だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

新潟発「もも太郎」伝説

 その昔、おばあさんが川へ洗濯に行き、流れてきた桃を拾って

家へ持ち帰った。

その桃から生まれた桃太郎。

イヌ、サル、キジを従えて、鬼ヶ島へ鬼退治に・・・というお話。

子どもの頃、よく聞かされた物語です。

正義の味方のヒーローが悪者達をやっつける、という水戸黄門

ストーリーです。

 

でも成長過程においては、うざった見方をする年頃というものが

誰にでも、確かにあって、

物事をどうにも右斜め上あたりから見てしまう事ってありました

よね。ね。。ね!

 

おばあさんが桃を半分に切った時に、

中にいた桃太郎は怪我をしなかったのか、、、

イヌ、サル、キジって、いうほど役に立ったのか、、、

彼らとどうやって意思疎通を図ったのか、、、

きび団子が腐ることはなかったのか、、、そして

なぜ勝手に鬼ヶ島へ遠征して鬼退治しちゃうのか、、、

鬼達は鬼ヶ島で静かに平和に暮らしていたかもしれません。

鬼=悪いヤツと決めつけるのもいかがなものか、、、等々ね。

昔話ってある意味、いい加減。

そして、奥深い。

 

桃太郎のお話は、日本全国津々浦々に諸説あります。

有名どころは岡山県でしたっけ?

でも、本物の鬼ヶ島が香川県にあるって聞いたこともあります。

何をもって「本物」というのかは不明ですがね。

 

で、ここ新潟県において、桃太郎と言えばこれです。

 デンッ!

f:id:syouyudango:20190717105612j:plain
正確には「もも太郎」。

新潟で「ももたろう」と言われて思い出すのは、昔話の「桃太郎」

ではなく、この「もも太郎」だとか。

そう、皆さんご存知の夏の定番、あのガリガリ君以上の定番なの

です。

 

実は、名前は「もも太郎」だけど、味はイチゴ味🍓🍓🍓

かき氷のイチゴをそのまま固めたもの…と想像していただけると

正解です。

加えて、りんご濃縮果汁使用🍎🍎🍎

リンゴを使ったイチゴ味のもも太郎

ということです。

昭和20年代から発売されているという事で、かれこれ70年以上。

私が子どもの頃は確か、5円か7円で売ってたように思います。

当時は消費税もなく、こ~んなにたくさん買っても50円???

って感じ。

今では1本50円です。

時代の流れを感じます。

暑い夏には最適の一本、是非皆さまも・・・

あっ、でも新潟でしか売ってないらしいのよね。

 

もも太郎があれば、金太郎も・・・ということで、ありますよ。

コレ!

f:id:syouyudango:20190717105647j:plain
あずき入りの「金太郎」

これは固い。 おいしいけどひたすら固い。

 

そして「もも太郎」、「金太郎」と来たら、次は、、、

そう浦島太郎ですよね。

ググったらありましたよ、「浦島太郎」!

 

・・・と思ったら、商品名はなぜか

「うらしま亀太郎」だって。

亀太郎・・・・・

なんで???

 

~今日の一句~
 これ一本!じめじめ梅雨に もも太郎