だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

緊急地震速報の通知音って何とかならないものでしょうか

昨日19時23分、日曜日の夕食後のひととき、

世間では明日からの仕事に備え、のんびり過ごす時間です。

私はそろーりお風呂に入りましょうか…の時間でした。

 

スマホが突然鳴り響きました。

ほとんど鳴ることがない私のスマホが。。。

いつものメールでも通知でもない音です。

ヴィーヴィーヴィーヴィー!ってやつ。

そう、緊急地震速報です。

 

ヴィーヴィーヴィーヴィー!

「えっ地震(◎_◎;)!?」「こわ~~~い(ノД`)・゜・。」

ザ・乙女チック!(←この言葉自体がもはや死語)

 

昨日の場合は、

あと30秒ほどで揺れます…みたいな通知だった。

さて、その30秒で何ができたかというと、、、

ただそこに留まるしかなかった。

何もできなかった。(´-ω-`)

 

私にとって、緊急地震速報の存在意義とは何なのだろう。

というか、

数年前から緊急地震速報で、揺れる前に教えてくれるようには

なったけど、あれってどうなの?

皆さん どお?

 

数秒後、数分後の地震予報を聞きながら、

人って一体何ができるのでしょうか。

火を消す?

避難経路を確保する?

頭ではわかっていても、その時になると何もできない自分がいます。

多分ほとんどの人ってなんにもできないのではないでしょうか。

突然揺れるのも驚くけど、

「これから揺れます」って言われるのも恐怖でしかない。

 

これ、いろいろなバージョンがありますよね。

特にJアラート?のエリアメールは恐怖感を際立たせます。

恐怖の音に続いて、「地震です」「津波です」と連呼する。

ヴィーヴィーヴィーヴィーも、キン↝カン↝キン↝カンも

とにかく心臓に悪い事この上ない。

 

この通知音を、他の何かに替えるとしたら何がいいでしょうね。

法螺貝って人が結構いて、笑いました。

で、法螺貝ってどんなんだっけ???と思ってYouTube見たら、

これもやっぱり怖かった。

 

デパートのチャイムは、デパートにいる時にはNG。

玄関のチャイム音は「は~い」とか言って玄関へ出て行って

しまいそうでNG。

犬の鳴き声は、単に飼い犬が吠えてるだけと思えるのでNG。

親父のくしゃみ・・・ダメだな。

 

日常的ではない音、地震に注意させる音、

そして無駄に恐怖をあおらない音。。。

なんだろう。

 

笑えるのがいいな。

笑いながら「どうしよ~どうしよ~」って言うの。

その内本当に揺れが来て、でもその音がおかしいものだから、

笑いが止まらなくて、その内揺れも収まる。

ダメ?

 

昔から、「地震、雷、火事、親父」って、恐怖の対象みたいに

言われていました。

最後の「親父」は置いといて、やっぱり「地震」は怖いよ。

私は1964年6月の新潟地震を経験しているのだけど、

揺れた、怖かった、という記憶はありません。

ただ当時、祖母が七輪を持ち出して魚を焼いたり、

洗濯板で洗濯をしていた光景が思い出されます。

ガスも電気も止まってたのでしょうね。

 

近年、全国各地で大きな地震が何度も置きました。

避難所での暮らしを余儀なくされる被災者の様子を

テレビで見るにつけ、言葉は悪いですが、

「明日は我が身」かも。。。と考えます。

非常食の備蓄や、非常持ち出し袋、ラジオや懐中電灯の準備

等々、その時は「やらなくては!」と思うけど、

のど元過ぎれば・・・です。

 

日本は地震大国。

備えていても憂いアリ、かもです。

 

~今日の一句~

  数秒後 地震が来るよと 言われても

 

◇追伸◇

先日来、この拙いブログにコメントを頂戴しています。

本当にありがとうございます。

励みになります。

きちんとお礼を申し上げたい!と思う気持ちはあるのですが、

いかんせん

返信の仕方がわからない。

ごめんなさい^_^;

もう少し勉強して、きっとできるようになるからね!