だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

幽霊見た!

今週のお題「怖い話」

 

 

幽霊の正体見たり枯れ尾花
【意味】
恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないものまで恐ろしいものに見えることのたとえ。

また、恐ろしいと思っていたものも、正体を知ると何でもなくなるということのたとえ。

故事ことわざ辞典

 

でも私

本当に見たことがあるんだよね。

幽霊👻⊃⊃⊃

 

かれこれ半世紀も前のこと。

 

その頃

私達家族5人は

六畳ひと間に布団を敷いて

並んで寝ていた。

 

f:id:syouyudango:20200820073543j:image

 

とある夏の日

蚊取り線香の香りがそこはかとなく漂っていたのを覚えている。

 

深夜

ふと目が覚めた。

 

蚊帳の向こう側に

着物姿でコチラを見つめる大人がふたり。

性別は不明。

 

何をするでもなく

ずーっと、じーっとコチラの様子を伺っている。

 

『あれ?

お父さんとお母さん、何やってるん?』

 

最初はそう思ったのだが

 

なんか…違う。

 

当時はまだ目も悪くなく

視力はバッチリだったから

見間違いでは断じてない!

 

寝ぼけてたんだろ、、、

と言われてしまうと反論のしようがないけども。。。

 

でも私はその時、瞬間的に

 

『コレは絶対おばけだ!』((((;゚Д゚))))

 

と確信した。

 

そう思うと

もう怖くて怖くてたまらない。

 

隣に寝ている両親に伝えようとしたのだが

どうしても身体が動かないし

声も出ない。

 

カナシバリ初体験である。

 

必死で目をつぶって耐えるのみだった。

 

そして

幼いながらも思いつきでお経を唱え続けていた。

なんみょ〜ほ〜れんげ〜けょ〜…的な。

 

そうこうしている内に寝てしまい

いつの間にか朝を迎えた。

 

ただ

それだけの話。

 

でも

あの時のアレは決して枯れ尾花ではなく

本物の幽霊だったと今でも思っている。

 

あー怖かった。

 

f:id:syouyudango:20200820074144j:image

 

余談だけど

 

真夏の六畳間に5人。

 

もちろんクーラーなどなかった時代。

それでも文句も言わずに寝てたし、

寝られていたのだ。

 

今ではとても考えられないね。

 

おばけが怖いどころの話じゃないわ。

死の恐怖😱

 

 

もうひとつ余談。

ある友人の話。

 

彼女の名前は玲子さん。

2人姉妹の妹である。

 

ふたつ上の姉は優子さんといった。

 

カンの鋭い方はもうおわかりだろう。

 

家族は普段彼女達を

「優ちゃん」「玲ちゃん」

と呼んでいた。

 

雷を落とす時は『ちゃん』は無し。

 

姉妹の上下関係を考えれば普通なら

「ゆう!れい!」

と順番に呼ぶのだろうが

こういう時は完全逆転

「れい!ゆう!」💢

になるのだそうだ。

 

ご両親も気になったのかな???

 

本人に直接聞いたから多分本当のお話。

 

f:id:syouyudango:20200820192423j:image

 

オモシロイ。

 

〜今日の一句〜

本当は おばけやしきも 大嫌い