だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

求人広告にウソは…ある!~某社の場合

『某社』としたが、まぎれもなく先般、私が退職した会社である。

なので、多少の脚色はするが、その根本に嘘はない。

 

これから人を呼び込もうという時に、自社のブラックな部分をあえて紹介するような会社はないだろう。

そうでなくても優れた人材は、より高く自分を評価してくれる会社に流れていくのが道理である。

 

それゆえ、

求人誌にはいいことしか書いていない。

これは周知の事実である。

 

 

 f:id:syouyudango:20191028075459p:plain

・ アットホームな会社=社長以下、専務、常務など、役員はすべて身内と腰ぎんちゃくのイエスマン

・ 先輩が丁寧に指導します=指導はするけど、限度はある。一度聞いたら覚えろよ。

・ 残業少なめ=残業は少ないけど、早出はある。

・ 残業手当支給=賞与で相殺。

・ 昇給あり=5年に一度だけどね。

 

まさに物は言いよう、求人票は書きよう…だ。

 

求人誌に、

社長サンと思しき人物が、斜め上あたりを見上げ、薄ら笑いを浮かべている写真が出てきたら、黄色信号。

社員のガッツポーズで「社員一丸となって楽しく仕事ができる会社です」アピールの写真が出てきたら、もうマズイから。

 

 f:id:syouyudango:20191028073037j:plain

  

でも、こういうのに応募してくる人がいるのだよ。

 

某社はローカル中小企業だけれど、地元では一応名の知れた会社である。

でも、名前のある会社だからって、黒くないってことではないのである。

 

こんな会社だから、面接も独特である。

 

まず当日は早朝、会社の始業時刻に合わせて来社させる。

朝礼に参加させるためだ。

ひとことでは言い表せないが、とにかく宗教がかった不気味な朝礼である。

泣いたり、笑ったり、叫んだり、急に拍手したり、かと思えばなぞなぞを出し合ったりという朝礼である。

普通の人なら、もうこの段階でお察しになり、お帰りになるはずだ。

普通の人ならば…。

 

ところが不思議なことに、それでもなお、そこに留まる人は少なくない。

 

不採用が何度か続くと、自暴自棄になるのだろうね。

もう、この際どこでもいいから就職したい。

なんでもするから私を雇って。。。

その場に残るのはそんな人達なのだろう。

気持ちはわからなくもない。

 

だが、ここで彼らはもう一度冷静になるべきなのだ。

 

どう考えたっておかしいだろう。

朝礼の不気味さもさることながら、まだ入るかどうかもわからない会社、つまりは、よその会社の朝礼に参加するのだ。

その不自然さは、冷静に考えれば自ずとわかることではないか。

 

朝礼後に行われる面接は、応募者全員に対し面接官が4名。

新卒採用でもないのに、全員まとめての集団面接である。

「こんなに応募者がいて、もう大変ですよ」アピールをしたいのだろう。

面接官4名がそれぞれ、応募者各人全員分の履歴書のコピーを持つ。

履歴書コピーするってどうなのよ?

 

f:id:syouyudango:20191028072938j:plain

 

履歴書に基づいて質問をするので、応募者全員の家族構成やら前職やら退職理由など、そこにいる全ての人にまるわかり。

よもやそこに個人情報などはない。

まさにクソ面接。

 

この段階で、ようやくおかしいと気づいてお帰りになる人もいる。

当然帰るべきだろう。

 

しかし、これでもまだなおそこにとどまる人がいる。。。

 

こんな感じの面接が半日かけて行われるのである。

 

ここまで個人情報をさらされて、挙句の果てに不採用ではたまらないよね。

でもそういう会社だからしょーがない。

 

クソ面接を乗り超えてめでたく???採用が決まった人には、この後、地獄のような、理不尽極まりない研修という名の洗脳が待ち受けているのである。

 

お気の毒だ。

 

~今日の一句~

  一度には 書ききれないから またつづく