だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

着信が怖い

最近、

実家の親の具合があまり良くない…的な内容の記事を立て続けに拝見した。

 

そうか

皆さんももうそれなりの年齢なんだ…と、妙に連帯感を感じている。

何処も同じだな、、、と。

 

我が家の場合、

夫の両親は既に他界している。

 

私の方は

父は亡くなっているが、母は健在。

 

とは言っても、

(頭が)忘れん坊将軍になってしまい、今はサービス付き高齢者住宅でお世話になっている。

 

f:id:syouyudango:20200520164820j:plain

 

さて、

この私、数年前からナニがイヤかって言えば、

電話の着信ほどイヤなものはないと思っている。

普段、

私はほとんどの用事をスマホのショートメールで済ませている。

それも、

家族間の他愛もない連絡やらご機嫌伺い程度の、顔を見て話せば済むような内容である。

例えば

『ごはんできたよー』とかね。

 

前の会社を退職する時、

今後不要と思われる人間関係を断捨離し、

スマホの『連絡先』は今、本当に必要不可欠な人だけしか残していない。

そのせいかどうかはわからないが、

以前より増して電話がかかってくることが少なくなった。

 

そんなわけだから、

着信音が鳴ると、非常にビビるのである。

 

それが家族ならなおさら。

 

事故か?

事件か?

犯罪か?

 

そんな不安が一瞬にして頭をよぎるのである。

事実、

家族の電話、特に息子から来る電話は100%そういった類のものなので、余計身構えてしまうのだ。

 

この年齢になると、

親戚や知人の病気発覚とか入院とかの、あまり嬉しくない連絡も増えてくる。

もちろんそういうのは全て電話で。。。

 

f:id:syouyudango:20200520164921j:plain

 

父が亡くなった時の事を今でも鮮明に覚えている。

日曜日の朝、母からの電話。

こんな時間に珍しいな…と思いながら出ると、第一声が

 

「お父さんが死んじゃった」

 

いやぁ、

テレビドラマではよくある話だけど、こういうことって本当にあるのだと改めて思った。

 

昨日までぴんぴんしていた父は、翌朝ベッドの中で亡くなっていた。

所謂ピンピンコロリ。

ある意味、いい死に方だったと私は思う。

ただ残された方、

特に母親は大きなダメージを受けていたけどもね。

 

私の知る限りでは、父は健康そのものだった。

タバコも吸わないし、晩年は酒もたしなむ程度。

早朝の散歩、夕食の納豆、早寝早起きを日課としていた。

そして

亡くなる前日には車の任意保険を納めにディーラーへ出かけて行ったのだが、

後日、

その担当者に

「あの日、いつものようにニコニコ笑っておられましたよ」

と聞いた。

それを思い出すたび、父らしいな〜と誇らしく思う反面、

ちょっとだけ切なくなる。

 

f:id:syouyudango:20200520165006j:plain

 

そんなわけで、

電話の着信音はチョット苦手だ。

 

間もなく父の日。。。

 

〜今日の一句〜

 そういえば 昔の着信 流行歌  にしていたっけ ハズカシイナ