だんごのきもち

徒然なるまま自分勝手なブログです。強烈コメント、バトン、勧誘等はご遠慮させていただきます。

恐怖の大失態

勤務先の職員のご親族に不幸があったということで、

お香典やら供花の手配やらをして来た。

 

この職場においては初めての経験なので、

どうも勝手がわからず、

規約と過去の資料を照らし合わせながらの作業。

 

記録によると、

昨年度は仏事が4回あったのだけど、

弔花の値段がそれぞれに全部違っている。

 

斎場によって多少の違いがあるのは仕方ないにしろ、

1万円の時と

2万円の時があり、

この差はナニ?

 

f:id:syouyudango:20200731190945p:image

 

規約には弔花の値段の取り決めがないようなので、

その時の担当者の気分なのか?

 

いいのか!?

 

そんなんで。。。

 

 

実は私、

以前の会社ではこういうことを一手に請け負っていた。

 

あしかけ20年で犯した最大級の失敗談をココにご披露しよう。

 

ある日、

従業員の実父が亡くなったとの知らせが入った。

 

さて、

まずやることは

喪主様のお名前、

斎場の情報、

通夜、告別式の時間、

 

コレを取り急ぎ調べなくてはならない。

 

調べると言っても、

ココを間違うと大変なので、直接従業員当人に確認するのだが、

あらゆる雑事に多忙極めているであろう遺族には

なかなか連絡しづらい。

 

が、

ココは心を鬼にして電話。

 

f:id:syouyudango:20200731191039p:image

 

この時も、間違えないように…と、

真剣にメモメモ_φ( ̄ー ̄ )

 

確認が取れ次第、

全従業員への周知

香典の準備

供花の依頼

そして弔電の手配

 

…と続くのだが、

 

私の最大級のミスはココで起こった。

 

 

いつものように電話で電報の手配。

 

記憶は不確かなのだが、

いつも定型文例の番号でお願いしているので、その時も

『ご尊父様の…』で始まる番号を指定した…

 

はずだった…

 

と思う。

 

電話の向こうの女性も

手慣れた感じで文面を復唱、

台紙の選択、

など一連のコースを滞りなく済ませてホッと一息。。。だ。

 

さて、

 

さて、

 

さて!

 

お通夜当日の夕方、

電報配達の方から直接会社に電話が入った。

 

幸いなことに、その電話を受けたのは私。

 

「看板見ると、お亡くなりになられたのは女性の方のようですが…」

 

「電報の文面が『ご尊父様』になっているようですが…」

 

???

 

亡くなったのは…

確かお父さんのはず???

 

 

f:id:syouyudango:20200731191200p:image

 

えっ?

お母さんだっけ?

 

はあっ!?

 

間違えたーーー!!!!!

 

f:id:syouyudango:20200731191231p:image

 

大変な間違いだ!

コレはもう一大事!

 

最初から聴き間違えたのか、

どこかで思い込みがあったのか、

もうどっちがどうで、

何が何やらとっ散らかってしまい、

右往左往の

 

the☆パニック!

 

 

でも

心優しい配達員さんの機転で

文面を修正してもらい、再度配達してもらうことができた。

 

二度手間かけて、大変申し訳ない。

 

よくぞ気づいてくれた!

 

弔電披露の際、

そのまま読み上げられていたら…と思うと、背筋が凍る。

 

そしてこの大失態は、

他の誰にも伝えることなく、私の心の奥底に鍵をかけてしまっておいたのは言うまでもない。

 

f:id:syouyudango:20200731191302p:image

 

〜今日の一句〜

大失態!地獄で仏に 会えました♡