だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

若かりし日の思い出 そして今

今週のお題「海」と言えば・・・

ここ新潟は、南北に長~い海岸線を持つ県です。

雪、温泉、海、コメ、酒…等々有名な物が色々ありますが、

もし、県外の友人が新潟に遊びに来るって言ったら、

どこへ連れていくかな…と考えてみました。

う~ん

一番の自慢はやっぱりこれかな。

f:id:syouyudango:20190718081732j:plain

先月訪れた県北、瀬波温泉のホテルから撮った日本海に沈む夕日です。

言葉を失うって、こういうことを言うのだと思います。

本当に美しい。

海風が心地よく、波の音を聞きながら、温泉でポカポカよ。

また行きたい!是非!

 

夕日をウリにして、いろいろなイベントも開催されます。

新潟市の海岸で、一年に一度開かれる夕日コンサート

(行ったことはありません)

例年、わりと有名どころの歌手の方々が参加されているよう

ですが、さて、今年は・・・ん~どうでしょう(笑)

 

海岸沿いを走る日本海夕日ラインという道路もあります。

時間帯さえ合えば、美しい夕日を眺めながらドライブを楽しめ

ます。

BGMはチューブかな?

なんとロマンチックじゃありませんか。

 

・・・ということで、県外の方をおもてなしするとしたら、

温泉につかり、夕日を眺め、海の幸満載のごちそうを食べる。

地酒ももちろん忘れずに。

そして帰路は日本海夕日ラインでお願いします。

感動をお土産にしてね。


海の話のおまけ。

かれこれ30年前にオーストラリアへ行きました。

夫とね。

確か3月、そう、ご存知の通り、南半球のオーストラリアは

日本と季節が逆なのです。

ちょうど夏の終わりかけの季節でした。

大陸北東部のケアンズ空港に降り立った時の暑さと言ったら(+o+)

出国時は、文字通りの冬支度。

なんたって冬真っ盛りの新潟から行くのですから。

まったく旅慣れてない二人でした。

 

ケアンズは、サンゴ礁グレートバリアリーフで有名な観光地です。

私達も体験ダイビングに参加しました。

ただ、ただね、

私はその日、非常に残念なことに、若干の体調不良で、

咳こむことがあったのです。

レギュレーターだっけ?、あの口にカポッてするやつ、

あれで、咳がせき止められちゃって(笑)

水中に長時間は、いられなかったのです。

で、恥ずかしながら途中でリタイアしてしまいました。

うん、一生の不覚です。

未だに棄権した女というレッテルを貼られていますもん。

でも、その時私は心から思いましたよ。

呼吸ができるって素晴らしい!

空気があるってありがたい!

・・・ってね。

 

一方、夫はナポレオンフィッシュにタッチした

という自慢話を30年経った今でも、事あるごとに語っています。

30年前よ!ふんっ!

 

近年、日焼けは害悪って言われていますが、私が若い頃は、

小麦色の肌とか言っちゃって、健康的な日焼け女子が

流行っていたのです。

世良公則が燃えろ~ナツコ~♪って歌ってた時代です。

 

でもね、本音を言えばちょっぴり、いや大いに後悔しています。

 

今だから言うよ。

海水浴? やめときなさい。

プール? 室内プールにしなさい。

そして出かける時は帽子、日傘、日やけどめ!

 

30年後にわかるから・・・ってね。

 

~今日の一句~  
  日常の 時空を止める 海の中