だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

『湯の旅』に行ってきた~入浴シーンあり

旅というより、ドライブだな。

 

 f:id:syouyudango:20191101091540j:plain

 

先週、娘と行った先は月岡温泉

自宅からは車で20分程度の至近距離である。

 

世の中には『美人になれる温泉』を謳った名湯は数多あるが、ここは『もっと美人になれる温泉』。

『もっと』というところに、他には負けないという心の奥底に秘められた強い意思を感じる。

そして、世の全女性へのこの気の使いよう(●´艸`)

「私は美人だけど『もっと』美人になれるのよ。ウフッ。」

そんな気持ちを密かに持ちつつ入浴している女性達の姿が目に浮かぶ。

全国的にはどうか知らないが、県民にとっては一応それなりの知名度のある温泉地である。

 

www.tsukiokaonsen.gr.jp


新潟市街からは車で約40分。

温泉街には自炊のできる湯治の宿から、贅の限りをつくした高級旅館まで、大小12のホテル旅館が立ち並ぶ。

その高級旅館のHPを拝見してみた。

なかなか怪しい雰囲気を醸し出している。

訳ありか?

おしのび旅行か?

そんなことを考えてしまう。

言っておくが、私は決して欲求不満ではないから。

 

ほら、よくあるでしょ。

2時間サスペンスで、どこぞの社長さんとその愛人が???的な匂いがプンプン漂うHPなのである。

まあ、主観の相違は大いにあり得る。

 

じゃらんの口コミにはいろいろな方の投稿しているから、私が思うようなお方ばかりではないのだろう。

話のタネに、泊まってみるのもいいかもしれない。

 

ただ、如何せん

高い!

 

冥途の土産に…と思っても、

清水の舞台から飛び降りた気持ち…でも、私には無理だな。

 

ご承知の通り、私には根っからのビンボー根性がある。

まずは料金ありき。

どんなに素晴らしいおもてなしであろうと、どんなにおいしいお料理であろうとも、いの一番に料金表に目が行く。

 

例えばそこが一泊6万だとしよう。

私なら3万円で2泊する。

6万円のところに泊まったことがないので何とも言えないが、3万円のところなら何度か泊まっている。

私にとっては3万円でも十分すぎるくらい贅沢だった。

だから、何かの懸賞で6万円の無料宿泊券が当たったとしたら、多分私は転売する。…と思う。

『身の丈』…今話題になっているけど、まさしくコレよ。

私は3万円コースで十分満足できる人間なのである。

 

まあ、考え方は人それぞれだから何とも言えないけど。。。

 

さて、

月岡温泉は硫黄の香りが強烈である。

若い頃は、あの独特の香りがとても苦手だった。

ゆで卵を腐らせたような匂いとでもいうのだろうか。

それが今では、これぞ温泉…という香りに心癒されている。

年をとった証拠だな。

 

最後に、お約束の入浴シーンはコチラ ↓↓↓

 

 

f:id:syouyudango:20191101090928j:plain

 

ドライブの目的地は月岡温泉『湯足美(ゆたび)』

足湯である。

ちなみに無料。

 

見苦しくてスミマセン。

 

~今日の一句~

  秋の日に しばし足湯で 癒される