だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

アノ会社にいなかったら、体験できなかっただろうと思う

今週のお題「激レア体験」

 

今まで普通に

そして至極平凡に生きてきた私にとっての

「激レア体験」

って、なにがあるかな。

 

無理矢理捻り出すとしたら、

アレかな?

 

昨年退職した会社。

私は事務員として入社し、かれこれ20年勤務したのだけど、

その長い年月の中で、

会社の事情も入社当時とは随分変わって行った。

 

創業者が亡くなり、

代わってその息子が二代目社長として君臨するようになると、

新しい事業に次から次へと乗り出すようになった。

手当たり次第にやってみる…的に、何でもかんでも手を出した。

 

彼の辞書には『身の丈』という言葉はなかったらしい。

 

公募案件出ると、その都度、

企画立案

 ↓

企画提案書作成

 ↓

(書類が通ると)プレゼンテーション

 ↓

(選定されると)店舗設営

 

…という流れになるのだが、

どういうわけか、その規格提案書の作成を私がやることになった。

 

f:id:syouyudango:20200430165345p:plain

 

どういう流れでそうなったのかは、はるか昔のことなので定かではないが、

多分最初の内はモノ珍しさや、頼まれる、任されるということが私自身嬉しかったのだと思う。

 

でも

冒頭に書いた通り、私は事務員!

本来ならそんな営業的業務は専門外である。

 

 

でも、

頼まれたらやるしかない。

そういう作業に少なからず興味がないわけではなかった。

 

以降、

この企画書作成業務は私の仕事となった。

 

年間2〜3回程巡ってくるこの作業。

いつも思うことは、

 

1を2や3にするのはさほど難しいことではないのだが、

全くなにもない0の段階から1を作り出すというのは至難の技であるということ。

まさしく産みの苦しみなのである。

 

自分の中では最高の出来…と思っていても、二代目社長のGO判定がなかなか出ない。

なんだかんだと難癖をつけられるのが常だった。

ナニか言わなきゃ気が済まないタイプがあるとしたら、まさしくソレだ。

で、

最終的には二代目社長が気にいるような企画となる。

 

生まれた時から金持ちで、ナニ不自由なく成長し、苦労もせずに社長になったあの男と、

我々庶民の感覚とは当然かけ離れたものがある。

 

例えば、

社食の提案に500円ランチを提案しても、

最低700円だろう!」

となるのである。

 

社食に最低700円って。。。

700円もあっていいけど、それが最低ラインだとお客様には敬遠されるだろうな…。 

 

でも

ここを乗り越えなければ、企画書の提出ができない。

提出期限は刻一刻と迫って来る。

 

最終的には彼のいい値で提出ということになるのである。

 

そうしないと提出すらできないからね。。。

 

その後、書類選考に合格すると、

この私、

今度はプレゼンテーションにもしゃしゃり出ていくようになる。

身の程知らずにも程がある。

 

f:id:syouyudango:20200430165429p:plain

 

ええ、

喋りましたとも。

国家公務員の前で、

大学職員の前で、、

病院関係者の前で、、、

威風堂々とね。

 

そんなこんなで

めでたく業者選定された案件が4~5件ある (●´ิ∀´ิ●)ドヤァ

 

営業さんなら何ら不思議ではないのだろうけど、

私にとってはまぎれもなく劇レア体験なのだ。

 

だって私は

 

事・務・員!だから!!!

 

以上!

 

~今日の一句~

なにごとも 経験しといて 損はナシ