だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

求人広告にウソは…ある!~某社の場合その2

 

www.syouyudango.com

 

ハローワークインターネット求人検索。

私も一応求職中の身であるがゆえ、このサイトを毎日のように利用している。

その時、もののついでにお邪魔するのが、先般退職した会社の求人情報。

すべてさらっと忘れてしまえばいいものを、こんなところで引きずっている私も私である。

いや、後悔してるわけではないよ。

ぜーんぜん後悔などしてはいない。

それよりも今、この会社がどこの部署で、どのように求人をかけているのかに、だんぜん興味津々なのである。

 

あそこで募集してるってことは、あの人が退職したのか?

嫌がらせされたのか?

とかね。

長らく在籍していた会社だから、なんとなく…ではなく、手に取るようにわかる。

 

新しい人が入ったとしても、すぐに辞めていく。

古株の人が、自分の仕事を失う恐怖を感じるのか、新人を育てようとしないのだ。

それどころか、その人が自分より多少技術が上であったり、器量がよかったりすると、あからさまに嫌がらせのようなことが始まる。

いい年したおばはんが、お客様のいる前でも平気で罵倒するのだから、困ったものだ。

 会社もベテランおばはんに辞められれば、それこそ困る…ってわけで、強くは言わない。

言えない。

 

だから、新人さんは多少の期間は我慢しても、結局長続きせず辞めていくのだ。

ずっとその繰り返しなのである。

 

辞めた会社だからどーでもいいけど。。。 

 

 f:id:syouyudango:20191029104908j:plain

 

パートの求人で、求職者が一番に確認するのは就業場所だと思う。

子育ても、家事も、仕事も、そのすべてをこなすとなると、やはり通勤距離とそれにかかる時間を計算しなくてはならない。

子どもが小さい場合などはそれこそ大変である。

 

そして次が時給。

 

f:id:syouyudango:20191029103815j:plain

そう、某社になかなか応募が来ない理由はまさにコレだ。

新潟県最低賃金は830円。

某社ももちろん830円。

昇給アリとはしているが、ハッキリ言って、昇給はない。

あったとしても5年後、そしてまたその5年後である。

その間にまた最低賃金が上がるから、どうしたって全員最低賃金のまま…ということなのである。

 

求人には『欠員補充』と『増員募集』とがあるのだが、某社では常に『増員』で求人を出す。

でもコレは大ウソで、明らかに欠員が出ているにもかかわらず、増員として募集するのだ。

なぜなら、

業務多忙をアピールしたいから。

そして、年がら年中人手不足、定着率の悪い会社…と思われたくないからである。

私が在籍していた時から、ずっとそうだった。

その証拠に万年『急募』になっている。

 

今も某社の求人は相変わらず健在であった。

それも4部署。

もちろん『急募』は言うまでもない。

 

昨日、ハローワークインターネットで『月給200万円超』で検索してみた。

 

f:id:syouyudango:20191029103805j:plain

 

医師、歯科医師外資系生保、金融機関マネージャー等がヒット。

経営者ではなく、ハロワの求人だからね!

スゴイよね!!

200万円だって!!!

 

でも…

「雇われ人でこの給料ってすごいよね~」と得意気に息子に話したら、

「世の中を知らない」と鼻で笑われたのだが・・・

 

そうなの???

 

~今日の一句~

  世の中は まだまだ知らない ことばかり