だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

ハローワークの人って意外と優しい〜選ばなければ仕事はある?

 


 私は今、絶賛求職活動中。

ハローワークでの手続きをつつがなく終え、現在待期期間中の身である。

この年齢で就活をするようになるとは思いもしなかった。 

でも、求職活動をしないと、失業給付の受給資格なし…ということになるそうなので、もう一度書くが、

私はまぎれもなく現在求職中である!

 

 f:id:syouyudango:20191027105542j:plain

 

定年を数か月後に控え、60になったら時短のパート勤務になろう…

心の片隅でそう思っていた私の人生設計が、儚くも崩れ落ちたのが4か月前。

以来、私は20年ぶりに専業主婦となり、その生活にもようやく慣れてきた今日この頃である。

 

退職の経緯は何度かココに書いてきた。

ザクっといえば、会社の方針に納得できなかったから。

そんなことでサラッと退職しちゃえる自分も、相当自分本位な人間なのだとは思う。

でも、

後悔はない!

 

 

幸いなことに我が家は今、私がひとり働かなくとも、今日明日どうこうという家計ではなくなった。

そして家族は「もう働かなくていいよ」と言ってくれる。

ありがたい。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

就業中は仕事でハローワークへ行っていた。

入社、退社など雇用に関するもろもろの手続きだ。

その時は感じなかったのだが、いざ自分が利用してみて気づいたことがある。

ハローワークの職員は、案外優しい。

私の退職理由に、涙もこぼさんばかりに同情してくれたお姉さん。

あなたの期待に応えるために、私は頑張って仕事探すよ!と、心に決めてから、はや数カ月。

今は。。。。。(★´-ω-).。oOO

  

 f:id:syouyudango:20191027113054j:plain

 

 とりあえず、失業給付を受けるために、就職活動を最低限の回数こなさなければならない。

説明会に参加とか、職業相談とか、そういったものも一回にカウントされる。

その内、必然的に応募→面接までしなければならなくなるのだろうけど、その時はその時に考えよう。

 

そういえば以前の会社で不思議に思っていたことがある。

面接が終わり、採用が決まった後、どういうわけか辞退される方が多くいたのだ。

せっかく採用なのに。

 

自分がその立場に立ち、初めてその疑問が解けた。

求職活動実績のカウント稼ぎ。。。

そういうことだったのだ。

 

今、毎日のようにハローワークインターネットにアクセスしている。

・なるべく家のそばで通勤距離が短く、

・土日祝はお休み、

・もうフルタイム勤務はしなくていい、

・シフト勤務もイヤだな、

…等々、図々しいほどの希望で検索している。 

 

そんな仕事は

 

あろうはずがない!

 

今のところ、この生ぬるく、居心地のいい状態を捨てる勇気がなく、ただ検索して見ているだけの求人鑑賞。

失業保険給付の定義には反してしまうが、そこはもう、いただけるものはいただかないと。。。

 

~今日の一句~

  だんだんと 勤労意欲が 消え失せる