だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

池袋暴走事故の加害者は、いつまで上級国民と呼ばれるのだろう

もう四半世紀も前のこと。

3人目の子どもが生まれて我が家は五人家族になった。

 

f:id:syouyudango:20191113091832j:plain

 

随分前のことなので、あまり良くは覚えていないのだが、発端はテレビのニュース。

海水浴を楽しむ家族が死亡するという事故を伝えていた。

痛ましいことに変わりはないのだが、毎年同じように繰り返されるありふれた事故であった。

 

その時に夫に聞いたことがある。

「私と子ども達がもし溺れていたら、あなたは誰を助けるか」…と。

夫は即答した。

「姫」(←長女)だ。

そうだな。

当時2歳の娘。

上に二人の男の子がいて、最後こそは女の子が欲しい…といろいろな自己満努力を試してみた結果、生まれた待望の女の子である。

娘を選んだのは至極当然のことであっただろう。

 

その時、

「上二人は男だし、それくらいのことを乗り越えられないようでは、この先やっていけない」

なんとも厳しいお言葉だ。

獅子は我が子を千尋の谷に落とす。

まさしくそれ。

溺れているのを、『それくらいのこと』って言っちゃうのもどうかと思うが、

 

f:id:syouyudango:20191113091821j:plain

 

続けて

「姫は女の子だし、まだまだ小さいし、泳げないし、かわいいし、俺が助けなくて誰が助ける?」的なことを力説していた。

 

あれから20年以上経ち、娘も25歳になった。

体型も体力も立派な大人である。

かたや私。

誕生日を境に、最近調子がよろしくない。

待ってました!とばかりにあちこち痛み出し、目のかすみも加速してきた。

 

ここでもう一度聞いてみよう。

「もし私と子ども達が溺れていたら、あなたは誰を助けるか」…と。

 

彼の返事は非情のライセンス

「もう自分が泳ぐだけで精いっぱい」

「棒ぐらい投げてやる」

…だと。

棒?

えっ?

棒???

突き刺さったら危ないじゃないか!

 

しかしこれも正解だろう。

 

池袋の暴走事故で元院長が、過失運転致死傷の疑いで書類送検された。

これを受け、事故で亡くなった奥様のご主人が会見に臨んでいたのだが、気の毒で見るに堪えなかった。

 

最初からウソだらけの元院長。

「ブレーキが利かなかった」→「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」

ココまではなんとなくわかるような気もしないでもない。

しかし、

 

「もっと安全な車を開発するように」

 

と言ったとか。

 

そして

 

「フレンチレストランの予約に間に合うように急いでいた」

 

らしい。

 

この話、昨日初めて知った。

 

もし、なにごともなくそのレストランへ行ったとしたら、ワインの一杯も飲むのだろう。

で、帰りはどうする?

代行呼ぶのか?

いやいや、きっと自分で運転して帰っただろうな。

だって

「オレは上級国民」

だから。

 

「憎しみなんてゼロになるわけないじゃないですか」

ご主人の言葉が突き刺さった。

 

~今日の一句~

  国民に 上級下級が あるでなし