だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

復活!NGT48 3か月ぶり劇場公演で号泣…に関する私的感想

ようやく、と言うより、とうとう出て来たNGT48。

劇場公演、タイトルは夢を死なせるわけにいかないだって。

・・・ふうううん。

 

「今日を迎えるまで真実ではないことが広まってしまって…」

・・・へえええ。

 

「すごくメンバーみんな苦しんだんですけど、言われてるようなことが真実であるならば、

このステージには絶対に立てません」

・・・ほおおおおお。

 

一体どの口が言うんだか。

お嬢さん、火のない所に煙は立たぬって言葉をご存知ない?

号泣って…泣けばいいと思ってる?

 

昨年末、メンバーだった山口真帆さんが、暴漢に襲われるという事件が発生。

犯人はファンの若い男。

こともあろうに、NGTメンバーにそそのかされての犯行だったとか。

年が明け、一向に改善が見られない事態に業を煮やした山口さんが、SNSで暴露発信。

 

そんなこんなでぐちゃぐちゃになったNGT問題。

もう今年も半分終わったというのに、何の解決も見えていない。

そして今回の劇場公演再開劇。

 

 事件が公になった時、新潟に本社を持つ企業はいち早くCMを中止し、スポンサーを降りた。

この勇断に、新潟県民は拍手喝采

他スポンサーも順次それに続き、最終的には、新潟県新潟市もNGTとの契約を解除した。

 

そしてNGTは開店休業を余儀なくされた。

 

その開店休業中にも、実にいろいろなことが次々に出て来た。

 

山口さんを揶揄する発言、

ファンとのつながりをアピールする動画、

マネージャーをガムテープでぐるぐる巻きにしたという事件、

そして山口さんの卒業公演の様子を伝えるテレビのチャンネルを

変えて欲しいという誤爆投稿。

 

おおよそアイドルとは言い難い行状の数々。

 

それらに対しても、きちんとした説明をしないまま今日に至っている。

 真実は一向に伝わって来ない。 

どうして真実が言えないのだろう?

そもそもどれが真実なのか?

 

結局、言えないのは、言わないのではなく、

真実=クロ

だから言えないってこと。

誰だってそう思うよ。

 

それでも、まだこうやって、やり過ごそうとする自称アイドルを、どこのどなたが応援するのだろうね。

このまま何事もなかったかのように、

「NGT48でえす。がんばりまあす♡(^O^)ニッコリ」が通ると思ってるのだとしたら、

あまい!

 

結局山口麻帆さんは、彼女を守った2名とともに、NGTを卒業となった。

卒業と言うと聞こえはいいが、あれだね。

ほら、一般社会でよく言う自己都合による退職の強要。

 

この3人は、それぞれ新しい道の一歩を踏み出している。

NGTのことなんか忘れて、頑張ってほしい。

 

そして、今回めでたく再出発したNGTには、できることなら一刻も早く

 

辞めていただきたい!

 

~今日の一句~

  真実に 蓋したままの NGT