だんごのきもち

行雲流水の如く心穏やかに暮らしたい。静かに楽しく過ごせたらいいな。

歌は世につれ 

「わたしの好きな歌」は、、、

多くの人が語っていたように、その時々の環境とか心境とか、

いろいろなものに影響されて変化してきたと思います。

 

生まれて初めて自分で買ったレコードは井上陽水の「心もよう」。

小学校の高学年の頃だったと思います。

コンサートにも行きました。

意味不明の歌詞と、それを乗せるメロディーが醸し出す

独特の世界が好きでした。

以降も様々なジャンルの沢山の歌にめぐりあい、

心動かされてきました。

 

ごく最近では、この年にして

聖飢魔Ⅱ

YouTubeで楽しませてもらってます。

デーモン小暮ってあんな格好してるけど、本当に歌が上手い!のね。

メンバーもステキ!(⋈◍>◡<◍)✧♡ウフッ

彼らが現役の頃に好きになっていたら、きっとライブ観戦していた

と思います。残念。

 

歌にまつわる不思議なお話をひとつ。

私の実姉は、15年前に50歳を待たずに亡くなりました。

40歳前に発症した乳癌の全身転移で、亡くなるまでの2、3年は

ほぼ寝たきりの状態でした。

危ない状況を何度も克服してきたものの、今回ばかりは・・・

と言われてからの約3週間。

意識はないし、心拍や呼吸や血圧を映し出すモニターの数値も

上がったり下がったり。

でも、確かに姉は頑張っていたのです。

私はその日、いつものように、朝から病院に詰めていたのですが

お昼に姉のお義母さんが交代してくれると言うので、

ちょっとだけ外出したのです。

車で5分のコンビニ。

忘れもしない、買ったのはサンドイッチ。

まあそれはどうでもいいのですが、

車に乗り込み、さあいただきます、、、と思った瞬間に、ラジオから

ゴダイゴの「ガンダーラ」。。。。。。

今思うと、歌詞がすごかった。(皆さんは歌詞参照の事)

その時は、ああ懐かしい歌だな~程度に思って聴いていたのです。

でね、その後すぐに病院に戻ったら、

「たった今」って・・・

確かにガンダーラを聞いていた時間。

思い過ごし?思い込み?偶然?

うん、そうかも知れない。

でも、改めて今「ガンダーラ」を聞いてみると、長かった闘病の末に

ようやく楽になることができた姉の、あの時の、あのままの姿が

浮かんでくるのです。

 

あれからもう15年経ったけど、不朽の名作とはよく言ったもので、

名曲は不滅ですね。

今聴いても、いい曲だって思えますもの。

 

で、今どきの歌はどお?

はっきり言って、まず歌手の顔と名前が一致しない。

テレビの歌番組でも、平気で口パクしてるあの子達を見ていると、

この歌って、多分数年後には誰も覚えていないのではないかと

思うのです。

JとかAとかのグループも、一生懸命にやってはいるのでしょう。

でも量産しすぎの感が否めない。

これはひとえに私利私欲に走る大人の責任かな。

 

~今日の一句~ カラオケで 唯一歌える ロビンソン