だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

束の間のノスタルジー〜胸の奥で眠っていた味

台風は八丈島の西南西約250㌔あたり。

夕方から夜にかけて関東に上陸するとの事、皆さまくれぐれもお気をつけください。

こちらも朝から雨。

昨日のうちに準備万端!のはずなので、今日は取り立ててすることは何もない。

願わくば、今からでも行先変更してくれないかな。。。と思うのである。

 

毎年この時季になるとスーパーで見かけるのがイチジク。

6個入り500円という値段にため息が出る。

 f:id:syouyudango:20191012111346p:plain

子どもの頃、我が家にはイチジクの木があった。

我が家に…というのは語弊があるかな。

正しくは、我が家の隣の空き地、そこにイチヂクの木が一本根付いていたのだ。

今は亡き父が子ども達のために砂場を作り、鉄棒を作り、ブランコを作ってくれたりしていた

れっきとした赤の他人の土地。

そこにあった一本のイチジクの木。

誰が手入れをするわけでもないのに、秋になるとたくさんの実をつけた。

幼い私は、それを姉や兄と競うように食べていた。

いつでも、もぎ放題の食べ放題。

お腹いっぱいになるまで食べていたものだ。

そんな時代。

うん、懐かしいな。

あれ?

「もぐ」って、もしかして方言かな。

「もぎ取る」ってことね。

 

そんなわけで、お金を出してイチジクを買うということには、少なからず抵抗がある。

でも、この時季になるとどうしても目につく。

目につくと食べたくなるよね。

胸の奥底にしまい込んだ記憶の味。

そんなノスタルジックに浸りながら、とうとう先日買っちゃった。

もちろん私の大好きな「おつとめひん」

それでも350円也。

 

今回の目標は、生で食べるのではなく、イチジク湯を作ること。

幼い頃、毎年この季節になると祖母が大きな鍋いっぱいに作ってくれた。

甘くて、おいしくて、体も心もぽっかぽかになったものだ。

もうかれこれ40年はご無沙汰の味である。

 

そんな昔の思い出にひたりながら、ふと思った。

 

イチヂク湯ってどうやって作るんだ?

 

私食べる人だったから、この年齢にして作るの初めてなんだよね(*‘∀‘)オハズカシイ

されど世の中は随分便利になったよ。

そう、困った時の森田検索。

難しいお料理だって一目瞭然よ(^◇^)

・・・・・・・・

ん?

いやいや、なんとなくわかってはいたけれどもね。

 

私の求めるイチジク湯って、

ただ皮を剥いて煮るだけだったわ ( *´艸`)

 

2~30分煮込んだら、砂糖を投入。

レシピによると目安は100~150㌘。

この際だからってことで、スケール出してしっかり計った。

 

ひいいいいいいい (;゚Д゚)

 

もっのすごい量じゃないか。

これ全部食べたら間違いなく。。。

と思ったが、私の脳は私の食欲を制御できなかったね。

 

気がついたら鍋は空っぽになっていた。

 

後悔はない。

写メもない。

おいしかった。

以上。

 

~今日の一句~

  ばあちゃんの 味とは若干 違うけど

 

 

iPhoneから送信