だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

ただいま!新潟!!

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」

ご存知、文豪川端康成の小説『雪国』の冒頭である。

 

私達の旅はこのフレーズの逆を辿る。

 

行くぜ!トーキョー!!

 

上越新幹線は、やたらトンネルが多い。

そしてそれもハンパなく長いのだ。

 

初冬の新潟の空はズドーンと暗い灰色で、昼間といえども暗い。

それが、

トンネルを抜けると一瞬にして景色が変わり、眩しい日差しに目が眩むほど。

 

まぶしっ!(>_<)

 

こりゃあ、人間性の違いが生じるのも無理ない話だ…と妙に納得するのである。

 

逆を考えると、

新潟へ向かうお客さんは、気分ダダ下がりじゃないのかな…

とちょっと心配したりもする。

 

 

旅行って、初日が1番いいと思う。

あそこ行って、あれを見て…と、いろいろな事を考えてワクワクする。

 

二日目は、日常を忘れてトコトン楽しむ。

見るもの全てがキラキラしていて、非日常の空間は何もかもが新鮮だ。

 

ただ、あのスピード感は私には厳しいものがあるな。

そして、あれだけ至近距離にヒトがいる空間もちょっと息苦しかった。

 

私はそんなに身長が低い方ではない。

だから、目の前30㌢のところに他人の背中を見る経験は今迄あまりしたことがない。

 

ん?

いや、どこかで体験したような…。

 

ふと思い出したのが、

ライブ終了後に、会場を出る時の感じ。

人の波…

まさしくアレだ!

 

都会の人はそれが日常なんだよね。

体力、気力…本当にスゴイと思う。

 

そして、

二日目の夕方あたりに差し掛かる頃から、何故だか徐々に寂しくなって来る。

 

数年前から恒例になった娘との旅行。

 

最近は、いつも

『コレが最後』

と思うようにしている。

 

新幹線に乗るのも、

東京の街を歩くのも、

娘と出かけるのも。。。

 

それは旅行だけではなく、

日常のあらゆることが、もしかしたら

『次はないかも知れない』

…から。

 

そんな年齢だ。

 

さて、

今回のイルミネーションを観る旅。

娘のリフレッシュ休暇の半分と、貰ったばかりの賞与をどーんと使わせちゃった。

ごめんよ、娘。

でも母は本当に楽しかった。

 

寒かったけど。

 

で、昨晩帰り着いた新潟駅のイルミネーション。

 

娘いわく、

「いなかイルミ」

 

f:id:syouyudango:20191215084336j:image

 

しょぼっ。

 

 

今日は日曜日。

1日だらだらする予定。

明日からまた頑張る。

 

〜今日の一句〜

  気がつけば 師走も後半 大変だ!