だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

所詮みんな年下

新しい職場で、

新しい仕事を始めて、

はやひと月半。

 

当初から

コロナの影響で、在宅勤務やら分散登校などの変則勤務が続いている。

加えて、

全員マスク姿なものだから、未だ顔と名前が一致せず、日々苦労している。

 

先日などはとうとう、

Aさんに伝えるべきことを、

Bさんに伝えてしまうという痛恨のミス。

途中、

お互い

『何となく変だなぁ』

と思い始めたものの、そのまま話を進め、

暫く後に人違いに気づく…という体たらくであった。

 

アナガアッタラハイリタカッタ。

 

f:id:syouyudango:20200519165101j:plain


 

今日は今日とて

男性教員の区別がつかなくてまいった。

 

前回のような恥ずかしい思いはもうしたくない。

転ばぬ先の杖…とばかりに、前の席に座る若い女性教員にこっそり確認した。

 

「C先生とD先生って似てますよね。

どうしたら見分けられますかね」

 

その女性いわく

「えっ!?似てますかぁ??そうですかねぇ」(⌒▽⌒;)


彼女もこの4月に赴任して来たばかり。

なのにもうほとんどの教員を把握している様子。

 

この差はナニ!??

 

まぁ、かたや同僚教員、私は事務パート。

同じ土俵で語るのもどうか?…って話ではある。

 

で、

その話をそばで聞いていた事務長氏が

CとDの決定的な見分け方を教えてくれた。

 

それは髪の毛。

 

Cはフランシスコ・ザビエルタイプ。

Dは黒々ふさふさ。

 

f:id:syouyudango:20200519165306p:plain

 

そうか。

頭を見ればいいのだな。_φ( ̄ー ̄ )メモメモ

でもそれって、

上から見ないとダメだよね。

何とも失礼千万ではないか?

 

・・・・・と、目下の悩みはコレ。

なかなか顔と名前が一致しないことなのである。

 

事務長氏には、

「その内わかるよ」

と言ってもらってはいるけれど、

『その内』がどのくらいなのかが不安なのである。

 

今日は新たにCとDにそっくりなEが突如出現したし、、、

 

まったくもお!

 

 

そんな感じで、

若干気弱になりかけていた今日この頃。

 

絶対に避けたいのが

だからシニアは(ダメダメじゃん)…と言われるような事。

逆に

やはりシニアは(素晴らしい)と、思われなくては、

面接でこの私をあえて採用してくれた校長、事務長、他1名(異動してもういない)に申し訳ない。

 

間違いのひとつや二つにいじいじしててもしょうがない。

 

ヨシッ!

この際開き直ってみようじゃないか!。

 

周りは所詮みんな年下なのだ! ←4、5人は年上もいるけど

人生経験は間違いなく私の方が長い! ←上とは言わない

そう!

私の方が断然長く人間やってる!

 

どうだ!まいったか!!

 

f:id:syouyudango:20200519163737j:plain

 

〜今日の一句〜

 お仕事は 年齢不問と 言わせたい