違いなく。

 

あたしゃまだ死ぬ訳にはいかんのだ!

 

エアコンつけろ!!

 

f:id:syouyudango:20220629193156j:image

 

障害者雇用の彼が退職した

『その枠』で入った人を丸投げされてひと月。

正確にはまだ3週間だけど、この6月はひたすら長かった。

ほとほと疲れた。

 

昨日の帰り際、渦中の26男がリュックサックに上履きや外履き、他私物を無理やり詰め込んでいる姿を見て

『あぁこの子は辞めるんだな』

と理解した。

 

で、帰宅してから退職の電話をかけてきたらしい。

辞める気満々で、私物を全部持ち帰り、準備万端整えて、退職意向を電話でって…😮‍💨

 

今朝出勤すると、その件で校長、教頭、事務長の三者会談が延々と続いていた。

9時過ぎから2時間強、ナニをそんなに話し合うことがあるのか、私にはサッパリわからない。

わかったのは、彼らが大いに暇であるということ。

そんなに時間が余っているなら、私ふぜいに丸投げしないで順番に彼にくっついていて欲しかった。

そして

「ちゃんと挨拶をしようね」

「座ってたらダメなんだよ」

「話をしている人の方を向きましょう」

「返事をしましょう」

等々、社会人としての基本の基本の基本を教えてあげて欲しかった…

のだけど、もう遅い。

 

この1ヶ月、ピッタリついて作業を教えた私の努力は全くもって無駄だった。

そしてモノにならなかった彼の分の仕事を振られた私としては、どうにも怒りが収まらないのである。

 

そんな訳で、改めて心に誓ったことがある。

 

黙る!

 

あらゆる話に自分は無関係と自覚する。

噂話が聞こえていても聞こえないフリをする。

それに対して自分の意見を語るのは止める。

求められてもお茶を濁す

自分のやるべきことだけをやる。

他人は他人、自分は自分で一線を画す。

 

こんなのは、ココに来た時から決めていたことで、私の卓上カレンダーには自分への戒めとして、

無関係

部外者

等の文字が小さく小さく書いてある。

もちろん日々のスケジュールに同化して、他人が見てもわからないようになっている。

 

1年契約の3年目。

2.3年で異動を繰り返す職員の中にあって、早くも古株の部類に入ってしまった私だが、非正規パートはあくまでも非正規パートでしかなく、嫌なら辞めてもらって結構のポジションと自覚している。

だからこそ今回の26男の破格の待遇に大いなる疑問を持たざるを得ない。

↓↓↓

今月初めから昨日迄、実質勤務18日の彼は

なんと!

今日から10日間の有給消化の後に退職なんだと。

 

そんなんアリ?

税金よ!!

 

そんなワザをよもや彼が知ってるはずがない。

 

母親の入れ知恵か? 

 

学校側のご厚志か?

 

 

 

いずれにしてもようやくひと段落。

 

疲れた。

 

f:id:syouyudango:20220628052636p:image

 

大雨→雷⚡️→停電→そして梅雨を思い出す

『群馬のお米はゴロピカリ』

このネーミングが絶妙で、その内一度食べてみたいと思いつつ十数年、未だ実現していない。

コレすごく秀逸な名前だと思わない??

このセンス、この閃き、実に素晴らしい🎉🎉🎉

 

群馬県のお隣のこちら地方

昨夜からずーっと雨が降り続いていて、雷様がゴロピカリ⚡️⚡️⚡️

時折近くで落雷があり、窓が揺れる、家も揺れる。

😱コワイヨ〜。

Yahoo!防災情報が何度も雨雲、豪雨情報、河川の水位上昇、土砂崩れの可能性等を通知して来て、なお一層恐怖を煽る。

😱コワイヨ〜。

 

昨夜、いつものように目覚めると、一晩中ついているはずの私のテレビがフリーズしていた。

落雷により一時停電した為と思われる。

チラッとスマホを覗くと、コチラもWi-Fi電波の扇マークは出ているものの、何故か『オフライン』というメッセージ。

 

PCもスマホも通常時は普通に使いこなせているけれど、ひとたびアクシデントがあると、それに対応できるスキルが私にはない。

イレギュラーなことって、ほんっと困るわぁ😩

 

そんな私の数段上を行くIT音痴の夫は、朝からインターネットテレビAmazon FIRE TV)が見れないからなんとかして欲しい〜と言ってきた。

私のテレビもダメだから、きっと夫のテレビもダメなんだろうと思っていたし、

きっと私に泣きついてくるどろうことも想定内。

「仕事の準備をしなくちゃならないから、帰って来たらね♡ウッフン」

と、努めて優しく断るも、夫、不満の極み。

面倒くさいことこの上なし😮‍💨

 

夕方帰宅後、いの一番に夫の部屋へ直行し、手っ取り早く初期設定からやり直してやった。フンッ!

 

さて、今日1日ずーっと雨が降り続いていて、今この時間もなお落雷による停電区域があるらしい。

この蒸し暑い中、エアコンや扇風機ナシはさぞかし厳しいだろう。

一刻も早い復旧を願う。

東北電力さんガンバレ!!!

 

そして

ここ最近、カンカン照りで異常に気温が高く、もはや夏☀️の様相を呈していたので、今が梅雨の真っ盛りということをすっかり忘れていた。

あっ!そーいえば梅雨だったんだ😯と今日改めて思い出した次第である。

 

いつも思うのだけど、いくら梅雨だからといっても、何もこんなにまとめて降らなくてもいいのに。

もっと満遍なく降ってくれればいいのにねー。

 

皆さんの所に被害がありませんように。

f:id:syouyudango:20220627184522p:image

 

町内会の会合に出席して来た

この地に引っ越して来て30年近くになる。

当時新築だった我が家は、数年前に外壁リフォームを完了し、見た目だけは新築家屋に戻ったけど、中身は寄る年並みを隠しきれない状況である。

 

先立つものがありさえすれば

浴室をリフォームしたい

ガスコンロをIHに替えたい

トイレを新しくしたい(一階だけでいいから)

壁紙を張り替えたい(リビングだけでいいから)

フローリングも張り替えたい(同上)

 

願望はあれど、今後入ってくるお金(年金)は、全て生活費に消えていくことになるはず。

だとしたら、この先多少のことには目を瞑って生きていかなくてはならない…そんなふうに私は悟りを開いたのだが、夫は違う。

 

その昔、夫は

「60迄生きれば充分」

と言っていた。

現在65歳。

数年前に大病をして死にかけて以降、やたら長生きしたくなったようだ。

いや、長生きしたいというのではなく、死にたくない、苦しいのはイヤ、怖いのはイヤ、辛いのはイヤ…ということなのだろう。

わかるわかる、私も同じだから。

 

そんな夫は未だに宝くじで一攫千金を目論んでいる。

ジャンボ狙いで、それも毎回一度に8冊(いつも連番5+バラ3)総額24,000円をご購入〜💸💸💸

お金をドブに投げ込むようなもので、夢を買うにしては高額過ぎる。

 

ぜーーーーーったい!当たらないから!

…と言う私の声はどうやら夫には聞こえないらしい。

彼の中では、参加賞的300円も間違いなく『当たり』なのであるから。

 

 

さて本日日曜日。

町内会発足四半世紀にして、3回目の会合が開かれた。

議題は

  1. 今後の町内会の在り方
  2. 災害時の対応
  3. 消雪パイプの点検

…について。

 

午前9時30分、集合したのは戸建18軒、賃貸3棟18世帯の内

・・・・・

戸建住民17世帯

賃貸組

0!

ゼロ!

ZERO!

 

数日前に町内会長が出欠の確認に一軒ずつ回っていた時、隣の迷惑タバコ親父の

「忙しくて行けない」

と言う返事が聞こえたけど、私が会合終わって帰宅したら、相変わらず家の中から大声が聞こえていたけどね。

なんなんだ。。。

 

会費の徴収、ゴミの棄て方、除雪の仕方、その他全てのことについて

アパートの住民はなってない!

と言う結論に終始した。

きちんとやっている人もいるのだろうが

『アパートの住人』

と一括りにされてしまったのはまぁ仕方がないというところだろう。

 

で、今回アパートに新しく入った外国人は、中近東の方ではなく、ベトナムからの研修生であることが判明した↓↓↓

www.syouyudango.com

 

驚いたことに、既にもう一部屋、受入先事業者が借り上げて住まわせているそうで、コレからもどんどん受け入れるらしい。

 

んー😕

 

f:id:syouyudango:20220626170324j:image

 

お巡りさんgood job👍

昨夜9時過ぎ

家の前の道路に突如パトカーがやって来た🚓💨

それだけなら

「夜間の防犯パトロールご苦労さまです」

である。

 

最近この辺りでは老人の徘徊行方不明事案やタイヤ泥棒、空き巣狙い、変質者の出没事件などが立て続けに発生している。

 

警察はナニか起こらないと動かない…というのはよく聞く話だが、ナニかあってからではやはり遅い。

こうして身近に警察の存在があることで、犯罪の抑止力にもなるだろうし、我々市民も安心して生活ができているのだと思う。

 

昨夜の出動はいつもとちょっと違っていた。

突然拡声器で

「こちらは◯◯◯警察です。新潟530△△ー△△の□□(車の名前)の運転手さん、出てきて下さーい」

…と。

 

隣の迷惑タバコ親父の家を除けば、普段は静かなこの時間の団地内。

突然拡声器の声が響き渡ったモノだから、すわっ!事件???と思っちゃった。(注:すわっ!を知らない人は調べてね)

 

で、その声にいち早く反応して外に飛び出してきたのが誰あろう隣の迷惑タバコ親父であった。

暇なヤツだ。

www.syouyudango.com

 

私は覗きこそしなかったのだが、2階にいた娘情報では

隣の二世帯賃貸に住む迷惑タバコ親父一家の上に住む家族…夫婦と割と大きな娘&息子の家族だが、その娘の彼氏がよく泊まりに来ていて、車を田んぼ道のちょっと広いスペースに我が物顔で停めているのをよく見ていた。

早朝のワン散歩で見かけるにつけ

『こんな所に停めていーのかなー』

とは思っていた。

だって、その場所は田んぼ作業に来られる農家さんが軽トラを停める場所だから。

 

夜中はまだしも、早朝も停まっているとなると当然田んぼ作業に支障を来たす。

そんな訳で多分農家さんが通報したのだろう。

パトカーが巡回して、違法駐車に遭遇したということらしいが、ここからが信じられない話。

 

迷惑タバコ親父と2階のバカップルの親父が路上で話し込んでいた。

「こんな田舎の空いている場所に停めてナニが悪い」

「あいつら(農家さん)土日も朝っぱらから草刈りしてうるさい」

「警察は他にもっとやることがあるだろ」

と、ここまでは個人の感想なんでどうでもいいのだけど、

「次からココに停めればいいさ」

 

ココ=我が家の小屋の前。

風雨にさらされ、倒壊の危機を幾度も乗り越えてきた我が家のアノ小屋の前に停めろと言っている。

www.syouyudango.com

www.syouyudango.com

 

バカだと思ってたけど真性のバカだ。

ふざけんなよ!

 

停めたら通報するからな!

 

 

と、娘が言っていた。

 

f:id:syouyudango:20220625191044j:image