だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

夜中に足がつって痛くてたまらない

またまたで恐縮なんだけど

椎間板ヘルニアの治療のため、只今絶賛入院中の我が夫の話。

 

現在の病院(K病院)に入院して早くも10日が経過した。

 

今更だけどこのK病院、

その方面の手術

 

やってないんだってー!

 

なんだよ!٩(๑`^´๑)۶

 

10日分の入院が無駄になったじゃないか!?

安静、安静、また安静で

痛みが引くのをじーっと待つという方針だったのだ。

 

まぁ、

痛みがなくなればそれでもいいのだけど、

夫の場合、全く改善が見られなかった。

 

ということで、

手術前提で入院できる病院を紹介してもらうことになった。

 

転院先に決まったのはC病院。

古くからそっち方面に定評のある病院だ。

最初から来といたら良かったのに!

 

とりあえずの診察をする為に、

昨日私が連れて行って来た。

 

朝8時半にK病院へ迎えに行き、

C病院に到着したのが9時半頃。

そこから長い長い長い1日が始まった。

 

私達は長くて2時間程度の診察と思っていたのに。。。

 

不思議なことに

発症してから今回含めて三軒の医院、病院の診療を受けているのだが、

今回もまた最初から同じ検査を受けることになった。

 

レントゲン、CT、MRI、心電図、血液検査、尿検査・・・。

 

こういう情報って、病院間で共有してもらえないものなの?

僅か1ヶ月の間に諸々の同じ検査って、意味あるのかね。

 

お金に羽が生えて飛んでゆくわ。

 

そんなわけで

ほぼ丸1日かけて検査&診察の結果、

本日転院、月曜日手術の運びとなった。

 

昨日の検査

夫は車椅子にずっと座っている事ができず、

待合の椅子に横になったり、

ストレッチャーで運んでもらったり、

息も絶え絶えであった。

でも、

その度に手伝う私も疲労困憊。

 

昨晩

両足つりまくって、何度も目が覚めた。

痛いのなんなって。

 

f:id:syouyudango:20200612182112j:image

 

昔から

体を酷使した時は、足がつりやすい体質?で、

『今回も多分コレ…来るな』

…と思っていたけど、

 

やっぱり来たね。

 

で、

朝になっても繰り返すので、

本日偶然休みを取っていた娘に、

転院の段取りを取ってもらい、そのまま夫に付き添って貰った。

 

私はというと

とりあえず暇な職場に出勤したのだが、

昼間もずーっと痺れたままだった。

体力のなさを改めて実感した。

 

さて、

夫は無事転院してあとは手術を待つばかり。

激痛から解放される思いで、今のところ手術の恐怖はないらしい。

 

明日は手術の説明があるとかで午前中に病院へ、

午後からは本人不在で年金事務所に行く予定。

 

にわかに忙しくなって来たな。

仕事以外で。

 

と、ここまで書いてふと思った。

 

私の仕事って

やっぱり家族や家の事がメインだな。

 

〜今日の一句〜

梅雨入りは まだしてないが 雨つづき