だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

身につまされる思い

老眼だけど、見出しはきちんと読めました!

今朝の朝刊の一面

高齢者収入、年金のみ半数 「生活苦しい」5割超

年金収入のみが半数とすると、残りの半数は何らかの収入があるってことですよね。

経営者?役員報酬?不動産?預貯金の利子利息で暮らしてる人もいるらしい。

いずれにせよ、年金以外の収入があるっていいね。

とりあえず生活に心配はないってことでしょう。

私はこちらのカテゴリーには入れない人間です。

なので実にうらやましい。

で、問題なのは、年金のみの生活者の内の「生活が苦しい」5割超の人達。

苦しいってどんなことをいうのでしょう。

痛いとか苦しいっていう感じ方は人それぞれだと思うのです。

遥か昔の出産の時、隣のベッドの人が「痛い!痛い!死ぬ~~~!もういやあああああ」って叫んでいたのを思い出しました(*'▽')

苦しいって口に出して言う人もいれば、黙っている人もいる。

大きな声で「苦しい!」っていう人の中にも、もしかしたら結構な浪費家の方もいらっしゃるかもしれません。

また、持ち家の方、賃貸の方、お子さんのいらっしゃる方、天涯孤独な方、、、

百人百様、ひとくくりにはできませんね。

働き始めた頃より、給与明細を見るたびに、社保の天引き額にどことなく納得しきれていない自分がいました。

20歳の時は遥か遠い60歳。

年金だけで暮らせないなんて、思いませんでした。

いやいや、60歳の自分を想像できていなかったし、していなかった。

だから年金受給する自分の姿は見えなかった。

ゆえに、なんでこんなに引かれるのよ~と大いに不満だったのです。

今、目の前に迫る60歳。

年金支給は65歳になっています。

まさしく不満であり不安です。

家のローンも僅かながらまだ残っている、そして私は無職だし。

昔聞いた安藤優子木村太郎のお話。

木村氏は夜寝る時に奥様と手をつないで寝るのだそうです。

それを聞いた安藤さん、うらやましがるかと思いきや

「生存確認」

と言い放ったのです。

長寿社会となった今、生涯独身の人も、つれあいに先立たれた人もいます。

子どもには子どもの人生があるし、できる事なら迷惑をかけたくないと思う方も多いです。

でもさ、お金なければ老人ホームにも入れないのでしょう。

だとすると、今後一層孤独死する人って多くなりますよね。

淋しいね。

一生懸命生きてきて、最後の最期にこうだとね😢

まもなく消費税も10パーセントになります。

ますます「生活苦しい」世帯が多くなりそうです。

~今日の一句~ 庶民には 悠々自適は 夢のまた夢